いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

ひとりになる。


e0354593_11152421.jpg

今までに2度、家族と離れ遠いところに住んだことがある。言葉も通じないし、食べ物も違う。空の色も空気の味も、サハラの住んでいる町とは違っていた。




水道の水を飲んではいけないことや
バスに乗ってうたた寝をしてると危ないことなど
の連続の日々。


ひとりでいると見える風景
ひとりだから感じる思い
ひとりでできた深呼吸

そうして
ひとりじゃないと感じてた。

+ + +



著者: 川畑 要, 堂珍 嘉邦
タイトル:
ひとり、ひとり。Two as We Stand
[PR]
# by ayakosahara | 2004-12-01 06:06 | ひとりごと | Comments(0)

時間差攻撃


e0354593_11150442.jpg

先月、とある場所で百式の田口さんをお見かけした。
その時の田口さんの発言で次のようなことがあった。「1日のスケジュールを、1時間刻みに (30分だったかな?) ノートに細かくつけている」。そのワケは「使途不明な時間をなくすため」とのこと。
う~ん、すごい自己管理。

それには全然及ばないけれど、サハラはいくつかのノートを持っている。
備忘録やメモリアルのためと、用途はいろいろ。
旅先での日記は現地で買い物をしたレシートを貼ったり、
下手なスケッチでランチを描いたり、
たまに落葉など拾ったモノがはさまっていることも。

アトピーがひどかった頃の日記を読み返してみると、
今ならこうするのになぁとか、分かることもいっぱい。
不調の波は時間差攻撃でやってくる
ことが分かったのも、けっこう後になってから。

例えば、お酒を飲んだり甘いものを食べ過ぎたり、
一般的にアトピーによろしくないことをした時、
その影響は翌日に出ることは少なく、たいてい2~3日後にやってきた。

朝起きた時、体がきしんだり瞼が腫れて目が開かない時など
「昨日、なにかしたっけワタシ?」と思う。
そしてアトピーに悪そうなことは何もしていないのに…と落ち込んだりした。

そう、何も悪いことはしていない。昨日は、ね。
たいていは2~3日前に何かよくないことしていた、サハラの場合。
運動会の翌日に筋肉痛がする小学生は少ない。
大人の筋肉痛は、たいてい2~3日後にやってくる。それと同じ。

自分を記録する。
そうすることで、時間差攻撃に備えることができるかも。

お酒があふれるこのシーズンに自戒をこめて。
[PR]
# by ayakosahara | 2004-11-30 06:29 | アトピーのこと & 美肌 | Comments(4)

いい顔、って。


e0354593_11150578.jpg








昨日の「顔話題」の続き。

「彼は誰にでもいい顔をする」を英訳すると
He is nice to anyone.

そして、「He is nice to anyone.」を和訳すると
彼は誰もに親切です。

う~ん、いい顔ってムズカシイ。

+ + +

昨日、firdevsさんがコメントで残してくれた
「NURのある顔」は、とても素敵な言葉だと思う。

NURは元々アラビア語で「光」という意味。
精神的に平安で、魅力あふれる状態の中にある輝きを描写するのに
よく使われているような気がします。
…と。

ところで、NURはなんて発音するのだろうか?
[PR]
# by ayakosahara | 2004-11-29 16:17 | ひとりごと | Comments(8)

やっぱり、顔なんだ。


e0354593_11150608.jpg

昨日、ある会合に参加した。約200名が参加したその会合、サハラは受付のお手伝いをした。複数で受付を担当していたので、参加者200人すべての顔をみたわけではない。




が、サハラは思った。
「ヒトハヤッパリカオナンダヨネ」と。

その根拠は、なにか。
サハラの好きか嫌いかという、個人的な好み。
サハラの動物的臭覚が嗅ぎ分ける、ある種の匂い。
サハラのコアが反応する、パワーのあるベクトル。
そんな感じの、いろんなこと。

鏡を見て、サハラは日々自分に問うている。
「キョウノカオ、ダイジョウブ?」と。
[PR]
# by ayakosahara | 2004-11-28 22:54 | ひとりごと | Comments(8)

コエンザイムQ10狂騒

先日22日のヤフーニュースで
「大人気のCoQ10、供給難でケンコーコムが6000人分キャンセル」

が報じられていた。

CoQ10とはコエンザイムQ10のことで、
9月に放映された情報番組
で紹介されて人気に火が点いたらしい。
タイトルは『老化から人類を救う!?CoQ10』と、かなりキャッチャーだ。

サハラは放映を見ていないが、HPで確認したところ
アメリカやドイツでの事例を紹介し、
「お肌に効いた人」「体力がついた人」などを挙げていた。
確かに老化から人類を救ってくれそうな気がしてくる。
いいモノを積極的に摂り入れる姿勢はいいけれど、
なんとなくサハラは腑に落ちない。

+ + +

「あのゲル使ったら、顔が赤くなっちゃったの。どうすればいい?」
友人になにかいい保湿剤がないかと聞かれ、サハラは自分が使っているゲルを教えたのだが、彼女にはあわなかったらしい。

「どうすればいい?」とは、
「あなたが教えてくれたゲルで顔が赤くなってしまった。どうしてくれるの!」
なのか、「他になにかあれば教えて欲しい」なのか、サハラは少し困った。

「赤くなったなら、あわなかったのね。使うのをやめた方がいいよ。」
サハラにあうものが誰にでもあうわけではない。そういうこと…。

+ + +

自分の体なのに、時々言うことを聞いてくれなくなるときがある。
そういう時は何かバランスが崩れていて、体が何かを発していることが多い。
自分にとっていいものをチョイスする眼力は、この何かをキャッチすることで鍛えられたり、案外こういう時に蓄えられるような気がする。
コエンザイムQ10も、いいものだと思うけれど。

【追記】
@昨年に書いた記事ですが、トラックバックステーション第9回 コエンザイムQ10って何?
にトラックバックしています。
[PR]
# by ayakosahara | 2004-11-27 07:03 | あれこれ | Comments(2)