いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:手づくり ( 51 ) タグの人気記事

e0354593_20144334.jpg
こどもの日だった
昨日(5月5日)、
6回目の田植えを行ないました。

1年に1度しか収穫できないお米。
過去5年間、いつも出来が違うお米。
今年はどうなることでしょうか。



e0354593_20151608.jpg
ところで、我らの田んぼは、
かつてジャック・マイヨールが
ビーサンでペタペタと
海まで歩いていた道に面しています。

昔から住んでいるジイやバアたちは
だぁれもそんなことは言わないものの、
わたしは密かにこの道を
ジャック・マイヨール通りと呼んで
海まで歩く彼の姿を想像しては
グラン・ブルーに思いを馳せています。




e0354593_20155193.jpg
それはさておき。
今年の手植え de 田植えは
午前8時からスタートし、
ランチをはさんで
実働約5時間ほどで終了〜♪
(今年は例年より早かったー)



e0354593_20163626.jpg
今年は例年よりも粘質度が高く
足が抜けにくく、、、。
長靴を抜いて裸足になるメンバーも。
(その方が足が抜けやすく疲れにくい)



e0354593_20170774.jpg
おっとっと、と
何度か転びそうになりつつも
ギリギリセーフなわたし。
6人中一人だけ転んだものの、
誰ひとりとして怪我することなく
無事に済みました。
よかった、ほっ。




e0354593_20173173.jpg
手植えにしては、
そして6人中3人が
生まれて初めての田植えという
超初心者チームにしては
花丸級の出来栄えだと、
みんなで労をねぎらいました。




e0354593_20264006.jpg
そして。
田植え翌日の朝は
全身筋肉痛になるのも恒例のこと。
油の切れたロボットのごとく
動くたびにギシギシしていたものの、
夜になってどうにかやっと
元の人間に戻りつつあります(笑)。
ぜぃぜぃ。

メンバーのみなさん、
お手伝いいただいたTさん、
お疲れさまでした。
夏の終わりの稲刈りまで、
新米目指してがんばりましょー。

[PR]
by ayakosahara | 2016-05-06 21:01 | 天然生活 | Comments(0)

新玉ねぎ三昧。

e0354593_21474424.jpg
昨日収獲した新玉ねぎ。
ひと晩たったら
葉が少し萎びれてきた感じ、、、。

もうご近所には
配り尽くしてしまったので、、、。



e0354593_21480808.jpg
ならば、と。
玉と葉を別々にして。

玉は根っこと土を落とし、
葉は痛んだ部分を掃除して。

玉は吊るして。
葉は保存調理することに。




e0354593_21483849.jpg
まずはネギ油作り。

・新玉の葉(青い部分) 200g
・にんにん      2かけ
・しょうが 20g
・玉ねぎ      2分の1個
・各種オイル    300ml
(オイル以外は2がらみの量で覚えたレシピ)

これらをフライパンに入れて
弱火で30分煮たらできあがり。
冷めたらざるで濾して瓶に詰める。



e0354593_21502982.jpg
色の濃いのはごま油。
黄緑っぽいのはオリーブオイル。

どちらも、
ふんわりスモークっぽいねぎの香りが♡

ドレッシングの元として、
野菜炒めに使うととてもいい風味に♪
冷蔵庫保存で約一ヶ月くらいで
使いきるようにしています。




e0354593_21490124.jpg
それでもまだまだまだまだ
たくさんある葉の部分。
お次は小口切りにして冷凍保存へ。



e0354593_21492968.jpg
豆腐の空き容器や、
コーヒーゼリーの空き容器など
蓋のある使いきり容器は
捨てずに取って置いて
こんな時に再利用。

ご近所にお分けする時も
これなら行ったきりでオッケーなので、
もらう方も返却要らずの手間いらず。


爽やかな風吹く庭での作業のち
キッチンでトトトトトン。
「たまにやる家事は楽しい」の法則(笑)。

いつもより、
台所の滞在時間と
犬散歩が長くなるのが
わたしの休日の特徴であります(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-04-30 21:46 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_12455177.jpg
最近の朝の楽しみ、
それはベジタブルブロス。

ベジタブル(Vegetable)ブロス(Broth)とは
その名のとおり
野菜(ベジタブル)の出汁(ブロス)のこと。


野菜くずを煮立てぬように
30~40分くらい
コトコト煮込んで
ひと晩置いて冷ましておきます。



e0354593_12462337.jpg
野菜くず(Vegetable)をザルで漉し、
ブロス(Broth)を
ボウルに受けとります。




e0354593_12465597.jpg
ブロス(Broth)を
キッチンペーパーで濾すと、、、。




e0354593_12471403.jpg
よーく洗ったつもりでも、
大根の葉の茎元などに
残っていたらしい土が
こんな感じでけっこう出ます。

飲んだ時にジャリジャリしないように、
このひと手間は大事かと。




e0354593_12472901.jpg
濾したあとには
こんなきれいなブロス(Broth)が!

このままコップで一杯飲んだり、
おみそ汁に使ったり
レンズ豆を煮たり。


乾燥肌や花粉症対策に
いいと聞きました。
(いいというものはすぐやる派!)

まだ始めて3日ほどなので
効果のほどは未知数ですが、
体がサラサラしていく感じです。

食べたものが体を作るはず。
ということで、
しばらく続けてみます。


[PR]
by ayakosahara | 2016-01-18 15:41 | 天然生活 | Comments(0)

e0354593_12331566.jpg
昨日作ったポットマット。

今朝の洗濯物と一緒に
わしゃわしゃと洗濯機で洗って
縮絨させたのちフリンジをカットして
お気に入りのポットを置きました、の図。

こうして見てみると両端のフリンジも
カットしてから洗った方が
糸がモハモハになってかわいいなぁ。

あとでもう一度洗って
モハモハにさせてみよう。



e0354593_11204366.jpg
先生曰く、
糸替えするたびに出た糸端は
縮絨が終わったあとで
両ミミの端でラインを揃えて
カットしちゃってください。
しっかり織り込んでありますから
ほつれることはありません。

ってことだったけれど。
洗ってみたらその糸端は
フェルトのようにモハモハしてて
かわいいのでそのままで使うことに♡



e0354593_11201379.jpg
今回作ったポットマット。
経糸(たていと)がコットンで
緯糸(よこいと)はラムウール。

わたし、ウール系は
ほぼ全滅に近いくらい
苦手な素材なんだけど。

今回こうして作ってみて、
縮絨するなどして
ちょっとだけ育ててみたら
あら?いいかも
いけるかも?
って思えるようになった。


やりたくない事
やらないだけです。

映画「かもめ食堂」の中で
主人公のサチエさんが
このセリフを言うシーンが好き。

このセリフって、きっと
好きなことだけをやりたいの、
っていう意味じゃなくて
「なりたくない自分にならないために
 そういう行動はしない」との
意味なんじゃないかと思ってる。

自分が思い描く
「こういう自分」になるために
自分の行動が芯を作るから。
だから、やりたくない事は
やらないんだよね、って
映画の中のサチエさんに
語りかけたこともある。
(変な人だってことは百も承知)


そんなこんな。
苦手だったラムウールを
少しだけ克服した、かも。

その場に身を置く、
質量実践今日もひとつ
やってみたの巻。
まる。


[PR]
by ayakosahara | 2015-12-14 12:36 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_16595408.jpg
雨の日曜日。

午後から、
卓上機で織るポットマットの
ワークショップへ。

好きな色を組み合わせ、
基本、平織りで織っていく
ポットマット。

最初にサンプルを
見せていただいて、
ボーダーや市松っぽい柄など
織りたい柄は「これやりたい」
とリクエストすれば
その度に先生に教えてもらえ、
隣り合った他の参加者と
おしゃべりしながら
あっと言う間の90分。



e0354593_17002638.jpg
みんな違ってみんなステキ。
な、ポットマットのできあがり。

フリンジの始末と
縮絨してからの仕上げは
家に帰ってからのお楽しみ♡


ワークショップのあとには
おいしいコーヒーと
紅茶のプリンが出てきて、
(写真撮り忘れ、、、)
他の参加者の方々と
お互いの作品を
褒めあったり
おしゃべりしたり。


あぁ、楽しかったな。
織りそのものも
楽しかったけど。

先生とオーナーさんの
お話しされる時のトーンとか
突発的なことへの対応とか
コーヒー出すタイミングとか
おいしい紅茶プリンとか
あれやこれやの距離感とか。
いろいろ勉強になっちゃった。


おいしい外の空気を吸って
細胞が喜んだ、そんな
日曜日の午後でした。

お会いした全てのみなさんに
ココロからありがとう。

[PR]
by ayakosahara | 2015-12-13 17:25 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_17324264.jpg
庭や裏山から採ってきた
小枝とか松ぼっくりとか
ヒイラギの葉っぱと
ぷりぷりの赤い実とか
山帰来のくるくる蔓とか
匂いヒバとか。

とかとかとか、を。

富士山麓から拾ってきた
カラマツの枝に
テグスで括りつけただけの
簡単クリスマスモビール。

宙に浮いてるみたいに
ユラユラしてかわいい。


なんでもないけど
どこにも売ってはいない
こういうものに心惹かれる
2015年の冬。

[PR]
by ayakosahara | 2015-12-02 17:40 | Comments(0)
e0354593_20392280.jpg
シュトーレン。


e0354593_20394350.jpg
シュトーレン。

と。
いうことは。

はい、明日から
12月ということです。
まる。


[PR]
by ayakosahara | 2015-11-30 20:47 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_22232924.jpg
あれから2週間
ピックル液に漬け込まれ
冷蔵庫で熟成された
豚肉のかたまり。
(まだハムじゃない)



e0354593_22235192.jpg
水洗いして、
水をよくきる。



e0354593_22242406.jpg
さらしに巻いて
タコ糸でギュギュッと縛る。
(自分の分は自分でやった)
(もち師匠にサポートされながら)



e0354593_22245695.jpg
スモークハウスで
90分ほど乾燥。
(この温度管理がポイント)



e0354593_22252729.jpg
一定温度で
90分ほどボイル。
(この温度管理もポイント)




e0354593_22260517.jpg
それぞれの待ち時間に
DVDで映画鑑賞したり
コーヒーブレイクしたり
ロールケーキ食べたり
(O川さん手づくりの)
おしゃべりしたり。

次に作るときは
待ち時間に餃子を皮から仕込んで
夜になったら餃子パーティもいいね。
などなど、みんな働きもの的思考で。
わたしは昼寝でもいいですよ(笑)。



e0354593_22301152.jpg
そうこうしているうちに
ボイル終了、できたー!



e0354593_22303477.jpg
13時スタートして
家に戻ったのが17時半ごろ。

その日の夕餉になるかと思いきや。
なんと、粗熱を取って
ひと晩冷蔵庫で寝かせるそうな、、、。

おいしいものを作るには
時間と手間がかかるのであります。



e0354593_22305232.jpg
と、いうことで。
やっと今日になって食べました。

絶品!!!


「今日は〇〇スーパーで
 豚肉が4割引きだよ」
(さぁ、ロースハムを作ろうの意)

その掛け声でスタートした
手づくりのロースハム作り。

2週間の時間をかけて、
準備・段取り・お茶にお菓子に
時間つぶしの過ごし方などなど
すべてお世話になってしまい
恐縮至極感謝感激雨霰。
O川さん、ありがとうございました。
う~ん、手づくりってサイコー。
すっごく贅沢な時間でした。


年内にもう一度やりたいな。
12月にも豚肉4割引きの日があるかな。
あるといいな。
ありますように。
えへへへへ♡

[PR]
by ayakosahara | 2015-11-24 23:03 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_08264094.jpg
材料集め
がんばってます。

と、海辺で流木を拾ってる
友人からLINEが。




e0354593_08265908.jpg
こっちも
たくさん集まったよ。

と、山から切り出した
いい枝ぶりの写真を返信。


鉄は熱いうちに打て。
お互い動きが早くて
なかなかいいと
思いますわん。
まる。

[PR]
by ayakosahara | 2015-11-22 08:31 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_08574855.jpg
先日、簡単燻製を
友人たちとやりました。

下ごしらえのいらない
竹輪とタラコと
ゆで卵と
チーズなどなど。

「へー、こんな風にしてやるのね」
「わー、スモーカーいいなぁ」

初めての体験に
喜ぶ友人たちに
わたしもウキキ~♪



e0354593_08580476.jpg

一緒に行なった友人から
夜になってこんなメールが。


今夜ワインと共に
いただこうと思ったけれど、
夫が帰る明日を待って
幸せを分かち合います。
今日は準備等
色々お世話になりました。

家でも出来るかもと思える
レッスンはいいですね。
習いに行ったことを
家族も喜んでくれるし。


燻製は作った当日より
煙が落ち着く翌日以降が
おいしいし、それよれなにより
お留守のご主人の帰りを待って、
幸せを分かち合うだなんてー\(^o^)/

そうそう、習いに行ったことを
家族にも喜んでもらえる
レッスンっていいよね。
スペース・マザーズタッチでも
そんな1Day レッスンを目指したい。
こちらこそ楽しい時間をありがとう。
また、やろうねー♪♪♪

[PR]
by ayakosahara | 2015-11-21 09:09 | 天然生活 | Comments(0)