いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:手づくり ( 46 ) タグの人気記事

e0354593_22065984.jpg

e0354593_22072099.jpg

e0354593_22074355.jpg

e0354593_22080131.jpg

ダーニングが
楽し過ぎて
手が止まらないけれど、
お風呂はいって
ストレッチして
明日に備えて寝まーす。



ときどき
寝食を忘れちゃうことが
あるけれど
ゴールデンタイムには
寝るがよろし٩(^‿^)۶


本日もお疲れさまでした。
刺しゅう糸巻き巻きするの、
しゃべりながらだと捗るアル(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-11-17 22:17 | マザーズタッチ | Comments(0)
アトリエを開ける日は、
マザーズタッチの
フェイスブックページ
その日のアトリエ予約状況や
月替わりのコーヒー、
営業時間のお知らせを書いて
アップしています。

営業曜日や
営業時間の変更は
ほぼないものの、
そこにアップされた内容を
確認してご来店くださる
お客さまも多いため、
欠かさず行なう
営業日の朝の日課になっています。

さらにその投稿を
個人のページにシェアします。
いわゆる情報の拡散です。
そこに、なんてことのない
ひと言を添えています。

今朝のひと言は、
こんな感じでした。


e0354593_21344692.png
コーヒー
キャンドル
チョコレート

本日の
アトリエテーマです(笑)。


自分で書いておきながら、
なんでこんなことが
本日のアトリエテーマなのか
ちょっと意味不明でしたが、
その時、心に思い浮かんだ
ワードを並べたのでした。


で、その理由が
14時半ごろに判明しました。

お客さま2人(別々にご来店)と
まるでこたつにでも
入っているかのような
ヌクヌクなおしゃべりを
3人で楽しんでおりました。

そして。
大テーブルには
写真に写るキャンドルが
朝からずっと灯されていて、
カフェコーナーの
テーブルの上にはコーヒーが。

さらに、そこに、なんと!!!
ガトーショコラが届いたのです。



e0354593_22153224.jpg
3人分を切り分けて、
ひと口食べたら
もーもーもー
おいしくて美味しくて。

お客さまのおふたりに
「ちょっと食べるの待ってて~♪」
「せっかくだから」
「新しいコーヒーと一緒に食べましょ」
と、またコーヒーを淹れてから
ガトーショコラを
さらに美味しくいただきました。

(拙アトリエは店主の気分によって)
(お代わりコーヒーが)
(無料で出ること多々あり)
(あくまで店主の気分によります 笑)


コーヒー
キャンドル
チョコレート

本日の
アトリエテーマです(笑)。

朝一番に書いた
なんてことのないひと言が
現実になったのでした。

不思議のようで
こうなることが
分かっていたような
そんな1日でありました。
ヌクヌクなおしゃべりも
ほんとにもー実のあるもので、
頭の中でいろんな線が
あっちとこっちに繋がったり
分岐したりと面白いなー、もー。


そんなこんな。
本日もお疲れさまでした。
ぬくぬく、ヌクク~♪



[PR]
by ayakosahara | 2016-11-11 22:34 | マザーズタッチ | Comments(0)
e0354593_20525391.jpg
ずっと作ろうと思っていた
カメラ用のストラップ。

e0354593_21045604.jpg
仕事優先なので、
自分のものは
ついつい後まわしに
なってしまうのです。


なのですが、、、。
こないだ、濃溝の滝に
写真を撮りに行った時のことです。
足元が滑るエリアが方々にあり、
もしもスッテンコロリンしたら
ひえぇぇぇぇーっ!

頭に思い描いたことは
実現してしまうので、
その思いを払拭し移動の度に
背中のリュックにカメラを
入れたり出したりしてました。

はい。
ストラップを
付けてこなかったことを
痛く後悔したのでした。



e0354593_21053144.jpg
ということで。
溜めておいたあまり糸で
裂き織り仕様の
ストラップを作りました。

いやー、我ながらいい感じ♡
転ばぬ先の杖、ならぬ
転んだ時にカメラを地面に
叩きつけずに済むストラップ。

むふふのふ。
これでどこへ行くのも安心です。
ヤッター♪


本日もお疲れさまでした。
アップサイクルばんざい♡




[PR]
by ayakosahara | 2016-11-03 21:33 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21273684.jpg

ここ1ヶ月ほど、
スーパーマーケットでも
道の駅の野菜売り場でも
生産者さんの宅配便でも
葉物野菜が少なく、
あったとしても
レタスひと玉600円超など
とても高騰しているので
サラダがあまり
食卓にのぼりません(泣)。

ないなら作りましょう。
ということで、
庭畑の一画を
サラダガーデンに
しましたですo(^-^)o

虫除けのネットごしに見る
まだ小さなグリーンたち。
どのくらいで
サラダに変身するのか
今から楽しみ楽しみ〜♪

本日もお疲れさまでした。
(早くパリッと食べたい)



[PR]
by ayakosahara | 2016-10-19 21:27 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_18324661.jpg
先日、
雨の合間をかいくぐり
無事に脱穀のち籾摺りが終わりました。

とはいえ、
籾摺りが終わった段階でのお米って、
まだ玄米なんです。
玄米を精米してはじめて白米になります。
(★お米作りの流れはこちらを参照)

わたしはお米作りをした初年度には、
どの段階でお米が白米になるのかさえ知らない
まるきりの素人でした。
でも、今年は新メンバーを迎え
6年目の班長として
いろいろがんばりました。

で、班長のお役のひとつに、
お世話になった方たちへのお礼を
渡して歩くという大役がありました。
今までの慣例に倣い、
お礼のお米は「白米」です。
(玄米を精米して白米の状態にする)


お礼をする先は、
田んぼをお借りしている地主さんと
いつもお世話になっている長老と
去年までの田んぼメンバーと
田植えや稲刈りを手伝ってくれた友人と
籾摺りやなにかとお世話になる米穀店等々、
お礼かたがたお渡しに上がりました。


地主さんは毎年のように
「あんたたちが苦労して作ったんだから
お礼なんていらないよぉ。
配ってたらなくなっちゃうじゃないかぁ。
そうかぁ、じゃあありがたくいただくね。
仏さまに供えて報告するからね。
ありがとうね、ありがとうね」
って言われ恐縮してしまいます。

こららこそ、
いつも気にかけてくれて
ありがとうを何度言っても
足りないくらいです。
今年も大変お世話になりました。
来年も田んぼを使わせていただきます。
ほんとうにありがとうございます。



去年、田んぼを卒業したメンバーは
「なにも手伝わなかったのに悪いね。
うん、ありがたくいただくね」
って。

いえいえ、
先の5年があったからこそ
今年の新米が採れたんです。
あの時の「最初の一歩」を
一緒に踏み出すことができたから
今年の新米が採れたんです。
今年のお米はとてもいい出来なの(笑)。
だから、おいしく食べてちょーだいな。


+++ +++


田んぼを借りるのは
駐車場を借りるのとはワケが違います。
その土地に昔から受け継がれてきた、
土と水と風をお借りするということ。

田んぼとは、
まさに風土そのものなんです。



田んぼに限らず
モノゴトなんでもそうだと思うけど、
「最初の一歩」って
踏み出すパワーがとても要る
大きな大きな一歩なんですよね。

あの時に踏みだした興奮と感激と感謝を、
これからも忘れないようにしようと
あらためて思ったお礼行脚でありました。


みなさん、
今年の田んぼもたいへんお世話になりました。
おかげでおいしいお米ができました。
ぜひぜひご賞味くださいまし。
来年もどうぞよろしくお願いします。
(メンバー一同 ペコリ)





e0354593_18330679.jpg
【オマケ】
今年のオリジナルラベルには、
我が家の愛犬である実々(甲斐犬 8歳)も
いい感じの笑顔でうまく収まりました。
めでたしめでたし。
わん。


[PR]
by ayakosahara | 2016-09-14 23:16 | 天然生活 | Comments(0)

【創】新しいカタチ

e0354593_21343587.jpg
自分が
いいと思うものが
いいとは限らない。

けど、
自分の「好き」は
あまり変わらない。




e0354593_21351349.jpg
" もう少し
頭を柔らかくして
考えてみるといいのでは "

" 同じものを
画一的に作るより、
同じものは作らない
そんな方向性もあるのだから "

とは、
先生からのアドバイス。





e0354593_21352961.jpg
あと少し、
もう少し。

夏休み中に
仕上がらなかった
新しいカタチ。

時間をかけることと、
時間がかかることは
似ているようで違うもの。

いまはまだ
時間がかかるフェーズで
行ったり来たり。


あと少し
もう少し
カミングスーン。

わくわくドキキ♡




[PR]
by ayakosahara | 2016-09-09 22:24 | マザーズタッチ | Comments(0)
e0354593_20300127.jpg

e0354593_20303233.jpg

e0354593_20311417.jpg

e0354593_20305402.jpg

e0354593_20315454.jpg

e0354593_20321697.jpg

e0354593_20483305.jpg
いろんなものを
アレコレ試作中。

もう少し、
あと少し。
がんばろ、自分。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-18 21:22 | マザーズタッチ | Comments(0)
e0354593_22265803.jpg

今年もありがたいことに
庭のプチトマトが豊作です。

もともとドライトマトにしようと
目論みもあって植えたプチトマト。
梅干しも出来上がり、
笊が空いたこともあって
さっそく干してみました。



e0354593_22221724.jpg
一日目。
ピカピカ☆ジューシー。



e0354593_22222234.jpg
2日目。
梅干しと違って夜露にはあてず
夜は室内に取り込みました。



e0354593_22375150.jpg
3日目。
すっかり縮んで
1日目の写真と比べると
トマト同士の密集度が違います。




e0354593_22223363.jpg

アップにするとこんな感じ。

かなり水分が抜けました。
つまみ食いしてみると、
旨みと甘みがギュッと凝縮した
濃厚な味がしましたです。




e0354593_22224542.jpg
半分は冷凍にして、
残りの半分をオリーブオイル漬けに。
サラダのトッピングや
パスタの具として活躍してくれそうです。


+++ +++


干しはじめた時の写真を
Facebookにアップにしたところ、
「桜島の火山灰で、、、」や
「国道沿いなので排気ガスが、、、」
などのコメントが。

田舎の我が家では
あたり前にできる干し野菜も
居住環境によっては難しいんだなぁ。
お日さまときれいに空気に
あらためて感謝です♡


我が家の家庭菜園のプチトマト、
まだまだ生り続けてるので
もう一度くらいは
ドライトマト仕込めるかなぁ。
あたり前の日々のアレコレ、
いろんなことにありがとう。



[PR]
by ayakosahara | 2016-08-12 22:52 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_23171814.jpg
エプロン
ワンピース
別のワンピースなど、
生地からモノをつくると
ハギレが出る。

効率のいい
生地取りをしているつもりでも
ハギレはけっこう出る。


ということで。
これらは裂き織りの
緯糸になるのです。


待っておれ。
必ずカタチにするからね。
わたしは始末のいい女なのさ。
(ほんとか? 笑)

本日は、まん丸な1日でした。
まるー。



[PR]
by ayakosahara | 2016-06-29 23:27 | 天然生活 | Comments(0)

喰わず嫌い。

e0354593_22002498.jpg
昨日の土曜日、
千葉県白子町行なわれた
矢田園芸ハーブ倶楽部主催の
ラベンダーマルシェにて、
喰わず嫌いだったあるものを
ひとつ克服したかも、、、。
(あくまでも、かも)
(好みは簡単には変わらない)




e0354593_22005946.jpg
それがなにかというと。

喰わず嫌いというか
なんというか、
リボンとかレースとか
花柄とか小花模様とか
イチゴ柄とかハート柄とか
いわゆる「かわいらしい」系の
モノが苦手なんですね、わたし、、。


なので、
こちらのラベンダースティックも
あまりのかわいらしさに、
遠巻きに見てたというか
腰が引けていたというか、、、。

だったのですが。
心優しき友人から
お誘いを受けご一緒したところ、、、。
楽しかったでございましたの(笑)。




e0354593_22011712.jpg
一番左のは、
昨日のマルシェで作ったもの。

真ん中と右側のは
今日の午前中に作ったもの。
作っている最中も、
できあがったあとからも
ラベンダーの香りがほのかに漂い
ほ~っと気分が落ち着く感じが
またいいんだな~、これが。


作り方は思っていたより簡単で、
ラベンダーの茎を経糸に見立て、
カラーリボンを緯糸にして
交互に通していく感じ。
いつもの機織りに似ていて
楽しくス~イスイ。


花の部分をテープで包んで(編んで)
スティック状にすることで、
花が落ちず香りも長持ち
するのだそう。

昨日のマルシェでは
10年前に作ったという
ラベンダースティックを
見せていただきましたが、
その経年変化に大感激!

茎は茶色く変色していたものの
ボロボロになることなく
しっかりしていましたし、
(写真がなくてザンネン!)
香りもドライなラベンダーな感じで
10年という年月を
感じさせないものでした。

カタチが残っているなら、
ラベンダーのアロマオイルを
足すこともできるなぁ、と思ったり。




e0354593_22062391.jpg
そんなワケで、
相変わらずリボンは苦手ものの
その機能性に惚れて(笑)、
4本目を作りました。

昨日のマルシェで
50本ワンセットのラベンダーを
買ったものですから。
(ひとつのスティック制作に)
(13本のラベンダーを使うんです)




e0354593_22013327.jpg

ところが。
1本目と比べると
できの悪さが歴然な4本目、、、(泣)。

買い物などの家事のあと夕方に作ったので
ラベンダーがすでに乾燥していたのでした。
花はポロポロと落ちはじめ
茎がパキパキと折れそうに。


そんなこんな。
楽しいラベンダースティック作りは、
ラベンダーが乾燥する前に
できれば摘んで1日以内に作るのが
良さそうですヨ。

新鮮なラベンダーが手に入ったら
また作ってみようと思います。
昨日のマルシェでお会いした
すべてのみなさんに感謝します。
ありがとうございました。

まる。


[PR]
by ayakosahara | 2016-06-26 23:09 | 天然生活 | Comments(0)