2015パリ旅行記8日目、ダゲール通りの魅力にはまる。


e0354593_21010613.jpg
6月19日 10:30

友人夫婦と職人さんが帰国し、
まゆさんが友人宅に移動して、
夫と二人きりになったとたん
プチデジョネを作らなくなったわたし(笑)。

朝散歩もお休みして、
ゆっくり起きてコーヒー淹れて、
ギャラリーが開く13:00までに
着けばいいから、と。

どこかでplat de jour.
食べて行こうよ、と
のんびりホテルを出発。

ホテルから最寄り駅の
Denfert-Rochereau駅までは徒歩10分。

なんだけど…。
この10分間の道のりが楽し過ぎて
なかなか前に進まない(笑)。

なぜならダゲール通りは、

八百屋さん魚屋さん肉屋さんの

お店がずらり並ぶ常設マルシェ通り。

お惣菜屋さんも多く、

庶民的な商店街といった通りだから♡







e0354593_21010670.jpg
夫が凝視していたお肉の塊。

「ホテルのキッチン、
 火力弱そうだけどなぁ」

と、ステーキを作る気満々な夫。
そういえば、パリで食べたお肉は
子羊も牛も豚も鴨も鳩もおいしかったなぁ。





e0354593_21010714.jpg
お花屋さん。
日本原産の紫陽花が
パリで人気と聞いて、
(同じ日本人として)
(誇りに思い)
(関係ないけど)
鼻を高くしてみたり(笑)。






e0354593_21010713.jpg
イタリア食材店の看板
「O Sole Mio」を見て
オーソ~レミィオォ~、
と思わず唄ったり(笑)。




e0354593_21010845.jpg
ワイン屋さんをのぞいたり。
BIOワインがとってもおいしい!





e0354593_21010843.jpg
今日のplat de jour.は
ここにしようか、とか。




e0354593_21280556.jpg
いやいや、あちらのレストランも
良さそうじゃない? とかとか。




e0354593_21010953.jpg
なかなか駅まで
たどり着かず、で(笑)。

(ギャラリーオープンの
13:00に遅刻しちゃうー)

と、そのくらい楽しいダゲール通り。





e0354593_10385539.jpg
ちなみに。
ダゲール通りという名前は、
銀塩写真の発明家ダゲール
住んでいたことから名付けられたとか。

通りの角にはその名を冠した
カフェ・ダゲール(Cafe Daguerre)も。





e0354593_10572703.jpg
いつも賑わっていたけれど、
午前中はガランとしていて
毎朝ゆっくりコーヒーしてたっけ。


楽しいダゲール通りの散策、
まだまだ続く。


[PR]
by ayakosahara | 2015-07-30 11:18 | Voyageの記録 | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31