いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一番素敵だと感じたこと in クラブメッド・バリ
からの続きです。



+++ 



時々、自分の粗忽さ故の笑えないデキゴトに出会います。
まさに今がその真っ最中・・・、左手首、とても痛い
です(涙)。




なんですが、今から10日前の私は、
生まれて初めての空中ブランコに挑戦できるほど元気でした^^


今もズキズキと痛む左手首を抱える自分には、
このへっぴり腰&絶叫シーンさえ、うらやましい限り・・・。



> 続きを読む・・・。


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-25 17:23 | いつかきっと | Comments(1)

眠れるシアワセ in クラブメッド・バリ
からの続きです。 



+++



クラブメッド
・バリの魅力はたくさんあって、
楽しみ方は、人それぞれだと思う。



充実しているアクティビティを満喫するもよし、
プールサイドやビーチのベッドでゆったり過ごすのもよし。



食事もおいしいし、施設やアメニティの充実度は、
コストパフォーマンス以上のものがあると思う。







> 続きを読む・・・。


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-25 09:42 | いつかきっと | Comments(0)

私はわりとどこでも眠れるたちで、
なおかつ「おやすみ3秒」で瞬く間に寝てしまう(らしい)ので、
初めて一緒に旅行に行った友人からビックリされたりもする。
^^


一方、夫は旅先であまり眠れないタイプ。



飛行機の中など特にダメらしく、
隣でスースー寝ている私を見てはため息をついているそうな。



けれど、今回の旅で夫はよく眠れたらしい。






> 続きを読む・・・。


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-18 14:00 | いつかきっと | Comments(1)

11月12日(木) 15:35発のJAL便にて成田を出発し、
ClubMed(クラブメッド)バリに到着したのは、
現地時間で深夜の12時ちょっと前のこと。
(日本とバリの時差は1時間です)



ウェルカムドリンクなどをいただきつつ、
スーツケースを解いたりシャワーを浴びたり・・・、などなど。
寝たのは2時近くなっていたかもしれません。



朝寝坊するのもリゾートでの楽しみ、と思いつつも。
私がリゾート
で過ごす時間で好きなのが、朝のひと時でもあるのです。



なので、なにはなくとも日の出時間を聞かねば、と。
フロントに電話(ダイヤル9番)をして確認ー☆






> 続きを読む・・・。


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-17 23:42 | いつかきっと | Comments(0)

唐突ですが、本日よりバリに行ってきます。
月曜の早朝に戻ります。



3泊5日、木曜午後発→月曜早朝戻りという
行ったと思ったらもう帰ってきた、みたいな感じなんですが。
(なので、今週末はDIY
はお休みです ^^)



実は、こちらのクラブメッド リゾート体験リポーター
に当選しまして。
「必ず同伴の方1名以上」との条件があり、
夫にも一緒に行ってもらうことになりました。はい。






> 続きを読む・・・。


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-12 07:50 | いつかきっと | Comments(1)

私たちの楽園を海辺の町に決めたワケ Vol.3
の続きです。



先日、海辺の町の引越し先となる
ご近所の方や区長さんへの挨拶を済ませた。



「新参者などと思わなくていいんですよ。
 昔から住んでいる人だって、
 どんなに長生きしている人だってせいぜい100年ですから。
 例え、なにか言われたとしても気にしないことです。
 ここはいいところです、仲良くしていきましょう。」



「引越しはもう少し先になりそうです。」



「お待ちしてますよ。」



知らない土地への移住に
まったく不安がないと言えばウソなる。
区長さんとの会話で温かい言葉をかけていただき、
ちょっとほっとした。






> 続きを読む・・・。








[PR]
by ayakosahara | 2009-11-10 13:52 | いつかきっと | Comments(0)

この季節の夕暮れ時になると、
思い出すシーンがある。
それはもうずいぶん前のこと。




家を建てた途端、東京に帰るとか言わないよな?
うん、言わない。



ああいう小さいジープみたいな車を文子用に買おうか。
うん、いいね。



この先に踊り子がいるらしいぞ。
ほら、「この先、段差あり」って書いてある。
うん・・・。




住宅展示場に向かっていたこの日、
運転席の父はとても饒舌だった。
いつもは、ブーとか、チビとか呼ぶ私を、
あえてなのか、なんなのか、
何度も「文子」と名前で呼んだりもして・・・。






> 続きを読む・・・。
 


[PR]
by ayakosahara | 2009-11-03 18:51 | いつかきっと | Comments(0)