いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:アップサイクル ( 10 ) タグの人気記事

e0354593_12533959.jpg
最近のお気に入りのオヤツ、
おから蒸しパン。




e0354593_12535667.jpg
作り方はとっても簡単です。

生おから 1カップ
卵 2個
全粒粉・豆乳・はちみつ 各大さじ2
ヨーグルト 大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ2
バニラエッセンス 適宜

↑の材料すべてを、
耐熱ボールに入れて
ゴムべらで混ぜるだけ

電子レンジでもいいと思いますが、
わたしは蒸し器で5分ほど蒸しています。


オヤツとしても、
手づくり甘酒を飲んだあとの
遅めの朝食(早めのランチ)にも、
簡単であっと言う間にできちゃうのが
お気に入りポイントのひとつです。




e0354593_12541887.jpg
家にあるナッツ類や
ケイパー、チーズなどを
トッピングすると
見た目がぐっと良くなって
食べる楽しさが
5割り増しくらいになったりも(笑)。




e0354593_12543346.jpg
見た目は地味ながらも、
写真奥に写っている
野沢菜と小女子のごま油炒めを
トッピングしてみたところ、
甘くてしょっぱくて少し辛くて、と。

ひと口で何度も
味のバリエーションを楽しめて
いまのところわたしの中での
不動の1位です(笑)。


おからは毎日曜日に
家の前までやって来る、
菜の花とうふさんから
無料でもらえる
新鮮なおからを使っています。

う~ん、これもひとつの
アップサイクルですね~♪♪♪

おからには
食物繊維が多く含まれているため
整腸作用があり、便秘の予防や
改善などの働きも期待できるんです。

さらには大豆イソフラボンも豊富。
この物質は、女生ホルモンである
エストロゲンと似た働きをするので
女性にとっては嬉しい限りなのです。


とはいえ!!!
わたしの場合、たいていのものは
ブームになってしまうと、一気に
好き度が深く熱くなるものの
一定温度に達した時点で冷めてしまうので、
おから蒸しパンも手づくり甘酒と併せ
腸内環境を整えるためにも、ほどほどに
続けていきたいと思う所存です。

ね。
はい、まる。



[PR]
by ayakosahara | 2017-02-03 05:31 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_19421057.jpg
ベジブロスです。
毎日の料理で出る野菜くずを集めて、
一日の終わりに30分ほど弱火で煮ます。
煮立たせぬことがポイントです。

やっと秋めいて涼しくなったので、
そのまま朝まで放置しておきます。
ひと晩置いておくことで
さらにゆっくりと
野菜からのブロス(出汁)が
抽出される気がしています。
(詳しいことは分かりませんが、、、)

詳しくは↓こちらを↓を参照してください。
我が家では毎朝のお味噌汁は
ベジブロスで作っています。
おでん出汁やスープにも使えます。
おいしいですよ。

ここまで使った野菜くずは
コンポストへ「お疲れさま」されます。
それらは、また畑の土として戻ってきて
野菜を育てる一助となってくれます。
そして、その野菜を食べる過程で出た
野菜くずを集めベジブロスを作って、、、と。

ぐるぐる回るサイクルができています。


+++ +++


ぐるぐる回る、といえば。

10日ほど前から
スロジョグをしているのですが、
日没時間が早くなったことや
犬散歩との兼ね合いもあり、
朝に走るようになりました。

早朝のスロージョギングは
夜を脱ぎ捨てた空気の中を走るので
それだけで爽快なのですが、
問題はトイレです。

起床から1時間くらいののちに
スタートしているのですが、
途中でトイレに行きたくなることも
しばしば、、、。

ありがたいことに、
海沿いのコースは公衆トイレも
多いので(しかも、きれい!)、
事なきを得ていますが、、、。

できれば、スタート前に
トイレを済ませておきたいんですよね。
となると、前日の食事の内容を
チェックするようになります。

食物繊維の多い野菜や
乳酸菌や発酵食品、
そしてお水をたくさん摂ること。
寝る前のストレッチも
わたしには効果があるみたいですし。

ってことは、
前夜だけじゃなく
前々日の食事や運動、
お風呂にゆっくり入ることとか
さらには睡眠時間までエトセトラ。


などなど。
いろんなことが
ぐるぐる回っている今日この頃です。

すーはー
すーはー

毎日走るのは疲れが溜まるらしいので、
明日からは1日おきになりました。
\(^o^)/ ← なぜに(笑)。

本日もお疲れさまでした。



[PR]
by ayakosahara | 2016-10-03 21:40 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_22142084.jpg
わたしにとってのブログとは、
絵日記もしくは糸電話のイメージです。

とりわけこのブログは、
アレができたらいいな
コレができたら楽しいな♪と
たんさんの夢想を綴っている中で、
それらが実現化していく
プロセスを記録するとともに、
日常の備忘録としての役割も兼ねています。

また、到来物や
友人からのプレゼントなどなど、
それらの事後報告もここに綴っています。



たとえば。
昨日ご近所でいただいた房州海老。
どんなカタチになったかというと。



e0354593_21453851.jpg
まずはお刺身で。


e0354593_21455002.jpg
次に味噌汁で。


e0354593_21460101.jpg
最後は鬼ガラ焼で
おいしくいただきました。

そして。
鬼ガラ焼の奥に写る「三岳」は
友人からの旅行のお土産なんです。
えぇ、はい。
この写真は彼女宛てに
「おいしくいただきました」の
報告を兼ねていたりもします。


+++ +++


お土産っていいなぁと思うのは、
旅先で相手のことを思いながら、
こっちがいいかな?
それともこっちかなぁ?と
相手の好みなどを思いながら
喜んでもらえそうなものを
予算内でチョイスする、、、。
そういう時間も旅する中の
大切なひと時だと思っています。

だから、お土産はもらうのも
あげるのも好きなんですよね。
渡したお土産のその後を、
「こんな風に使ってるよ~」なんて
事後報告を受けるのも
また嬉しいものです。
(ということで)
(わたしからの報告も)
(欠かさぬように心がけています)



e0354593_22280078.jpg
そうそう、
こちらもそのひとつ。

以前、友人から贈られた
オリーブオイルが入っていた木箱を、
ずっと大切にしまってあきました。
それに白ペンキを塗ってアトリエ
ミシンコーナーの壁に取り付けました。

間に一枚仕切り板(棚)を入れると、
もっと使い勝手がよくなる予感がします。
むふふ、なんてすてきなアップサイクル。
(と、ひとり悦に入っています。笑)


以上、近々のもろもろ
絵日記もしくは糸電話的報告でした。

まる。


[PR]
by ayakosahara | 2016-09-11 22:37 | 天然生活 | Comments(0)

【創】新しいカタチ

e0354593_21343587.jpg
自分が
いいと思うものが
いいとは限らない。

けど、
自分の「好き」は
あまり変わらない。




e0354593_21351349.jpg
" もう少し
頭を柔らかくして
考えてみるといいのでは "

" 同じものを
画一的に作るより、
同じものは作らない
そんな方向性もあるのだから "

とは、
先生からのアドバイス。





e0354593_21352961.jpg
あと少し、
もう少し。

夏休み中に
仕上がらなかった
新しいカタチ。

時間をかけることと、
時間がかかることは
似ているようで違うもの。

いまはまだ
時間がかかるフェーズで
行ったり来たり。


あと少し
もう少し
カミングスーン。

わくわくドキキ♡




[PR]
by ayakosahara | 2016-09-09 22:24 | マザーズタッチ | Comments(0)
e0354593_20300127.jpg

e0354593_20303233.jpg

e0354593_20311417.jpg

e0354593_20305402.jpg

e0354593_20315454.jpg

e0354593_20321697.jpg

e0354593_20483305.jpg
いろんなものを
アレコレ試作中。

もう少し、
あと少し。
がんばろ、自分。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-18 21:22 | マザーズタッチ | Comments(0)

大きな甕がやって来た!

e0354593_21464439.jpg

友人宅の隣家にあった
藍染に使われていたという
大きな甕を
譲ってもらいました。

力持ちの友人と、、、。



e0354593_21490711.jpg

夫が軽トラで
運んできてくれ、
アトリエ前に埋けてみたところ、、、。



e0354593_21493522.jpg

あ、そういえば。
この水蓮鉢を手前に置いたら
親子みたいになるんじゃない?

と、庭の向こう側から
ゴロゴロ転がしてみたら、、、。



e0354593_21504405.jpg

ら。
ららららら〜♪

親甕子甕となりました。
ぱちぱちぱち〜♪♪♪

まずは稲の苗を入れて、
小さな田んぼを作ろうかと。
さらに防災用の水甕としても。


今日も今日とて、
まわりの友人たちの
お世話になりました。
ありがたきシアワセ。
さんきゅ♡

まる。




[PR]
by ayakosahara | 2016-05-14 22:01 | 天然生活 | Comments(0)

新玉ねぎ三昧。

e0354593_21474424.jpg
昨日収獲した新玉ねぎ。
ひと晩たったら
葉が少し萎びれてきた感じ、、、。

もうご近所には
配り尽くしてしまったので、、、。



e0354593_21480808.jpg
ならば、と。
玉と葉を別々にして。

玉は根っこと土を落とし、
葉は痛んだ部分を掃除して。

玉は吊るして。
葉は保存調理することに。




e0354593_21483849.jpg
まずはネギ油作り。

・新玉の葉(青い部分) 200g
・にんにん      2かけ
・しょうが 20g
・玉ねぎ      2分の1個
・各種オイル    300ml
(オイル以外は2がらみの量で覚えたレシピ)

これらをフライパンに入れて
弱火で30分煮たらできあがり。
冷めたらざるで濾して瓶に詰める。



e0354593_21502982.jpg
色の濃いのはごま油。
黄緑っぽいのはオリーブオイル。

どちらも、
ふんわりスモークっぽいねぎの香りが♡

ドレッシングの元として、
野菜炒めに使うととてもいい風味に♪
冷蔵庫保存で約一ヶ月くらいで
使いきるようにしています。




e0354593_21490124.jpg
それでもまだまだまだまだ
たくさんある葉の部分。
お次は小口切りにして冷凍保存へ。



e0354593_21492968.jpg
豆腐の空き容器や、
コーヒーゼリーの空き容器など
蓋のある使いきり容器は
捨てずに取って置いて
こんな時に再利用。

ご近所にお分けする時も
これなら行ったきりでオッケーなので、
もらう方も返却要らずの手間いらず。


爽やかな風吹く庭での作業のち
キッチンでトトトトトン。
「たまにやる家事は楽しい」の法則(笑)。

いつもより、
台所の滞在時間と
犬散歩が長くなるのが
わたしの休日の特徴であります(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-04-30 21:46 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_22355772.jpg
これが
なにかというと。



e0354593_22361400.jpg
Gパンの破れた膝部分を
いろんな糸で繕ったもの。

裏からあて布をして
表から何重にも
糸を重ね縫いしたみた。

赤と黄色の糸が
目立ちすぎたので
紺色の糸を重ねて、
まぁ、こんな感じで、と。
何度か重ね縫いしたので
堅牢度もばっちりかと。

片方終えたところで
時間切れ。
忘れないうちに
(飽きないうちに)
終わらせなきゃね。


[PR]
by ayakosahara | 2016-04-11 22:45 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_22363542.jpg
今度の土曜日(26日)に
マザーズタッチの
アトリエカフェで
蚤の市をやるのですが。

蚤の市って、
蚤(flea)がピョンピョンと
飛んでいるような
と比喩される古いモノが
並んでる市(market)のこと。

ではありますが。
自由のフリー(free)もかけて、
雑貨やハンドクラフト品、
骨董品やB級品、もしかしたら
お宝が見つかるかも?な
そんな蚤の市にすべく
ただいま準備中です。

どうぞ、お楽しみに。

[PR]
by ayakosahara | 2016-03-20 22:51 | マザーズタッチ | Comments(0)
e0354593_21405326.jpg
出先で見かけた
ひょうたんで作られた
ランプシェードが
とてもとっても
素敵だったのです。

そういえば、
ウチにもひょうたんが
あったよね?!
しかも、ふたつも!!


ということで。
DELEMELを出して
イメージすること
半月あまり。


e0354593_21412626.jpg
ガガガッと
やってみました。

下書きもせず、
Mother's Touchと
ガガガッしたのでした。

スペルを
間違えなかったので
それでよしとしましょう。
(自分にはかなり甘い)


e0354593_21414579.jpg
暗くなってから
あらためて明かりを
灯してみたら
ふんふふ〜ん♪

どこにぶら下げようか、、、。
平和な悩みにおめでとう♡

[PR]
by ayakosahara | 2016-03-02 21:46 | 天然生活 | Comments(0)