「ほっ」と。キャンペーン

いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧
e0354593_20492167.jpg
大島の岡田港から見えた富士山。
いつも近所の海岸から見える富士山とは
大きさも角度も違うからかな、
ちょっと余所行き風に見えました。



e0354593_20500312.jpg
前日は強風のため欠航となったという
館山← →大島の高速ジェット船でしたが、
わたし達が行ったこの日(2月7日)は
大島の人もビックリするくらいの
無風快晴のとってもいいお天気でした。

★東海汽船(株)の高速ジェット船
館山← →大島の季節運航
2月4日(土)~3月26日(日)

お得な「館山市民号」が運航
運航2月6日(月)~ 10日(金)★




e0354593_20502956.jpg
館山から乗船した人は
150人くらいだったでしょうか。
わたし達以外はみな、
「伊豆大島椿満喫コース」を
選んだ方たちばかり、で。

「三原山ウォーキングコース」は
わたし達3人のみで、
岡田港から三原山頂上口までの
路線バスは貸切状態でした。

「三原山ウォーキングコース」には、
往復の高速ジェット船の乗車券と
港から三原山山頂口までの
往復の路線バス代、
旅行傷害保険がセットされているものの、
ガイドさんもお弁当も付いておらず、で。

大島で滞在する5時間を
自分たちの好きなように使うという
放し飼い的ツアーでした。

これがまた快適で、
ほぼ貸切状態の三原山を
楽し過ぎて大声で笑いながら
歩き回ったのでした。
(下にいた夫まで響き聞こえたとのことw)




e0354593_20512026.jpg
山頂口から山頂遊歩道コースを、
小一時間ほど歩いたところで
休憩を兼ねてランチタイムに。

お弁当、コーヒー、水は
持参したものです。
(ツアーには付いていません)

これがもーもーもー、
キモチ良くて
おいしくて~♪♪♪

どこに行っても富士山が見えるし、
房総半島も三浦半島も
南アルプスまで見えました。



e0354593_20505637.jpg
火口手前には、
ゴジラもいたりして(笑)。



e0354593_20521559.jpg
火口展望台まで行きました。
標高705メートル。




e0354593_20515086.jpg
火口です。
今回は時間切れで火口一周が
できなかったことが残念でしたが。




e0354593_20524834.jpg
もくもくとあがる
水蒸気を見つつ、




e0354593_20532092.jpg
次回は、山頂遊歩道コースの入口から
トレイルランしながら登るという
新たな「いつかきっと」もできました。




e0354593_20533753.jpg
あの火口をぐるりと回って
温泉コースを走り下り、
大島温泉ホテルをゴールとして
温泉に入って帰途につく、
次の旅の計画も決まったりもして。



e0354593_20540186.jpg
いやはや、まったく。
とっても楽しい1日でした。

旅の計画からツアーの申し込み、
予約手配から当日のお天気確認まで
なにからなにまでしてくれた
Cちゃんほんとにありがとうー!!!

お天気の神さまにも心からの感謝を。

家を8時半に出て、
16時半には帰宅しているというお手軽さ。
なのに、すんごい充実感と満足感。
そして明日には「いい運動してきたね」と
体からのメッセージとしての筋肉痛も
お土産としてセットされているであろう
心と体にお得感満載のツアーでした。



e0354593_20542066.png
館山← →大島間は
高速ジェット船では1時間足らず。

持参のコーヒーを飲んでいるうち、
あっと言う間に到着です。


★東海汽船(株)の高速ジェット船
館山← →大島の季節運航
2月4日(土)~3月26日(日)

お得な「館山市民号」が運航
運航2月6日(月)~ 10日(金)★


お世話になったみんなみんなに
心からのありがとうを♡
期間中、ランニング練習を兼ね
温泉に入いりにもう一度行きますね。


【追記】
昭和61年に噴火してから30年。
24~6年前ごろ、ダイビングでよく
大島に通っていました。
その頃に見た三原山は火山岩ばかりの山で
ビーサンでは歩けぬ程のゴツゴツでした。

あれから四半世紀の時が経ち、
たくさんの植物に覆われている姿にビックリ。
噴火もそれからの植生も自然の力は偉大だと
あらためて感じた1Dayトリップとなりました。
まる。



[PR]
by ayakosahara | 2017-02-08 06:48 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_14433841.jpg

7月の熊本旅行を
JALダイナミックパッケージ
がんばろう九州にて
予約完了\(^o^)/


今回の旅はメインイベントは
熊本の友人に会いに行く」
「熊本で豪遊する」
ではあるものの。

そこはほら、
しっかりちゃっかりな
ワタクシのことですから(笑)。

かねてより阿蘇に行きたいと
言っていた夫のために
1泊目は阿蘇のホテル泊に。

阿蘇外輪山を一望!
源泉掛流しの露天風呂な
ホテルですって。
エステもあるんですって。
(夫のためというかわたし向きw)

そして、2泊目の夜は
ライトアップされた
熊本城を眺めながらの
ディナーになる予定(たぶん、きっと)。
→ この辺りはジモティ友人にお任せ。


ひとつだけ残念なのは、
断酒中の身ということ。

ではあるものの。
熊本は海の向こうだから、
この3日間は
治外法権ってことにしようかな。
だめかなぁ、いいよねぇ。
(と、自分に問いかけてみる)


とかとかとかとか。
なにかといろいろ楽しみです。

熊本、待っててねー。
あまり暑くならなくていいからねー。
(暑さ極端に弱くて
青菜に塩状態になってしまう故)

まる。


[PR]
by ayakosahara | 2016-06-19 14:47 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

念ずれば通ず。

e0354593_20181716.jpg
行きたい場所に行き。


e0354593_20184482.jpg
その帰り道
友人と待ち合わせて
おいしいランチを
食べていたら。

ら。
ららららら〜♪
会いたかった友人と
偶然バッタリ会えて。
(2度目のバッタリ)


e0354593_20190634.jpg
リニューアルオープン
おめでとう♪の
お祝いの品を
渡すことができて。


e0354593_20193375.jpg
夕方の散歩で
犬と一緒に走り回って。

そんなこんな。
今日もいい一日でした。
まる。

[PR]
by ayakosahara | 2016-03-15 20:17 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_09071739.jpg
(雑草のごとく庭の片隅に生えているニラ)


6月のパリに一緒に行った友人と
今でも時々そのことを
電話で話して盛り上がる。

TVでやってる旅番組を見ながら
「あ、ここ行ったねー」
「うん、いい路地だったよね」

「あ、ここも行ったよ」
「いいなぁ、ここには行けなかったなぁ」

別行動の日も多かったから
見たもの行ったところが
同じじゃなくて、
それだからか帰ってきてから
こうして日にちが経っても
アーダコーダと話すのがまた楽しい♪




e0354593_09071813.jpg
(なんちゃってチヂミを作ってみた)


「あ、そういえばシャンパンごちそうさま
すごく嬉しかったし、感激しちゃった。」

「あれね、夫のアイデアなんだよ」

「え?!」

「あやはシャンパン好きだからって」

「えー、そうだったのー!!!」

「うん、わが夫乍らちょっといいなと思ったわ」






e0354593_09071863.jpg
(見た目よりおいしいなんちゃってチヂミ)


わたしがシャンパン好きだってこと、
友人の夫氏になんで伝わってたんだろ。
どちらかというビール好きで通ってるのに。
それはともかく、あらためて感激。
あらためてありがとうありがとう。

「また行こうね」

「うん、次行く時も一緒に行こう」

「次回は仕入れの旅になると思うよ」

「お、それにもついてくー!」


帰ってきてからも旅は続いている。
いい旅だったね、楽しかったね。
必ず、次もまた。
次回はおいしいシャンパンを
一緒に飲もう♡


[PR]
by ayakosahara | 2015-09-05 09:29 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_16002830.jpg
6月25日(木) 11:05

定刻通りにテイクオフ。
眼下に広がる
フランスの田園風景。




e0354593_16003222.jpg
この時の高度って
どうくらいなんだろか。
窓に張り付く氷の結晶がきれい。





e0354593_16003669.jpg
ヨーロッパ大陸から
アジア大陸をひとっ飛び。
日本までもう少し、あと少し。





e0354593_16004041.jpg
高度が下がってきたのかな。
氷の結晶が溶けてきた。
遠くには幻日のようなものが。




e0354593_16170845.jpg
ただいま。
帰国してからの我が家上空は
長雨がずっと続いたものの。

心配していた犬は、
お隣さんや友人たちの
手厚いケアのおかげで元気だったし、
メダカのめーちゃんちも
冠水直前に事なきを得ました。
みんな元気でよかった、ほっ。


今回のパリ旅に関わってくれた
全ての人に心からの感謝を。
ありがとうございました♡

[PR]
by ayakosahara | 2015-08-02 16:31 | Voyageの記録 | Comments(0)

2015パリ旅行記、雑感。


e0354593_10561032.jpg
空が好きで
いつも
どこででも
気がつけば空を見上げてる。




e0354593_10561563.jpg
今回のパリ滞在中に見た
茜色の夕空。
2週間でこの日だけ焼けた。

6月22日(月) 21:52

6月のパリ
日没が22時前なので、
こんな時間に空が茜色に染まる。




e0354593_10563200.jpg
朝は5:40ごろに
お日さまが出る。

そういえば、偶然ながら
夏至をはさんでの滞在だった。
1年でいちばん
日が長い時期だったのか。

そうか、だから1日のうちに
あちこち行けたんだなぁ。
自分が落ち着きないのかと思ってたけど、
夏至のおかげだったのか、ほっ(笑)。

窓から身を伸ばすと
エッフェル塔がチラリと見える。





e0354593_10562153.jpg
そして向かい側の建物の窓には
裸のおじさんがしっかり見える。

おじさんの下にある
BOULANGERIE とは、
フランス語でパン屋さんの意味。

フランスでは認可されたお店のみが、
名乗ることができるのだとか。





e0354593_10562687.jpg
ぐるぐるな階段を降りて
行ってみた。

店内にたくさんあった
おいしそうなパンたちは
写真が撮れず(店内なので)、
ウィンドウ越しにパチリ。





e0354593_10562902.jpg
おいしいんだろうな。
甘いもの苦手なので
買わなかったし、
食べなかったけど。





e0354593_11412542.jpg
コーヒーとカフェオレを買って
このあとエッフェル塔に行ったっけ。



よく旅から帰ってくると、
旅先で行きそびれたところのことを
「また来なさいってことだよね」
なんて言うことがあるけれど。

「また」と
「今度」と
「お化け」は出ない。
わたしはそう思ってる。

動くと、動く。
だから、必ずまた行こう。
偶然の神さまが
首を長くして
待っててくれるから♡

[PR]
by ayakosahara | 2015-08-02 11:51 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_16584881.jpg
6月24日(木) 12:36

帰国便は25日の11時。
ホテルのチェックアウトは朝の7時。

なので、この日がパリ滞在の
実質最終日ということに。

お土産を求めて
ル・ボン・マルシェに行くことに。


美しいものがたくさん並ぶものの、
わたしたちとはピントが合わず…。
お腹も空いたことだし
ランチにしよう、と。




e0354593_17090519.jpg

おしゃれ過ぎるランチメニュー。
これはどうやって食べるんだろう?




e0354593_17281967.jpg
いや、なんのことはなく、
プレートに出せばいいだけのこと。

なんだけど、おしゃれ過ぎて
ちょっとドギマギしてしまう
マダム度が足りないワタクシ。





e0354593_16591021.jpg
あまり満腹にならぬまま
カフェを後にして
店内をグルグルするも
お土産をチョイスできず、で…。


じゃあ、と。
ボン・マルシェから歩いてすぐの
ラスパイユのビオマルシェへ。




e0354593_14471224.jpg
Marche Raspail
マルシェ・ラスパイユ


滞在中、
1年分くらいは食べたオリーブ。
この日は最終日だったから
残念ながら買えなかったけど。





e0354593_17033365.jpg
今夜のディナーデートに
ふた切れ新鮮なのを入れてね。
(あくまで想像です。笑)




e0354593_17032947.jpg
日本から?
写真?
いいわよ。
こんな感じでいいかしら。
(と、ポーズをとってくれたマドモアゼル)


そんなこんな。
ふたつのマルシェを
楽しくはしごするも、
お土産をチョイスできず、で。
どーしよーかなー。

[PR]
by ayakosahara | 2015-08-01 17:47 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_14344634.jpg
(パリの屋根といえば煙突)

6月23日(水) 06:06

今回のパリ旅はここにも書いたけど、
展覧会を行なうためのもので
そのすべてを自腹で賄った。
あたり前すぎるあたり前なコト。

自分の「好き」をカタチにする旅だもの。
自分のお金で行かなければ主催者が廃る。
そんなじゃない主催者なんてお断りだ。




e0354593_14341871.jpg
(真ん中の青い車はどうやって出るんだろ?)

パリで展覧会を開くの。
そう言うと、
「どこから招聘されたの?」
「助成金はどこから? いくら出る?」
なんて聞かれることも多かった。


自主企画なの。
どこからも呼ばれてないし、
助成金も出てないし、
ぜんぶ自腹なの。
だって、
これは新しい旅のカタチだから。




e0354593_14341649.jpg
(窓辺に花が多かった)

ぜんぶ自腹だと答えると、
「クラウド・ファンディングは?」
とアドバイスしてくれる人もいた。

けど。
自分のやりたいことをやるために、
人から出資してもらうなんて
思わなかったし、できないし、
それってなんか違う(かなり違う)し。




e0354593_14462342.jpg
(ジョギングするジダン。嘘です)

旅先ではいろんことに出会う。
いつもは気にも留めないことが
目に入ったりココロに残ったり。




e0354593_14463087.jpg
(肉屋さんの店頭にあった籠)

夫はサラミに食いついてたけど、
わたしは籠の内布に張られていた
小花模様の布に目がくぎ付けに。




e0354593_14465964.jpg
(写真撮ってもいい? )
(かっこ良く撮ってね)

同じ時間を過ごしていても、
見るものココロに残るものは
人それぞれ。それが旅だし、
そういうもんだと思う。
みんな同じだったら…、なんか変。
オナジジャナクテイインダヨ。




e0354593_14470387.jpg
(カフェでもメトロでも
電話をしてる人が多かった)

美味しいランチを
一緒に食べていても
電話で商談する人がいたり、
失恋して頭を抱える人がいたり、と。
(あくまで想像です 笑)




e0354593_14470832.jpg
(1本持ってく? 活きがいいよー)

パリに住んだら楽しいだろうな。

だけど、
それは、
きっと。
帰る場所があるから。

旅に出る時は自分のお金で。
世界あちこちの街角で
日本自慢の旅を続けたい。
これからもそれは続く。

[PR]
by ayakosahara | 2015-08-01 15:31 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_13255784.jpg
6月23日(火) 10:06

今回のパリ旅で
初の観光らしい観光な日。

メトロ6号線のPassy駅まで電車で行き、
セーヌ川のこちら側からと
橋の上からと
セーヌ川を渡ってからの
3パターンでエッフェル塔を
見ようじゃないか大作戦。




e0354593_13193414.jpg
駅を降りて、ちょっと歩くと…。
あ?!



e0354593_13030605.jpg
おっ!



e0354593_14300632.jpg
わっ!




e0354593_13303043.jpg
ぜんぶ見えたー。
(セーヌ川のこちら側から)




e0354593_13031234.jpg
橋のたもとから。
(大きすぎてフレームに入らない)




e0354593_13194262.jpg
つまんでみた(笑)。





e0354593_13023599.jpg
足元のアーチ。



e0354593_13023720.jpg
ちょっと上を見上げて。




e0354593_13025589.jpg
真下からのアングル。




e0354593_13193948.jpg
パノラマ。

子どもたちの遠足とか、
各国の団体客とか、
ほんとにほんとに
たくさんの人が来てた。

今回は上まで登らなかったけど、
エッフェル塔好きとしては
じゅうぶん満足楽しかった♡




e0354593_13031683.jpg
バイバイ、また来るね♡



e0354593_13030344.jpg
シャン・ド・マルス公園
花壇の支柱が
エッフェル塔に見えるのは
わたしだけじゃないはず、きっと♡


パリ旅あと3日に。

[PR]
by ayakosahara | 2015-08-01 14:31 | Voyageの記録 | Comments(0)

e0354593_10092550.jpg
滞在していたホテルの
トレジョリーな階段。




e0354593_10092675.jpg
降りてみた。

ら。
目が回った(笑)。




e0354593_10092707.jpg
では。
登りはエレベーターで。



e0354593_10145300.jpg
これがまた
おかしいくらいにキュートな狭さ♡




e0354593_10092813.jpg
どのくらい狭いかというと、
この荷物とわたしたち2人が
1階から4階に移動するために
行ったり来たりが3往復(笑)。

1度目は
わたしとグレーのスーツケースが4階へ。
空のエレベーターを1階へ。

2度目は
ブルーのスーツケースだけが
わたしが待ち受けている4階へ。
空のエレベーターを1階へ。

3度目は
夫が赤いスーツケースと共に4階へ。
空のエレベーターは次の客を待つ。


アーリーチェックインだったので、
他のお客さんのじゃまにならずに
よかった、ほっ♡




e0354593_10092848.jpg
手動で扉を閉めるタイプ。
ガチャン。






なにかといろいろ楽しい
パリのホテル暮らし♡
[PR]
by ayakosahara | 2015-08-01 10:35 | Voyageの記録 | Comments(0)