【犬】実々(甲斐犬 10歳)マムシに咬まれたの巻。

e0354593_17332380.jpeg
遠近法じゃないです。
後ろの右足が左足の倍ほどに
腫れているんです。


実々がいないなぁ。
そう気づいたのは14時過ぎのこと。
アトリエにお客さんがいらしてたので
入り口のドアを開け放してました。

若いころは猫を追いかけて
裏山に入り込んだりしたものの、
10歳と妙齢になった最近では
庭でゴロゴロしてるのが常なのですが。

家中を探してもいない。
庭のあちこちを探してもいない。
念のため、坂の下まで探してもいない。


実々は呼ばれても声を出すことはなく、
こんなとき「実々ぃー、実々ぃー」と
大声で探すわたしの背後に
いつの間にかあらわれて、まるで
「えへへ、ここだよ、おかあさん」と
言ってるかのようににこにこして、
わたしに「もー」とクシャクシャにされ
一件落着するのですが、、、。

いない、、、。
(なーんか、やな予感)


隈なく庭のあちこちを探すうちに
こんなところで!?という場所で
石のように固まっていました。

「実々、そんなところにいたの!?
どうしたの!?」

そう声をかけると
弱々しく立ち上がり、
3本足でひょこひょこと
近づいてきたのでした。



e0354593_17325767.jpeg
うむー、すごく腫れてる。
触ってみると熱も持っている。
だけど、痛がらない、、、。
骨折したなら激痛だよね!?
(経験者は語る)

やな予感的中か?!
動物病院に急ぎました。


e0354593_17331099.jpeg
「あ、マムシですね」

「稲刈りシーズンに多いんですよね」

「草やぶ多いですか」

(庭が草やぶです、ごにょごにょ)


先生いわく。

マムシやヤマカガシなど毒蛇に
咬まれた当初は痛みが強いため、
犬は危機を乗り越えようと
丸まって過ごすことが多いのだとか。
その後しびれが来て咬まれた当初ほど
痛みを感じなくなる経過をたどるそう。

動物病院に到着したのが咬まれてから
何時間経っていたのか分からないものの
腫れがひどく熱を持っていたけれど
ピョンピョンと3本足で診察室に
入って行ったのでした。


解毒剤と化膿止めと
なんとかとなんとか、
計4本の注射を打ちました。

塗り薬と飲み薬も出ました。

わたしはマムシと聞いて
心臓バクバクになり涙目で
「助かるんですか?」と
先生に聞いてしまいました。

「咬まれた箇所が足でよかったです。
顔のどこかや目や口や首などだったら
ちょっと厄介だったけど、
足の後ろ側で幸いでしたよ」と。

「実々ちゃんは注射を嫌がらず
いつもえらいねぇ。
今日はお散歩をお休みにして、
お薬塗って飲んで安静にね」って。


庭でフリーにさせとくのも、
いろいろリスクはあるものです。

ともあれ大事に至らずよかった、ほっ。
大難を小難に。
母の口癖のこの言葉、ほんとでした。
心配事の9割は起こらない。
悪いことは考えないようにしよう。
今夜は実々のそばで寝よう。
お大事にお大事に。
だいじょうぶだいじょうぶ♡
あー、びっくりしたー(涙目)。


Peace begins with a smile.



[PR]
by ayakosahara | 2018-09-26 18:11 | 天然生活 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31