いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0354593_22102296.jpg
近所の友人宅に
新しい犬がやってきてから
5日が経ちました。
(奥の茶色のわんこ)

初日から
手前の白い先住犬と
仲良くなったとのことで、
すっかり友人宅に馴染んでいます。

上の写真は友人宅に到着してから
2日目のパチリ。
まだ24時間も経ってない時点で
こんなにリラックスしてました。
ニューフェイスもすごいけど、
どんと構えている先住犬もすごい。


以前、短い期間で
顔なじみの仲良し犬を
預かったことがあるのですが、
実々(甲斐犬 8歳)は、
その犬が家に上がろうとする時
静かに唸って威嚇しようとしました。

毎日お散歩を一緒にしていた
仲良し犬だったのに、、、。
和犬らしいテリトリー意識の強さゆえの、
唸りだったのかもしれませんが。



そんなことがあったので、
友人宅ニューフェイスとの
相性はどうかなぁと
思っていたところ、、、。

3日目の夕方、
散歩中にすれ違うも
ガウガウしましたです。
えぇ、はい、
我が家の犬のみが、です。
想定通りでありました。

もちろん、そのガウガウを
叱ることなく「またねー」と
やり過ごしたのですが、
実々は少し先で立ち止まり
「やっちゃったわん」とばかりに
少しすまなそうな顔をして
わたしを見上げたのでした。


まぁね。
犬には犬の心持ちがあるし
仲良くなってほしいけど、
それは人間側の都合というもの。
少しの時間を要することにしようかと。
無理強いは良くないし、できないし、
長続きもしないしねー。


そんなこんな。
ひとり歩きが好きなところは、
飼い主に似ちゃったかな(笑)。

わわわわ、わぉーん。



[PR]
by ayakosahara | 2016-08-31 23:05 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21153633.jpg
ふと。
庭畑を見ると
シシトウが
クリスマスカラーに
なっていてビックリ!

いえ。
単に収穫し忘れてた
だけなのですが(笑)、
もう何年も
シシトウを作っていて
こんなになったのは
初めてのこと。

だから。
じゃないと思いますが、
クリスマス近くの日程で
忘年会のお誘いが、、、。

ありがたいけど、
うれしいけれど、
ハ・ヤ・ス・ギ・ルー。

むーん。



[PR]
by ayakosahara | 2016-08-30 21:30 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21385167.jpg
8月も残すところ
2日となりました。

朝晩はもうすっかり
秋の気配濃厚な海辺の町も、
日中はまだまだ暑さが続いています。

この暑さが残っている間に
必ず食べておきたいもの、そ・れ・は、
菓子匠やまもとの「かき氷」です♪



e0354593_21394959.jpg
菓子匠やまもとは和菓子屋さんです。

"和菓子屋さんのかき氷 ・・・。
その響きだけで、もーおいしそうですが、
店頭に置かれているカフェ風看板には
詳しくかき氷の説明も記されています。



e0354593_21400486.jpg
ということで。
人気ナンバー1の
抹茶あずきミルクをいただきました。

「やまもと」のかき氷、
氷をかいている刃が良質なのだと
以前に聞いたことがありました。

その良質な刃で
昔ながらにシャッシャッと
かいた氷だからでしょうか。
とてもとっても
ふっわふわっな食感なんです。
一気にたくさん食べても
頭がキーンとならないんです。


「氷を押さえずに
 召し上がってください」

そう言われることにも納得です。

子どもの頃、かき氷の氷が
器からこぼれてしまうのが嫌で
つい手で押さえつけたりもしましたが、
ふっわふわっの食感を楽しむためには
大人になっても器から氷をこぼしつつ
その食感を楽しんだ方がいーんです(笑)。



e0354593_21391377.jpg
館山市の町中は残念ながら
歩道が狭い箇所が多々ありで
菓子匠やまもと前の
歩道もかなり狭いんです。

なので、店の前への路上駐車は
前を走る道路の通行の妨げに
なってしまいます。



e0354593_21393241.jpg
道路向こうにある
「アークス」の駐車場が使えますので、
ぜひこちらをご利用くださいね。


そんなこんな。
女将さんに、
今年(2016年)のかき氷の
営業期間をお聞きしたところ、
やわたんまち(9月17~18日)の
前後あたりまで、
とおっしゃっていました。

残暑厳しき今日このごろ。
暑さが残っているうちに
もう一度行けたらいいな。
きっと行くだろな♪


+++ +++


菓子匠やまもと

千葉県館山市北条1821 
0470-22-0835
営業時間:10:00~19:00 
定休日:不定休


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-29 22:51 | 南房総のおいしいもの | Comments(0)
e0354593_16394507.jpg
先月のこと。
ご近所の友人が長い入院から
大安吉日の日に退院をした。

彼女が留守した家には
ご主人と犬と猫がそれぞれ1匹ずつ。

留守中、何かできることを、、、
と思いつつも、なにもできぬまま
退院の日に至ってしまった。


こちらに引っ越してから丸6年が過ぎ、
近所づきあいはまぁ良好な方だと思う。

「田舎」というと、のんびりしていて
穏やかなイメージがあるけれど、
こんなに小さなコミュニティの中でも
争いゴトは起こるし、起こってもいる。



我が家に活タコがときどき届くのは、
タコを獲る漁師さんの家族と
仲良しだから。
「お互いさま」を行ったり来たり。
だから、ときどき届く活きダコを
ありがたくいただくことにしている。



焼きたてパンが頻繁に届くのは、
パン名人と仲良しだから。
こちらのお宅のご主人は
田んぼメンバーのひとりでもあり、
夫とよくつるんで港に魚を買いに行く。
夫は大きな魚を捌く名人なので、
パン名人はその点において
夫に一目置いており、
(パン名人は大きな魚の捌きはちと苦手)
魚を捌く→それを肴に宴会する、
翌日焼きたてパンが届くの図式。

「いつでも好きなだけ採っていいよ」
と言われている畑は他にもあれど、
わたしが実際に行って勝手に採るのは
パン名人宅のミョウガ畑くらい、、、。
他のおうちのはやっぱり遠慮しちゃう。
それってやっぱり、
ふだんの仲良し度によるものだと思う。



我が家に似つかわしくない
おしゃれアイテムが頻繁に届くのは
東京との二拠点住まいをしている
友人と仲良しだから。
わたしの留守中、犬の散歩を
受け持ってくれたりもする。

わたしが留守の時に
犬の世話をお願いできる友人が
何人かいるけれど、
誰にでも頼めるわけじゃない。
やっぱりふだんの仲良し度によるし、
忙しい人には頼めないし頼まないし。



わたしは車の運転が好きだから、
遠くまでのお使いなどを
買って出ることがある。
1時間ほどかかる病院までの
送迎などがそう。
相手は恐縮するけれど、
気分転換のドライブには
ちょうどいい距離だし、
その病院にはおしゃれな花屋も
おいしいレストランやカフェがあって、
売店にはアロマまで売っているから
たまには行きたい場所だったりもする。
だから遠慮しないで、、、と言うと
相手は恐縮しながら納得してくれる。



そんな感じで、
ご近所のみんなが仲良しで
自分ができること・したいことで
誰かのお役に立てたらいいのになぁ。
共助とかっていうんじゃなくて、
仲良しなご近所さんって感じがいいなぁ。

ふむむ♡


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-28 21:33 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21311092.jpg
昨日ご近所さんから
いただいたサザエ。

七輪に練炭を熾して
壺焼きにする予定が。




e0354593_21311031.jpg
暑い、を理由に
煮物にプラン変更。
お皿がスパゲッテイなのが
なんとも場違いなんだけど、、、。




e0354593_21311091.jpg
これはこれで
おいしかったけど。

ジュージュー
やりたい気は収まらず。
夏休みの宿題のように
明日以降に持ち越しであーる。

2016の夏休みの宿題は、
まだまだ続くの巻。
むーん。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-27 22:04 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21145819.jpg
遊びに来た友人が、
おもむろにボールペンを取り出して
「これ、熊本の支援になると聞いて、
 たくさん買っちゃった。
 オレンジ色は文子さんで
 ブルーはカズさんの分。
 ○○さんちと
 △□さんちの分も~♪」と。

?!?!?!

聞けばそのボールペン、
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの
熊本支援商品なのでありました。


7月上旬に行った熊本旅。
わたしから土産話しを聞いたり、
このブログ記事を読んでいた友人は、
自分もなにか熊本支援になることを
今まで以上にしたいな・しよう、と
ずっと思っていたとのことで。


今日遊びに来た友人と
熊本の友人のあいだに
直接の面識はないものの、
2年前のマザタの物々交換会
熊本友人の作った
ハッピー文字のポストカードと、
こちらの友人が作った
パッチワークのコースターが
行ったり来たりしたという、
目には見えない間柄なのでした。
思えばあの頃からご縁があったね~♪


友人はこのボールペンを買うとき
本数が多いのでお店の人に?!と
思われたその時に、
「友人の友人が
 熊本城のガイドをしているんです。
 このボールペンを買って使うことで
 少しでも熊本支援になれば~♪」
と、応えたのだそう。


誰もが
誰かの
お役に
立てればいいな、と
そんな風に思ってる。


動けば、動く。
今日もまたひとつ動いた。

ボールペン、ありがとう。
たいせつに使うね。
ほんとにありがとう♡


いつか一緒に熊本に行こう。
その時は夢子さんのガイド
熊本城を歩こうね。

おー。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-26 21:49 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_22100431.jpg
実々(ミミ)という名は、
実りある人生(犬生)を
一緒に過ごしていこう!
との思いを込めたもの。

と、もうひとつ。
初めて会った時の印象が
「耳が大きい」だったことにも
由来している。(単純~w)



e0354593_21151803.jpg
小さい頃と比べると
顔が大きくなった分
それほどでもないけれど、
やっぱりちょっとは大きいかな。



e0354593_21154850.jpg
犬なのに「みーちゃん」と
猫の代名詞みたいな愛称で
呼ばれることも多い。

実々(ミミ)
みみたん
ミンコムシ
みーちゃん

いろんな呼び名で呼ばれてる。



もうすっかり
わたしの行動を読んでいて、
夕方の散歩の時間が近づくと
アトリエにやって来ては
物言わぬままジィィィィーと
わたしを見上げるみーちゃん。

こんな視線で見つめられたら、
キリが良くても悪くても
「お散歩いこうか」と
ついつい声を
かけたくなっちゃうじゃないか
みーちゃん。



そう遠くない未来に、
背中のファスナーがすーっと開いて
「ずっと見てたよ」なんて笑いながら
2本足のみーちゃんが出てくるような
そんな気がする今日この頃であーる(笑)。


みーちゃんはね
実々っていうんだ
ほんとはね。
だけどかわいいから
ついつい呼んじゃうんだ
みーちゃんって
可笑しいね
みーちゃん♪

はははのは(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-25 22:24 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21272289.jpg
夕方犬散歩で、
ほぼ毎日のように出会う猫。

実々(甲斐犬 8歳)が好きな
夕方散歩のルート上にある、
釣具店前の自販機の上で寝ている。



e0354593_21275551.jpg
いつも寝てはいるものの、
わたしたちの気配で首を上げる。

「このあたりに猫がいるはずだ」
とばかり、犬はキョロキョロと
落ち着かなくなりリードを引っ張る。

「なにもいないよー」
「リードひっぱらないでー」



e0354593_21320948.jpg
そんな犬とわたしのやりとりを
高みから見物する猫。

むこう(猫)からは
犬(と、わたし)のことを
見えてはいるけれど、
犬は上方向を見ないので
猫臭はすれど姿は見えないワケで。

毎日のように
似たようなことが
繰り返されるので、
この猫とはすっかり
顔なじみになって
こちらを見る目が優しくなった。
気がする(笑)。


家の中に猫がいたら
楽しいだろうなぁ。
なんてことを思うけど、
わたしはかなりの
猫アレルギーであーる(泣)。

だから、
こんな風に
犬散歩の最中に
顔なじみの猫がいるだけで
いいんだろな、きっと。



e0354593_21395110.jpg
え、猫?
猫がおうちに来るの?
(我が家の犬は「猫」という
単語にモーレツに反応する)

来ないわよ。
もしも来たとしたら、
あなたもわたしも
大変な状態になっちゃうもの。

ほしいものがすべて
おうちにやって来るわけじゃないのよ。
いろんな事情で無理なこともあるの。

ジジョー?

そう、事情。
事の次第というやつよ。
モノゴトがある状態に至るまでの
理由や状態、それらの結果のことよ。

人にもモノにもコトにも
いろんな事情があるの。
「好き」だけを理由に進みたいけど、
猫アレルギーみたいに
おかあさんには不向きな事情も
あったりするの、、、。
まぁ、足るを知るというか、
うちには実々がいるから
それで十分だわん。

ふ~ん、そうかぁ。
そりゃ、そうだね♡


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-24 22:06 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21451680.jpg
昨日は明け方から
ずっと暴風雨でした。

はい、台風9号が
やって来たのでした。

刈り入れが近い田んぼの稲たち。
倒れているのが
遠目からでも分かるものの、
なす術はありません。
(午前中は
外へ1歩も出られぬほどの
暴風雨が続いていました)


昼過ぎ、台風9号が
館山市に上陸したとの
ニュースが入りました。

そのニュースが出た直後から、
友人知人から安否を気遣う
メッセージが入りはじめました。

関東に直接上陸って
11年ぶりらしいよ。
気をつけて!


そんなメッセージにも
へー、そうなんだぁ。
と、のんきに過ごしていたのは、
台風上陸直後は
目の中に入ったからなのか、
30分ほど雨も風も止んで
辺りが静かになったからでした。

朝からの暴風雨で震えていた犬も、
この頃には落ち着きを取り戻り
一緒に庭の見回りに出たほどでした。



e0354593_21474334.jpg
昼過ぎの庭の見回り時、
すでにいろんなものが倒れていたものの
また遠からず来るであろう暴風雨に備え、
ポキッと折れていた大きなバジルの株を
ふたつ採るだけが関の山でした。

雨とともに被っているだろう潮を落とし、
茎から葉を外し、そののち
ジェノベーゼソースに変身させるなどして
窓の外の暴風雨を眺めていました。



e0354593_21455384.jpg
15時ころまでには雨は止み、
夕方にはいつもどおりに
犬散歩で浜辺を歩けるほどに
天候は回復したのですが、、、。



e0354593_21463279.jpg
台風9号上陸から一夜明け、
庭の畑では野菜たちが倒れていました。

まずはゴーヤ棚、、、。
茂り過ぎていたこともあり、
その重みで数本の支柱が曲がり
ドサッと倒れてました。

3分の1ほどの蔓と葉を落とし、
新しき支柱とともに起こしました。
(夫が)
青々とした実が
まだ幾つもついているので、
それらの収穫を終えてから
ゴーヤ仕舞いをする予定です。



e0354593_21461750.jpg
赤く色づいた唐辛子も
ポッキリ折れていました。



e0354593_21471776.jpg
心配していた田んぼの稲は、
倒伏を覚悟していましたが
斜めになる程度で済みました。
(水浸し免れました、ほっ)

とはいえ、
稲刈り準備で抜いていた田の水は
台風9号の大雨でまた溜まり、、、。
水を抜くのにも、
乾くのにも数日かかりそうです。

田んぼのメンバーは、
台風前日に取り込んだ案山子
今朝になって再び立てたり、
絡んだスズメ除けのテープを外したり。
朝からバタバタと
台風後の処理に走りました。


+++ +++


台風等の自然の猛威の前に
人はなす術はありませんが、
「備え」ることはできます。

我が家は数年前の爆弾低気圧で
リビングのピクチャーウインドーが
割れそうになり、
恐怖の一夜を過ごした経験から
防災リフォームを行ないしました。

大きなピクチャーウインドーは
堅牢なペアガラスに替え、
外部にシャッターを取り付けました。
そして南側の玄関には風除室を設置。
ドア下からの雨の吹き込みがなくなりました。
いずれも台風や爆弾低気圧時に
大きな効果と安心感を得ています。


悲しいかな、地球温暖化は止まらず
年々気象の変化も大きくなっています。
自然相手にできることは少なくとも
できる限りの「備え」をすることで、
被害を少なく留めることができるかも。
今回の台風9号を経験して
さらにその思いを強くしました。


また我が家はオール電化住宅なので、
停電に備えて発電機と
ガソリンを備えています。
(夏場は揮発が激しいので
携行缶の栓をときどき開けて
プシュッとさせてます。by 夫)

水と食料も家の中で3日間は
籠って過ごせる分を備蓄。
これは3.11の経験から学んだことです。
(茨城の姉宅が食料不足で大変でした)


今回の台風9号ではお隣の市で
竜巻のような強風が発生し、
複数の家の屋根が飛びました。

外房の友人宅では
2日に渡り停電が続き
たいへんな状況が続いていました。

被害に遭われたみなさんに
心からお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧が進みますように。


自然災害は
いつ、誰の身に起きても
不思議ではありません。
これからも「備え」続けます。


[PR]
by ayakosahara | 2016-08-23 23:27 | 天然生活 | Comments(0)

わたしには夢がある。

e0354593_12405067.jpg
すごいものを見ました。



e0354593_12410864.jpg
リオのオリンピックで
男子400mリレーで
日本チームが
銀メダル獲得したのです。

<五輪陸上>
男子100m×4リレー 

磨いたバトン技術で銀獲得



e0354593_12412145.jpg
第三走者の桐生選手から
アンカーのケンブリッジ選手に
バトンが渡った時、
わたしにはトップに見えました。

【その時、ボルトはケンブリッジを見ていた】
男子400リレー決勝 写真特集


隣りのレーンはジャマイカ。
そして最終走者はボルト。
ボルトに離されたものの
追いついてくるアメリカとカナダを
振り切っての2位!
(のちにアメリカは失格)

歴史に残る瞬間を
目の当たりにしました。



e0354593_12413658.jpg
個人100mのファイナリストが
ひとりもいない日本チームが銀メダル。

すごい!のひと言で
言ってはいけないような
快挙だと思いつつ、
それでもやっぱり
すごい!以外の言葉が見つからない。



個人的に桐生選手が好きで。
テレビに映る姿にエールを送ってました。
ここに来るまでどれだけの練習したんだろ。
日本選手権で敗けて
クシャクシャ泣きしたり。
リオでも個人100mへ参加した
日本選手3人中ひとりだけ
予選落ちしてしまい、、、。

個人100mの決勝戦をスタンドから
「今日はいち観客として楽しんで見てます」
と言っていた桐生選手が、
男子400mリレーを終えて
銀メダリストとして
ボルトと健闘を称えあってる。
雲の上の存在としてのボルトとじゃなく
同じフィールドに立つ
アスリート同士として。


最終走者のケンブリッジ選手に
バトン渡したあと叫びまくり
腕を振りまわしてた桐生選手。

わたしも一緒に叫んで
一緒に見ていた夫と犬を
びっくりさせました。
いいと思います(笑)。

おめでとうおめでとう。
みなさんほんとにほんとに
おめでとうございます。


+++ +++


わたしには夢があります。
その夢は、時にヘタるし
時に凹んじゃったりも、、、。

" 夢を現実にすることを証明できた。"
山縣選手の言葉が胸に刺さります。

ほんとにそうだなぁ。
そうだそうだ、がんばろう。

がんばれば
がんばれるんだ
がんばれ自分。
おー。



[PR]
by ayakosahara | 2016-08-20 14:54 | いつかきっと | Comments(0)