【光】硝子のアンモナイト。

e0354593_16230364.jpeg

ひろーい世界の中で
出会える人はほんのひと握り。

空からポーンと落ちてきた。
そんな風に思える出会いもあれば。

なにかの拍子に
ジジジッとチューニングがあって
気がついたら出会ってた、
みたいなこともある。

彼女との出会いがどんなだったか
最初のきっかけを思い出せない。

出会ったとはいうものの
会ったこともなければ
言葉を交わしたことさえ
ないのだけれど。

その人が発している
透明な空気感を好きになった。

ときどき、コメントをもらう。
1・2日後にお返事をする。
(わたしの返事はいつも遅い)

わたしからも、
たまにコメントをする。
彼女からのお返事の言葉がとても好き。

好きなんだけど。
だけど、遠くから見ていたい。
お互いの存在を知ってはいるけど
いつまでたっても距離が縮まらない
片想いのような感じがいい。
ジリジリしたりしない間柄。



どこにいても暑かった今年の夏。
その人はことさら
暑い盆地に住んでいる。
だけど、いつも涼しげで。
慌てる感じがぜんぜんなくて。

そんな或る日、
その人の言葉から哀しみを感じた。

その痛みが、自分のそれと重なった。
なんとなくだけど、そう思った。
(あとで知ることになった)
(その哀しみはわたしと似てた)


夏が過ぎ、秋が来た。
(まだ毎日毎日半袖短パンだけど)

なんと言ったらいいのかな。
わたしには、ときどきたまに
武装を必要とする時がある。

武装というと物騒だけど
(しゃれじゃないヨ。 笑)
それはいつも旅に出る前にする
"無事に帰ってこれますように"の
おまじないのようなもの。

お守りとはちょっと違う。

それを身に着けていることで
自分を含むまわりのすべてが
安寧のキモチになれる
そういうもの。

そういうものを
旅する時に幾つか必要とする。
(一人の時はいらない)
(今回の旅も隊長なので要武装)

武装アイテムは
使い慣れているものが多いけれど、
(友人作のガーゼマスクとか)
(義母からもらったダイヤの指輪を)
(ピアスにしたものだとか)
(穴が開いてダーニングした靴下とか)
たまに、さらに武装力を高めたくて
新しく求めるものもある。


会ったこともないし、
言葉を交わしたこともないけれど。

同じ名前のきれいな人が作った
硝子のアンモナイト。

長い時間海の中を泳ぎまわったあと、
深海の漆黒の中で静かに眠り、
あやこさんの手によって
光を受けてよみがえった。

と、いうストーリーを
勝手に瞬時に思い描きました。
つまり、直訳すると
「とても気に入りました」です。

"届きました"のメッセージに
そう書いたら、奇しくも
彼女もそんなストーリーを
思い浮かべていたとのこと。

そっか、よかったな、ほっ。


きっと。
今回の旅も、行ってみたら
「あぁ、やっぱり自分ちが一番いいな」
そう思うのだろうけれど。

そんな風に感じるいつもの思いも、
外に出ないと忘れちゃうんだよね。
いつも在るコトのありがたみってやつを。

さ、そろそろスーツケースを
引っ張り出さなきゃね。
犬の散歩も思う存分しておかなきゃね。
長い留守のあとは唸られちゃうけど、
あなたのことを誰よりも好きだけど
外に出ないとココロがね、窮~っと
なっちゃうからね。
バタバタと羽を広げに行ってくるね。
元気で待っててね。約束だよ。



Conquer yourself rather than the world.


[PR]
by ayakosahara | 2018-09-25 16:29 | Voyageの記録 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31