護国寺にて




「昼過ぎから雨」


着物をあきらめた日曜日のお茶会



もう何度目かのお茶会だというのに、毎回足がしびれて困る。


次回こそ、お尻の下に置く秘密兵器を持ってこよう…。








たくさんの人を逃れて、ひっそりとした廊下を眺める。


日が燦燦とはいる部屋もいいけれど


こんな陰影が、サハラは好き。








雨が落ちてきそうな空の下には


眩しいほどの新緑がたくさん。









石畳がきれい。








虫食いの跡もきれい。





お茶会は、いつもの自分と違う時間が流れてる。


それが苦手かというと、そうでもない。


他の人がどうして足がしびれないのか、とても不思議。



マダムたちが着ている着物を眺めつつ


箪笥に眠る着物たちのこと、考えてた。


(先日慌ててたたんだ着物、シワができてるかも…)



こんなこと、茶室で思う人はいないだろうなぁ。


ゆったりと時間の流れた日曜の昼下がり。


[PR]
Commented by ごぞんじ at 2006-04-25 15:28 x
谷崎潤一郎ですな。

Commented by サハラ at 2006-04-26 10:44 x
谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」は愛読書です。ワタシが家を建てるときは、建築家の友人と「陰翳礼賛」について話をしようと言っています(^_^)

Commented by sakae at 2006-04-26 14:36 x
着物を着てお出かけも考えちゃいますよね。
どんなお着物を着る予定だったのか…仕舞われたお着物が気になります~。
こういう廊下、自宅にほしくなりますよね…いつか一軒家が持てるときには、軒の深いこんな縁側があるおうちを作りたいものです。

Commented by サハラ at 2006-04-27 16:27 x
雨予報がなかったら着る予定だった着物は、3月22日の記事に書いた四君子です。
http://ameblo.jp/watashikirei/entry-10010447096.html

紫色、好きなんですよね。久しぶりに着たかったですけどね、残念。最近お天気が不安定ですね。なんか全快した風邪が戻ってきちゃいそうです。

by ayakosahara | 2006-04-25 09:55 | Comments(4)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31