いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


e0354593_16401976.jpg
友人と再会ののち、
さっそくランチへ。

わたしの記憶に間違いがなければ、
友人の娘さんの結婚が決まった時の
両家顔合わせの食事会に食したのは、
この本丸御膳ではなかっただろうか。

たしか、場所は熊本城の中にある
本丸御殿でだったような、
そんな記憶があったので
彼女に聞いてみたところ、、、。


うん、そうそう。
相手のご両親と顔合わせした時
この本丸御膳をいただいたの。
あの時は熊本城の本丸御殿だったけど、
いまは入れないから、、、。


・・・ ・・・ ・・・・。

そうかぁ、
やっぱりそうだったよね。



残念ながら、現在の熊本城は
地震の影響によりお城の内部へは
立ち入り禁止となっています。

とはいえ!!!
日々、復興に向けて前進していると、
わたしたちが熊本に滞在していた
7月3~5日のわずか3日間の
あいだだけでも、あちこちから
復興に関する明るいニュースが
飛び交っていたものです。

その中のひとつ、こちらの本丸御膳も、
熊本城の本丸御殿にこそ入れませんが、
青柳本店にて食べることができるんです。

熊本に行かれた際には、
ぜひにぜひぜひオススメいたします。

★ちなみに★
このブログの中で掲載している
写真はすべて各店舗にて
「写真を撮ってもいいですか?」と
確認ののち撮影許可をいただいて
撮影したものです。



e0354593_16405532.jpg
約200年前の味を
忠実に再現しながらも、
料理方秘に記されている
「口伝塩梅」を心得に、
素材の持ち味を生かした
滋味深い味付けと
彩りにこだわりました。

--青柳HPより引用--

見た目にもおいしく、
食べて尚お腹もココロも喜ぶ
そんな本丸御膳の一つひとつに
目が奪われつつも、
友人はわたしの問いに
地震以降のアレコレを
話しはじめました。



e0354593_16404890.jpg
この前日にわたしたちが訪れた
阿蘇へは未だ行けないこと。
(物理的ではなく心情的に行けないこと)
(阿蘇の変わってしまった姿を)
(まだ見ることができないこと)

体重が少し減ったのは
ダイエットしたからじゃなく
心理的負担からだということ。
(でも最近になって)
(ジム通いを再開したこと)

地震以降、2匹の愛犬が
室内排泄用のシートを外して
失敗することが増えたこと。
(地震以前にはなかったこと)



e0354593_16410276.jpg
それでも自分たちは
恵まれた被災者であること。
(家族全員が無事でありがたい)
(マンションに戻れていること)

日々いろんなことが起こるけど、
家に帰るといつもと変わらぬ夫がいて
笑わせてくれること。
(あぁ、この人がいてくれて)
(よかったと心底思ったこと)



e0354593_16411764.jpg
グラス類は不思議と
高いものから割れてしまったこと。
(百均の食器は割れなかったこと)

新しいワイングラスを買ったけど、
余震がまだ続いているので
グラスはじめ食器類はすべて
和室に平置きして並べてること。
(新しい食器棚はまだ買ってないこと)

グラスが割れた割れたと言っていたので
あちこちからグラスをプレゼントされたこと。
(わたしもウイスキー用の)
(ショットグラスを持って行ってた)
(この話を聞いた時には)
(まだ渡す前だったのだけど、、、笑)



e0354593_16411031.jpg
夜になって。

友人のご主人も合流し、
郷作 とく一さんへ。
熊本では、どこへ行っても
くまモンが出てきました。
ふと見れば、おしぼりの袋にも~♪



e0354593_16411589.jpg
前夜にひき続き、
またもや大好きな馬刺しをば。

阿蘇で馬刺しを食べた時、
「流通がまだ不安定で、、、」と
1種類の部位のみの提供でしたが、
熊本市内のこちらのお店では、
3種類の部位が出されました。

馬刺しの供給元も被災し、一時は
流通がストップしていたそうですが、
わたし達が訪れた7月の上旬には
(震災2か月半ですでに、それ以前にも)、
流通は再開していました。



e0354593_16412078.jpg
友人曰く、
辛子レンコンは店ごとに味が違い、
揚げたてが一番おいしいとのこと。

実際、こちらの辛子レンコンは
今までに食べたことのある
どの辛子レンコンよりおいしく、
お土産に買って帰ることを
あきらめたほどです。
(この揚げたてのおいしさは)
(熊本に来て味わうべきものだと!)



e0354593_16412492.jpg
ごめんなさい、料理名失念。
(友人に確認後後述します)


e0354593_16413170.jpg
ごめんさない、料理名失念。
(友人に確認後後述します)

e0354593_16413628.jpg
刺身盛り合わせ。


熊本市
人口70万人の政令指定都市ですが、
すべての水は地下水で賄ってるとのこと。
つまり、水道の蛇口から出てくる水は
ミネラルウォーターのようなもの。

どうりで、口伝塩梅もさることながら
なにを食べてもおいしいはずです。

だからかなぁ。
おいしい水を飲んでるからかなぁ、
熊本の人たちはみんな温かかったなぁ。


【地震後の熊本への記事一覧】
地震後の熊本へ(1)上空から見えた多くのブルーシート。
地震後の熊本へ(2)大雨の中、阿蘇へ向かう。
地震後の熊本へ(3)阿蘇はガランとしてました。
地震後の熊本へ(4)友人との再会。
・地震後の熊本へ(5)熊本名物でお腹ぽんポコりん。
地震後の熊本へ(6)友人のガイドで熊本城へ行く。
地震後の熊本へ(7)人生はワンツーパンチ 水前寺成趣園へ行く。


[PR]
by ayakosahara | 2016-07-19 23:25 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_11190701.jpg
ちょうど1ヶ月ほど前に
やせる冷蔵庫 が届きました。

やせる冷蔵庫といっても
冷蔵庫が痩せるわけじゃあ
あーりませんよ(笑)。

食欲コンサルタントであり、
日本初のアスリートフードマイスター、
野菜ソムリエの資格を持つ
村山彩さんの新著です。
痩せたいけどなかなか結果が出ない、
そんな方にオススメの1冊です。

なんてったって、
冷蔵庫内のレイアウトを少し
(わたし的にはかなり)意識するだけで、
食事制限なし、運動なし、
リバウンドなしでダイエットができる、
夢のようなストーリーがギフトされる
そんな1冊です。


+ + +


村山さんとは1年前に
パリでお会いしました。
共通の知人の紹介で、
拙展覧会に足を運んでくださったんです。

第一印象は「美しき健康体」でした。
そしてエネルギー値が高い方だなぁ、と。
明るい、聡明、健康的というだけではなく
エネルギーが輝いている、そんな風に
思ったことを覚えています。

あれから1年、現在の村山さんは
なんと正産期に入られたとのこと。
ご本人が発信されるSNSによれば、
昨夕はまだ生まれていなかったものの
そう遠くない未来にベイビーが生まれそうです。
(母子共に健康な出産を心からお祈りしています)


+ + +


さて、本題です。
村山さんは様々な顔をお持ちですが、
トライアスリートでもあります。
が、上記のようにただいま妊娠中。
そのため今まで習慣になっていた運動が
できなくなった経験をもとに
この新著は書かれたとのこと。

そう、つまりはズバリ!
ダイエットはしたいけれど、
運動はどうも苦手で続かない。
ジムに通いたいけど、
仕事等の都合で時間が割けない、、、。
なーんて方にオススメの1冊です。

村山さんはいままで
200軒以上の冷蔵庫を分析したそうです。
実は、我が家もその中の1軒なんです。
実際に冷蔵庫を見ていただき、
冷凍庫内にあった化石のような
物体の発掘(恥、笑えない、、、)、
重複した調味料、多すぎる乾物や
アルコール類などについて
アドバイスをいただきました。

その結果、半年で5Kgダウンしました。
そして、いまは2Kg戻しました。
えー、リバウンドするんじゃん!
そう思ったあなた、それは違います。
意図的に2Kg戻したんです。

というのも、
夏が極端に苦手なわたし。
自分にとっての健康体重が今現在で、
美容体重があとマイナス2Kgなんです。
夏のあいだは体力最優先ということで
健康体重の維持に努めたいと思います。


ちなみに。
村山さんはやせる冷蔵庫を実践してから
3ヶ月で約4キロ減量したとか。
減量なんてぜーんぜん
必要なさそうだったのになぁ。


ちなみのちなみに。
わたし、個人的には
痩せている≒美しい≒いいこと
だとは思っておらず、
健康によろしくない影響を与える
肥満を解消することを目的として
この本を読んで実践した次第です。
食事を見直すことにより、
夫の高血圧対策にもなりましたし。

かつて、じぶんの努力だけでも
どうにもこうにもならぬほど
痛い思いをした経験から、
転ばぬ先の杖として
あれやこれやの一環です。


で。
やせる冷蔵庫を実践するには、
まずは冷蔵庫の中身を全部出すことから。
梅雨時のいま、冷蔵庫のお掃除も兼ねて
ぜひにぜひぜひオススメします。
そして、出した物の中から、
冷蔵庫の中に残したい物を選びます。
↑ ↑ ↑
このあたりは片付け術にも似てるので
お片付け上手の方にはすぐにでも
取り入れられるかと。

そこから先は、
食材を決まった場所に
配置していくのが重要で、
痩せる置き方があるのです。


e0354593_11192690.jpg
詳しくは
やせる冷蔵庫 を買ってくださいね。
ブックスタンドをお願いした犬は、
わたしの話しが長いので
狸寝入りをしております(笑)。

ナニゴトもそうですが、
いいと思ったことは取り入れて
そして長く続けること。
これに限ります。

動くと、動く。

健康がなによりも大事。
あなたは
半年前に食べたものでできている。
と、村山さんもおっしゃっています。

あらためまして村山さん、
新著ご出版おめでとうございます。
とても体に効くアドバイスを
ありがとうございました。

ひとつしかない体は
なにモノにも代えがたい宝物。
これからも丁寧に、
あまり甘やかすことなく
大事にしていきまーす。
そのことに気づかせてくれて
ほんとにほんとにありがとう♡


今日現在のわたしはまだ、
夏バテするに至っておりません。
(梅雨時の気温のアップダウンが苦手で)
(ここ数年この時期すでにダウンしてました)

半年前に食べたものが
確実に体に効いているのかな?
その答えは夏の終わりに分かるかも、、です。


今年の夏も暑くなりそうです。
夏はこれからが本番。
みなさん、くれぐれも
ご自愛くださいねー。



[PR]
by ayakosahara | 2016-07-16 12:54 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21185928.jpg
> 地震後の熊本へ(3)
阿蘇はガランとしてました。
からの続きです。

+++

今回の旅のメインイベントである
熊本在住の友人に会うことが、
旅の2日目にして叶いました。


彼女は元気でした。
おいしいランチを食べて、
(あらためて書きます)
彼女が大好きな熊本城を
ガイドしてもらい、
(こちらもあらためて書きます)
夜になって彼女のご主人も合流し、
熊本名産のごちそうと
おいしいお酒をたくさん飲みました。
(わたしはノンアル継続中ですヨ♪)




e0354593_21194285.jpg
2人の夫はかなり飲みまして、
互いに互いを支え合いながら
「もう1軒行こうぜ~♪」と
フラフラ歩いてピアノバーに
連れて行ってもらいました(笑)。


地震が起きた以降のことを
いろいろ聞きました。

彼女の家はマンションの上層階にあります。
前震時には、ふだんの備えもあって
被害はあまりなかったそうです。

が。
2日後の4月16日に来た本震は、
発生時間が真夜中(1:25)であり
就寝中の彼女たちを襲いました。

30分も(30分も!)揺れが収まらず、
お布団から出られなかったそうです。
彼女も、そしてご主人も口を揃えて
「地震とかそういうのじゃなくて、
 これはもう、
 この世の終わりだと思った」と。

2匹の犬たちは腰を抜かしたようで
啼くことも吠えることも
できなかったそうです。


最大震度7だし、
それはもう大変なことが起きたと
その時のことを想像しては
ずっと心配していたものの、
現実は想像を遥かに超えた
壮絶な状況だったのでした。

ほんとにほんとに
無事でいてくれてよかった。


地震後、親族や親しい人たちへの連絡は
Lineがいちばん有効だったそうです。
停電で電気を節約せねばならなかった時、
「親せき」などのグループに
無事であることを一斉に1度で
伝えることができて便利だったと。

また、本震後は余震が続き、
眠れぬ夜が続いたことから
夜の早い時間でも
寝られる時に寝ておこうと思う時の
電話の音はしんどかったと。

相手を心配するキモチも、
まだこんな時間だから
起きているだろうとの配慮も、
有事の時にはうまく回らないもの。
被災者の無事が確認できたあとは、
しばらくは静観する姿勢が大事だと
あらためて思いました。



e0354593_21200412.jpg
翌日、水前寺公園にて。

この日は35度を超える
暑い暑い日でした。
バケツの水を頭から被ったかのような
大汗をかきつつあちこち散策しましたが、
前の晩たくさん飲んだお酒が流れて
こちらのおふたりには
ナニヨリだったように思われます(笑)。


+ + +


こんにちは。
千葉県にある房総半島の先っちょにある
館山市というところから来ました。
この度は地震お見舞い申し上げます。
〇〇おいしかったです。
ありがとうございます。


今回、行く先々の飲食店やホテル、
お土産屋さんなどなどで
熊本の方たちに
ご挨拶をしてきました。

思いの外、
千葉県も房総半島も
知られておらず、、、
ショボーン。

いやいやいえいえ、
そんなことは些末なことで、
関東地方から来たことは
伝わりましたし、
地震をお見舞いするキモチを
お伝えすることができてよかったです。


というのも。
3.11に実家が営むホテルが津波を受け
大きく被災した時に多くの人から
ありがたいお見舞いをいただきました。

営業再開後、友人知人たちが
会社の慰安旅行や同窓会旅行、
個人旅行の宿泊や
宴会や法事や食事などで
実家ホテルを使ってくれました。

遠方から「わざわざ」です。
直接知っているわけじゃないのに。
知り合いの実家というだけで
「わざわざ」遠く北茨城まで、、、。

その中のひとりに
熊本在住の彼女がいました。

あの時いただいたキモチのお礼を
すべての人にはできないけれど、
熊本の人たちに心配しています、
応援しています、の思いを
言葉にして伝えることも
今回の旅の目的のひとつでした。



e0354593_21203730.jpg
そんなこんな。

今回の熊本行きは
地震お見舞いの旅という名目ながら、
夫が行きたいと願っていた阿蘇へ行けたり
なにより久しぶりに大好きな彼女に会えたり
熊本のおいしいものをたくさん食べたり
(あとであらためて書きます)
お土産をたくさん買って、
帰ってきてからこちらの友人たちに
熊本良かったよ♪を伝えこともできたし、
(この夏旅を熊本にという友人をゲット!)
誰かのためにというよりも、
自分が伝えたかったこと
したかったことをする旅でありました。


で。
ひとつだけ残念だったコトが
ありまして、、、。

今回なにを食べても
おいしかったんです熊本の食べ物が。
(馬刺しと辛子レンコンは毎日食べてました)

中でもわたしに
一番ビンゴ!だったのは、
山うにとうふだったのです♡

が、彼女とお土産の
買い物した売り場では見つからず、
帰途の空港で二箱だけ買うも
こちらの友人にお土産として渡してしまい、
山うにとうふもう一度食べたいなぁ、
山うにとうふー!


e0354593_21205070.jpg
との叫び声が聞こえたの?
な、タイミングで
大量の山うにとうふが
クール便で届くという
ミラクルがキター!!!




e0354593_21210494.jpg
小袋も同梱されていました。
(友人たちに配ってねの意)

ひき続き
「熊本よかったよー」
ひとり勝手naキャンペーンを
続けることにいたします。

帰ってきてからも
楽しい熊本旅が続いています。
夢子さん、ありがとう♪♪♪


【地震後の熊本への記事一覧】
地震後の熊本へ(1)上空から見えた多くのブルーシート。
地震後の熊本へ(2)大雨の中、阿蘇へ向かう。
地震後の熊本へ(3)阿蘇はガランとしてました。
・地震後の熊本へ(4)友人との再会。
地震後の熊本へ(5)熊本名物でお腹ぽんポコりん。
地震後の熊本へ(6)友人のガイドで熊本城へ行く。
地震後の熊本へ(7)人生はワンツーパンチ 水前寺成趣園へ行く。



[PR]
by ayakosahara | 2016-07-12 23:46 | Voyageの記録 | Comments(0)
> 地震後の熊本へ(2)
大雨の中、阿蘇へ向かう。
からの続きです。

e0354593_22320766.jpg
阿蘇で迎える朝は雄大でした。

日の出は雲に阻まれましたが、
東の空がきれいに染まり、
昨日の大雨がウソのようです。



e0354593_22323365.jpg
こちらのホテルを選んだ理由の一つに
源泉かけ流しの温泉がありました。

広々とした内湯、
開放感あふれる露天風呂、
サウナもあればエステもある。

わたしは夜2回、早朝1回と
計3回温泉を堪能しました。



e0354593_22331837.jpg
温泉施設はホテルの端にありました。
そこに行くには廊下の突き当りにある
エレベーターに乗り1階まで降りて
渡り廊下を歩くのですが、、、。

部屋から廊下。
廊下からエレベーター。
エレベーターから渡り廊下。
渡り廊下から温泉施設へ。

3回温泉に入ったということは、
このプロセスを往復3回したワケですが、
どのポイントにおいても
誰にも会いませんでした。

えぇ、はい。
大浴場ではバタ足をしたり
泳いだりしても、
誰にも迷惑がかかりませんでした。
(よい子は真似をしないでくださいね)

3回とも貸切状態だったんです。
嬉しいような、チョト寂しいような。



e0354593_22330508.jpg
朝食のバイキング会場では
わたし達以外に3組のお客さまがいました。
ホテル全体の貸切ではなかったようです、ほっ。

ホテルの方によれば、
地震以降のキャンセルが止まらないとのこと。

まだまだ余震もありますし、
(今回の滞在時には体感しませんでした)
被災したエリアは
大変な状況が続いていると思います。

でも、こうして営業を再開している
ホテルや飲食店も多いですし、
だいじょうぶなところは
大丈夫なんですよね。


東日本大震災のときの実家がそうでした。
(わたしの実家はホテルを営んでいます)
できるところから営業を再開している、
そんなところが似ている気がしました。


+ + +


夫は、阿蘇へ行きたいと
地震が起こる前からずっと言っていました。
(わたしは3度目でした)

なので、今回の旅は地震お見舞いのみならず
自分たちが行きたい場所へ行くことを
実現する旅でもありました。

行きたい場所に行けるシアワセ。
夢がまた一つ叶いました。

阿蘇エリアへ行くには、
いまはまだ通行止めの箇所もあり、
(行きたかったエリアに行けず)
消化不良的感想を抱きましたが、
また来なさい、ということでしょう。

その一方で、
温泉を独り占めできたりもしますし。
阿蘇に行くなら
観光客が激減しているいまが
絶好のタイミングかもなぁ、
などと思ったりしもします。


有名な観光地に
こんなに観光客がいないなんて
そうそうあることじゃないし、
夫が行きたいとずっと思っていた場所に
ただ遊びに行っているだけなのに、
来てくれてありがとうと
みなさん感謝してくださるなど、
ムネアツになることもしばしばで
恐縮至極でもありました。



e0354593_22324794.jpg
2016年7月3日現在の
阿蘇はガランとしてました。
人混み苦手なわたし達には
恵まれた環境だったと思います。
九州に行くならこのタイミングで、
とオススメしたいくらいです。


通行止め等の道路状況は
日々変わっていくので、
こちらを確認しくださいね。
★阿蘇広域通行止めマップ

[PR]
by ayakosahara | 2016-07-08 23:31 | Voyageの記録 | Comments(0)
> 地震後の熊本へ(1)
上空から見えた多くのブルーシート。
からの続きです。



e0354593_21170394.jpg
阿蘇くまもと空港
雨の中にありました。

空港到着時、
小室哲哉氏をお見かけしました。
あとで調べてみたところ、
復興ソングのお仕事だった模様。


関東地方に流れるニュースの中で
熊本地震関連のものは
格段に減っています。

ニュースが少ない
↓ ↓ ↓
復興が進んでいる
熊本はもうだいじょうぶ

そんな風に思いがちですが、
豈図らんや。
実際に行ってみて
現地の方のお話をうかがうにつれ、
熊本の復興はまだまだなのだと
感じました。

小室氏のような有名人が
たくさん熊本へ入り、
熊本のニュースが
増えるといいのになぁ。

そんなことを思いつつ
到着後はレンタカーで
一路阿蘇へ向かいました。





e0354593_22495435.jpg
JAL ダイナミックパッケージ
がんばろう九州を利用した
今回の旅程はこんな感じでした。

ご存じのとおり、
飛行機もホテルも時価なので
価格の変動幅は大きいのですが、
わたしは出発2週間前の6月19日に
申し込み上記の内容で
ひとり35,600円でした。
(今日現在の価格を同じ内容で
チェックしてみたところ
38,150円となっていました)

また予約していたレンタカーは
1泊2日でなんと1,000円でした。
地震後に激減した観光客。
車を遊ばせているより
破格でも動かしていた方がいい。
そんな苦肉の策なのでしょうか、、、。
それにしても安い、安過ぎです。


そんなことをアレコレ思いつつ、
ワイパーが効かぬほどの大雨の中、
一路阿蘇方面に向かいました。




e0354593_12212870.jpg
途中、山肌が土砂でえぐり取られている
ところを何ヶ所も通過しました。
被害の大きさを目の当たりにし、
夫とふたり言葉をなくしました。
(土砂崩れ等のエリアは通行止めです)
(危険性の少ないエリアを走りました)
(自己責任で安全確認しています)

観光客は少ないものの、
工事車が多いのが印象的でした。
がまだせ熊本ー!






e0354593_21175471.jpg
宿泊するホテルでは
夕飯なしのプランだったので、
ホテル近くの日本料理 さか本へ。




e0354593_12213477.jpg
50畳ほどある広い客席は
わたしたち以外に
客はいませんでした。
ガラーン。

こちらのお店は、
地震による建物への
被害はなかったものの、
水道がなかなか戻らなかったため
再開には地震後1ヶ月かかったとのこと。



e0354593_21192616.jpg
また、お店側の体制はオーケーでも
馬刺しなどの仕入先が被災したため、
臨時メニューでの営業を続けている
ということでした。

ともあれ。
ここ数日の間に
流通が戻ったという馬刺しで一杯。
(ラッキーでした)
(とてもおいしかったです)



e0354593_21194378.jpg
お刺身の盛り合わせ。
魚にうるさい夫がウマイ!と
叫びました(笑)。



e0354593_21200432.jpg
熊本の郷土料理、
ひともじぐるぐる。

こちらはわたしが
オイシーと叫びました(笑)。



e0354593_21201858.jpg
揚げ出汁豆腐。
阿蘇はお水がおいしいので、
当然のことながら豆腐も絶品でした。



e0354593_21203233.jpg
熊本名物
からし蓮根。

熊本に来たなら、
やはり食べておきたい一品です。



e0354593_21212394.jpg
阿蘇名物、あか牛のステーキ。

実は、ランチに内牧温泉の
いまきん食堂を目指したのですが、
途中の通行止めや大雨もあって
到着が受付終了直前の
14時前になってしまいました。

で。
その時点での待ち時間が1時間半、、、。
待ってでも食べたかったものの、
大雨だし土地勘のないところで
ホテル到着が遅くなるのはチョト不安
ということで泣く泣くあきらめたのでした。

そんな話をお店の人にしたところ、
ランチのみのメニューである
あか牛ステーキを
作ってくれたのでした\(^o^)/


そんなワケで食事の終盤にやって来た
念願のあか牛ステーキを食べたところで
お腹がぱんぱんに(笑)。


今回の旅の目的のひとつ、
熊本のおいしいものを
たくさん食べること

初日の夜に達成した次第~♪
(この目的は2日目3日目も)
(連チャンで達成するのですが。笑)


【地震後の熊本への記事一覧】
地震後の熊本へ(1)上空から見えた多くのブルーシート。
・地震後の熊本へ(2)大雨の中、阿蘇へ向かう。
地震後の熊本へ(3)阿蘇はガランとしてました。
地震後の熊本へ(4)友人との再会。
地震後の熊本へ(5)熊本名物でお腹ぽんポコりん。
地震後の熊本へ(6)友人のガイドで熊本城へ行く。
地震後の熊本へ(7)人生はワンツーパンチ 水前寺成趣園へ行く。



[PR]
by ayakosahara | 2016-07-07 23:55 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_22061129.jpg
7月3~5日の3日間、
地震後の熊本へ行ってきました。

熊本市在住の友人に会うこと。
熊本のおいしいものを
たくさん食べること。
熊本名物をたくさん買って
こちらの友人たちに配ること。

それが
今回の旅の3大目的でした。



e0354593_22062997.jpg
今回の大きな地震で
友人家族は被災しました。

その大変さやつらさ
悲しみや苦しみは、
当事者でしか分からない
ものかもしれません。





e0354593_22065039.jpg
友人が大変なとき、
自分にできることは限られており
また無力であることも痛感します。




e0354593_22071410.jpg
甚大な自然災害が
起きたあとなどによく、
" なにをしていいか分からない "
そんな声を多く聞きます。

また、
良かれと思って動いたことも、
タイミング等々のズレなどで
相手の迷惑にもなりかねません。
(3.11で被災した実家でも度々、、、)




e0354593_22074321.jpg
友人とは頻繁な
やり取りをしたワケでもなく、
彼女が発信するSNSでの状況を見て

「そろそろ遊びに行きたいなー」

「待ってるー」

そんな感じでするすると
スケジュールが決まり、
地震から2か月半後の熊本を
訪れることになったのでした。

★いまはまだまだ
熊本を訪れる観光客は少なく、
飛行機も宿も空いており
自分たちが希望するスケジュール
かつ格安で予約が取れました。
(レンタカー代はなんと!)
(1泊2日で1,000円でした)





e0354593_22081782.jpg
静岡上空あたりに
架かっていた大きな虹。

No rain, No rainbow.






e0354593_22084937.jpg
ずっと窓の外を眺めていたら、
あっと言う間に熊本上空に。
(1時間40分ほど)



e0354593_22090406.jpg
それまで見えていた風景から一転、
屋根にかかるブルーシートの多さが、
今回の地震被害が甚大であることを
雄弁に物語っているようでした。


【地震後の熊本への記事一覧】
・地震後の熊本へ(1)上空から見えた多くのブルーシート。
地震後の熊本へ(2)大雨の中、阿蘇へ向かう。
地震後の熊本へ(3)阿蘇はガランとしてました。
地震後の熊本へ(4)友人との再会。
地震後の熊本へ(5)熊本名物でお腹ぽんポコりん。
地震後の熊本へ(6)友人のガイドで熊本城へ行く。
地震後の熊本へ(7)人生はワンツーパンチ 水前寺成趣園へ行く。


[PR]
by ayakosahara | 2016-07-06 23:57 | Voyageの記録 | Comments(0)
e0354593_23033995.jpg
人が渡れない川幅を
ぴょーんと飛び越えて
向こう岸に行ってしまった実々。
(甲斐犬 ♀ 8歳になったばかり)



e0354593_23040606.jpg
戻りなさーい。
はーい。

(あら、アオサギ?)




e0354593_23042660.jpg
勢いよく飛び越えたものの、
思ったよりも川幅が広く
帰り道に困る実々。

(アオサギには気づかない)




e0354593_23044856.jpg
んーーーっ。
ここからじゃ
飛び越えられないなぁ。
水面を見て足がかりを探す実々。

(こちら岸に戻るまで)
(結局アオサギに気づかなかった)
(猫ならまっしぐらに突進するのに)
(アオサギも上手に気配消してたし)
(この犬マヌケだなとか思ってたかも 笑)



e0354593_23053447.jpg
と。
アオサギがあんな近くにいたのに
視界に入らなかった実々が、
わたしがキャリーを出した途端
すたすたと歩いてきて
スッポリと納まるの図。

わたしも一緒に行きたい、じゃなくて
どこへも行くなアピール、、、。
そのキモチはよーくよく分かるよ。

だいじょうぶ
だいじょうぶ
だいじょうぶ。

実々の大好きな人たち
オールスターズに
留守をお願いしてあるから。
いつもより多めに
オヤツも置いといたから。

今回はあっと言う間に帰ってくるし。
くまモンをお土産に買ってくるから。
いい子でお留守番していてね。

よろしくね。
わわーん。


[PR]
by ayakosahara | 2016-07-02 23:30 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_14140955.jpg
【ご近所のパン名人から差し入れ】


お父さん、あのね。
今日、織りの先生に電話して
あることを教えてもらったの。

わたし、
その人の時間を
使っちゃう気がしちゃって、
あんまり人にモノゴトを
聞いたりしないんだけどさ。

なるべく自分で調べて
分かった範囲でやってみて、
うまくいかなくて失敗して、
またやってみて
また失敗しての繰り返し。
だから、一つのことに
とても時間がかかるし、
かけてるし。
何度も何度も失敗して
身につくこともあるし、
何度やっても分からない時に
最後の最後に聞く感じなんだけど。



今日電話したのはね、
先生から簡単にできると聞いていた
藍の生葉染めのこと。
ぜんぜん簡単じゃなくて
先生ーって電話したら、
あっという間に疑問解決しちゃった!

すごいなぁと思ったのは
知識を惜しげなく
教えてくれるだけじゃなく、
ソレをコウコウすると
あなたがしたい
アレができるわよ。
って、わたし用に
カスタマイズして
いろんなことを教えてくれたこと。

先生と初めてお会いした時に
わたしがこれからやっていきたいコトを
半日以上かけてお伝えしたの。
だからかな、いろんなことに迷っても
こっちよ、って道標を示してくださるの。

ほんとーに、ありがたいの。

大体のことは
ネットで調べられるし
YouTubeで動画も見られるし。
だから、そこそこのことは
独学で分かるんだけど。

だけど、やっぱりね
コツというか
肝心なところは
人から教えてもらうことが
一番なんだとあらためて。




e0354593_14142861.jpg
【カラスに食べられた旬のトマト】


と、いってもね。
誰彼かまわずに
なんでもかんでも
聞いていいってワケじゃないから。
その知識を元にビジネスに
している場合も多いのだもの。

ggrksと言われぬように、
そのあたりは厳に厳に
心しておきたいところだす。




お父さん。
わたしたち6年前の今日にね、
ここ海辺の町に
引っ越したんだよ。
今日も暑かったけど、
あの日もすっごく暑かったなー。

足の指を骨折してたこともあって、
いろんな準備が調わないまま
引っ越してきたんだよね。
リビングには照明もまだなくて
まさにランプの宿状態で(笑)。
そうそうテレビも開通してなくて、
しばらく夜の闇が楽しかったんだよ。


この6年で、
自分が思い描く「こんな感じ」を
一つひとつカタチにしてきたよ。

叶ったことも、
まだ叶っていないこともあるけれど。
あっという間だったな。

「こんな感じ」はまだまだ続く。
"たった1年で人生は変わる"を
しみじみ実感してる今日この頃。

自分の司令塔は自分だから。
これからも、ひき続き
いつも心に広がっている
青空と共に進んでいくから
そちらから見ていてねー。



あ、そういえばお母さんのコト。
手術の経過が順調でね。
今週はじめにみぃちゃん夫婦が
ドアツードアで送迎して、
東京だよおっかさんツアーに
行って来たみたいだよ。
玲子さんも一緒でね、
あちこち行ってお泊りもして
明治座で大笑いしてきたんだって。
そんな日が来るなんて、、、。
ほんとにヨカッタ\(^o^)/

そんなこんな。
こちらはみんな元気だから、
ひき続きそちらからの
リモートをどうぞよろしくねー。


[PR]
by ayakosahara | 2016-07-01 22:18 | 天然生活 | Comments(0)