いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:手づくり ( 51 ) タグの人気記事

e0354593_20581649.jpg
庭のジューンベリーの木。

数日前、わたしが田の草取りで
泥んこまみれになっていた時のこと。

わたしがいつまで経っても
ジューンベリーの実を
収穫せずにいるのを見るに見かねて、
夫がさっさと採って
ジャムにしておりました(笑)。




e0354593_08323446.jpg
ジューンベリーの実は
甘いだけで酸味がないんです。

だからかな。
たくさんレモンを入れたようで
酸味の強ーいジャムができあがり
さらには小さな種を取り除くため
裏ごしまでしたのだとか、、、。

田んぼから戻ったら
「ジャムできたぞ」と
ドヤ顔の夫がいたワケで(笑)。

ドヤ顔するだけあって
確かにおいしいワケで\(^o^)/

ヨーグルトに
オンして食べてますが
お肉料理のソースとしても
かなりイケると思います。
(何気に公開リクエストw)


+


30数年前の無知無知時代に
アメリカの東海岸の公園で
出会ったジューンベリー。

いつか、結婚をして
小さな庭のある家に住んだら
その庭にジューンベリーを植えよう。

そんなことを思い描いた
あの時の真っ黒けに
日焼けしている自分と、
公園の風景を
はっきり覚えています。

タイムマシーンに乗って
「ジューンベリーの木が庭にあるよ。
 ジャムも毎年作ってるよ(夫がw)」と
ポチャポチャふわふわしていた
自分に報告したいものです。


+


もしかしたら。
我が家のとなりが
チーズ屋さんになるかもしれない。
わたしじゃない他の人の夢だけど。

思っていることは
願っていることは
頭に浮かんだことは
きっとカタチになると思うから。

余計なお世話だけれど、
おとなりがチーズ屋さんだったら
とてつもなく嬉しいので
勝手に書いておきました。

えへへ、まる。





[PR]
by ayakosahara | 2017-06-15 09:04 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21113399.jpg
今年は作らなくていいや。
そう思っていた豆板醤。


だったのだけど。
友人が作っているのを見て
やっぱり今年も
作っちゃった(笑)。



e0354593_21114799.jpg

友人のレシピを真似て、
ラベルに書いて貼るスタイルも
真似てみた。

これ、いいアイデアだなぁ。
次に作る時の参考になるね♡

友人と唯一違うのは
「食べごろ」の時期。
友人は半年後だったけど
わたしのは1年後くらい。

そら豆を潰さず
粗みじん切りのまま
粒々を残したから、
発酵に時間がかかるはず。

1年間、
いろんな瓶と一緒に
パントリーの棚で
ゆっくり寝ていてね。
1年後に会いましょう(笑)。



[PR]
by ayakosahara | 2017-05-26 05:57 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_08072827.jpg
我が家はリゾートに
位置しているので
市街地からは離れています。

いつも行く
スーパーマーケットまでは
車で15〜20分かかるかな。

そんなこともあり、
買い物は週に1回くらい。

野菜はご近所から
いただいたり、
まぁ、週1回の買い物でも
食卓はまわります。


+

上の写真はおとといの夜
ひとりビアガーデンをした時のもの。

トマトと絹さやの
ヨーグルト豆腐クリーム和え
竹輪とグリーンアスパラ
梅干し
キムチ
もずく酢 on 生姜
納豆の油揚げ包み焼き

これらぜーんぶ、
冷蔵庫と庭にあったもの(笑)。

豆皿にのせるとごちそうに見える
ありがたいマジックを使いました。



e0354593_08065319.jpg
豆腐とヨーグルトは
前の晩から冷蔵庫の中で
寝かせました(水切りのため)。



e0354593_08070909.jpg
水分がきれたところに
なんちゃって自家製ハチミツを投入~♪


+


実はこれ、
先日実家に帰った時に
祝い事が済んだ夜、
甥夫婦と行った居酒屋さんで出た
前菜の中の一品でした。

トマトにはさんであって
カプレーゼみたいなんだけど、、、

「モッツアレラじゃないよね?」

「なんだろね、おいしいね」

「聞いてみよう!」

と、教えてもらったところ
クリームチーズと
豆腐を和えたものとのこと。

「へーへーへー、おいしいね」

と、3人で舌鼓を打ちました。




ランナーに戻るための
リハビリ中につき、
体重増加を厳に戒めているワタクシ。

なので、クリームチーズに代えて
脂肪分ゼロのヨーグルトを水切りして
作ったらこれが大当たり~♪
おいしいのです\(^o^)/



e0354593_08074410.jpg
なんちゃってカプレーゼや、
冷やしてデザートとしても♡

ひと晩ゆっくり
冷蔵庫で寝かせただけなのに、
おいしく変身してくれてありがとう。

ゆっくり寝るって大事だな。
人も水切りヨーグルト&豆腐も(笑)。
(最近よく寝るわたしですw)




[PR]
by ayakosahara | 2017-05-25 09:33 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_12453658.jpg

お天気が良い休日の朝。

ふと見れば、
玄関まわりの
壁の汚れが目に入り、
ゴシゴシ洗うことに、、、。



e0354593_13090266.jpg

ゲル状になった廃油石けん
タワシにつけて
ゴシゴシしたら、、、。

わー、見違えるように
きれいになりました。
眩しぃー。
(写真は未加工です)



e0354593_12455900.jpg

こちらはシーグラスで作った
風除室前のタイルエリア。

不陸調整がうまくいってないため
(はい、わたしがやりました、、、泣)
写真右上部に雨水やホコリが
溜まりがち、、、汚れも目立ちます。



e0354593_12461479.jpg

ここもタワシと
ゲル状廃油石けんで
ゴシゴシゴシゴシ&ブクブク。




e0354593_18190008.jpg

乾くのを待っていたら
昼過ぎになってしまい
光の加減が変わっていますが、
こちらもきれいになりました。




e0354593_13093346.jpg

これがゲル状になった
廃油石けんです。

日付けが1ヶ月以上前なのは、
手作り石けんの場合
作ってから使えるようになるまで
熟成に1ヶ月を要するからです。




e0354593_16433097.jpg

廃油で作った石けんです。
奥の茶色いのは
コーヒーかすを入れ、
スクラブ系を狙いました。

使い心地もいいですし、
作る過程でゴミが出ない点も
とても気に入っています。



e0354593_16435062.jpg

これは、
廃油石けん制作時に使用した
ペットボトル。

内側にこびりついているのは
容器に移しきれなかった石けんです。
このままでは(固まっているため)
ゴミになってしまいますが、
水を入れてシャカシャカし
固まった石けんを溶かすことで
ゲル状の液体石けんとして
使うことができます。

今回はそのゲル状石けんで
玄関まわりをゴシゴシと磨いたら
きれいになりましたの巻。



e0354593_16161909.jpg

ペットボトルの内側全面に
びっしりこびり付いていた石けんも、
ゲル状石けんとして使っているうちに
ペットボトル内もきれいになり、
(自分で自分を磨いている感じ♡)
また資源ゴミとして出すことができ
くるくるとリサイクルが回ります。

肌にも優しい使い心地で
タワシでゴシゴシ洗ったあとも
ツッパリ感があるどころか
ちょっとしっとり感があって
嬉しい限り(個人の感想です)。


+


1度目の用途を終えて
使われなくなった物を
デザインの力や知恵を使い、
新しい価値あるものを生み出す。


わたしのライフテーマである
アップサイクル的ものづくり。
今日もまたひとつ、コツコツ♡



[PR]
by ayakosahara | 2017-05-22 17:18 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_22041867.jpg
今年の稲苗が届きました。
(昼ごろ届いたというのに)
(まごまごしてて暗くなり)
(写真を撮りそびれちゃった)

で。
懐かしの写真を
引っ張り出してきた。
これは、田んぼを始めた年の
2011年7月のもの。
たぶん、朝の4時半ごろに
撮ったんじゃないかな?

早朝のお日さまの光で撮ると
朝露がコロコロコロロンと
撮れることが楽しくて、
毎朝毎朝撮っていた記憶が(笑)。




田んぼにはたくさん虫もいるし、
(虫は大大大の苦手)
柔肌にドロドロは大敵だし、
(裸足で入ったらふくらはぎまで赤くなった)
紫外線が強くなる季節だけど、
(日焼け止めクリームも大の苦手)

"自分たちで作ったお米を食べる"

って、人生の中で
何年かしかできないものね。
今年もしっかり遊ばせてもらいます。

もうね、メンバー全員が
腰が痛いの肩が上がらないだの
ひざを痛めたのと、
いけてない人たちグループなものの
作業あとのおいしいビール目指して
今年もワイワイがんばります。
おー!!!


そういえば。
今朝2時間ほど田の草取りをして
帰宅して帽子を脱いだとたんに
滝のような汗が流れて、
あれ? この感覚なにかに似てる、、、
と思ったら、それはラン練習後の
爽快感に似てるのでした。

そうだった、そうだった。
あー、あーーぁーーぁーー。
は・や・く、ランニングを
再開したいなぁぁぁぁぁ。
(ため息)


+


【リハビリ58日目 5月11日】
・病院から教わった筋トレ 2×2セット


[PR]
by ayakosahara | 2017-05-11 22:07 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21395186.jpg

細〜い1本の糸を
10本引き揃えにして
1本の糸にする。

その太くなった糸を
258本 × 320cm 整経し
筬通しをした日曜日。


糸が絡みそうになっても
もうキーッとならない。

それは、
田舎に暮らしていると
ムカデが出たくらいでは
キャーと言わなくなるのと同じ。
(ギョッとはするけど)


虫は何度も出るし、
引き揃えの糸は何度も絡む。

そんなことでは
もう怯まないのだ。


無謀とも思えるわたしの
「これがやりたい!」に
いつも「やりましょ」と
温かく指導してくれる
先生に心からの感謝を♡

初めての織組織チャレンジ。
がんばれ自分、おー!



[PR]
by ayakosahara | 2017-04-16 22:07 | いつかきっと | Comments(0)

【煙】スモークな日々。

e0354593_08111838.jpg
ベーコンを作る過程の副産物。
その1.燻たま

そのまま食べてもおいしいし、
野菜たっぷりのラーメンに添えると
ラーメンのおいしさが倍増します。




e0354593_07480632.jpg
その2.スモークチーズ
そのまま食べてもおいしいし(笑)、
シングルモルトのお供にサイコーです。




e0354593_07482913.jpg
断酒もほぼ1年続いたし、
そろそろ解禁しようかな~♪♪♪

スモークチーズを見ながら
シングルモルトに思いを馳せる朝。




e0354593_07474497.jpg
リビング中が煙くさくて
シアワセです(笑)。



[PR]
by ayakosahara | 2017-02-22 08:23 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_10374196.jpg
昨日の春の嵐のおかげで
風乾が進み、
スモーカーに入った
塩漬けのち塩抜きした豚バラ肉。

仕込みの様子はこちら。
↓ ↓ ↓





e0354593_10381749.jpg
上段が空いているので
チーズとゆで卵も置いて
スモークチーズと燻玉も♪



e0354593_10390026.jpg
朝採りのキヌサヤ。

ご近所から毎日のように
いただく菜花(食用です)。


ありがたいことに
ウチメシが
一番おいしい思うアル。

ありがとう
ありがとう


+++ +++


空に青空。
足元に犬。

雲っていても、
その上には
いつも必ず青空がある。
だから、だいじょうぶだよ。


[PR]
by ayakosahara | 2017-02-21 11:03 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_13081926.jpg

もう何年も前からやっている
みかんの皮を煮出して作る
なんちゃってオレンジオイル。

なにに使うかといえば
雑巾がけです。


煮出している時から
みかんの香りが漂ってきて
お掃除のやる気スイッチが
オンになります。

我が家の床は無垢材なので
雑巾がけをすればするほど
いい色・いい味を出すのです。


蹲踞のポーズを取りながら
雑巾がけをすれば
コアトレーニングにもなるし。


床がきれいになるわ
体幹も鍛えられるわ
いいことづくめの
手づくりオレンジオイルの
雑巾がけ(なんちゃってだけど)。


スッキリ爽やか、
午後からの仕事も
はりきって参りましょ♪


[PR]
by ayakosahara | 2017-02-17 13:13 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_09091746.jpg
あ、そろそろ
暖かくなっちゃう、
冬が終わっちゃうー。

なにやら夫が慌てています。



e0354593_09095719.jpg
なんのことかと思いきや、
ベーコン作りのことでした。



e0354593_10461878.jpg
そういえば、
マザーズタッチにちなんで
ファザーズタッチという名の
燻製屋さんなんて、
いいと思うけどなー。

なんていういつかきっと
ありましたっけ(笑)。

相も変わらず
「ボクの作る燻製は売りません」とのこと。
ま、そんな風なのがいいのでしょうね。



ということで。
1週間から10日後あたりに
できあがります。> ご近所のみなさん


[PR]
by ayakosahara | 2017-02-14 10:52 | 天然生活 | Comments(0)