いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

明日は、StartMac Photo Clubの初めての遠足です。



行き先はサントリー白州蒸溜所


シングルモルトを探究してきます&たくさん写真を撮ってきます。



ところで。


お出かけ先での写真撮影は、自分自身が三脚代わりになることもしばしばです。そうでなくても手ブレの多いサハラの写真。足元をしっかり固めねば…、なのです。



愛用のMBTシューズ
は、その特徴である特殊な靴底で柔らかな草原の大地を再現しているシューズです。フワフワな歩き心地で歩くには適しているものの、カメラを構えて立ち止まるとグラグラしてしまいます。そんなこともあって、カメラの日用に新しいスニーカーを探していました。




e0354593_11230917.jpg


で。


先週行った「2008ベネビス春夏 新作発表会&受注会
」で見つけた、この脚長ラインスニーカー
。明日の写真部「大人の遠足」に間に合いました。今日一日慣らし履きもしたし、明日の準備は万端です♪



シングルモルトを探求するという写真部の初めての遠足。


さてさて、どうなりますやら(*^o^*)


詳しくは後日またあらためて。






[PR]
by ayakosahara | 2008-02-29 23:56 | 天然生活 | Comments(0)

先週、検査の結果を聞きに某大学病院に行ってきました。当初担当した先生にあれこれしつこく聞きすぎたのか、「専門の先生の診断を受けた方がいいかもしれませんね」と担当換えがあり、1日に2度病院に行ったあの時
の検査結果が出たのでした。



あの日、「んー、2度手間だー」と思いつつ、病院と仕事部屋を行ったり来たりしたのですが、した甲斐がありました。



というのも。


新しく担当してくださった先生と40分くらいの問診というか、カウンセリングというか、お話しをし、それですっきりしてしまったからです。といっても、それで体調までがすっきりしたわけではないのですが、まぁどんな結果が出たとても、しっかり受け止められる準備が整ったという感じ、でした。




そして、検査結果を聞く日。


当日、予約時間の17:00前に受付に行ったところ、「M先生は午前中の手術が長引いて、午後からの外来診察のスタートが遅れています。多分このままですと19:00過ぎになります」とのこと。えー(`ε´)と思いつつも、次の予約がいつ取れるか分からない状況なので待つことにしました。(この日の予約も、無理を言って枠外でとったものでした。)



最初の1時間は入院時によく脱走していた近所のカフェで
、その後は病院の待合室で待ちました。数人いた患者さんがひとり、またひとりと診察を終え帰って行き、広い待合室はサハラがひとりきりに…。それでも、中待合室への呼び出しがかかりません。



この待ち時間のあいだ、いろいろなことを考えました。


サハラは医者に病気を治してもらおうとは思っておらず、病気は自分で治すものと思っているふしがあります。医者は病気を見つけてもらうパートの担当で、病気が見つかったあとは治療の道先案内人というか、サポート担当になって欲しいと、そんな風に思っています。



だから、その道先案内の質が低いとクレームもつけます。



だいたい、この待ち時間も、遅れると分かった時点で携帯にメールで知らせるサービスとかあってもいいんじゃないの。



とか。



「検査してみましょう」とか言って、なんでもなかった場合、「なにもなくて良かったですね」で終っちゃうけど、高い検査代とっておいて、それって見立て違いなんじゃないの? なんにもなくてお金取れるのって病院くらいだよ。



とか。



病院は、もう少しサービス業としての自覚を持って顧客の満足感をアップするくらいの意識を持たなきゃねー。みんなナーバスな客(患者)ばかりなんだからさー。



とかとか、考えていました。


待ち時間が2時間半経過した頃、やっとサハラの順番が。



「お待たせして申し訳ありませんでした」


開口一番、先生はそうおっしゃいました。


CS(顧客満足度)プラス1です(笑)。



あれこれサハラの体調不良の原因に関する説明があったものの、検査結果は特に異常なし。ほっ。クレームをつけるとか、待ち時間が長いとか、云々かんぬん思っていましたが、検査結果を聞くまではやっぱりドキドキしていたのでした。



予防の意識が大切です。その観点からいうと、今回あなたのチョイスは正解でした。体調に不安を感じたら早めに診察を受ける。それが予防に繫がるのです。今回はなにもなくてラッキーでしたが、今後も予防意識を持ち続けてくださいね。定期健康診断は忘れずにきちんと受けること!婦人科系は早期に発見すれば治すことができますから。



ほーーーーーーっ、としました(≧▽≦)


先生と30分近くお話しし、診察室を出たら病院中まっ暗!!!


エスカレーターも止まってました。4階分を歩いて降りたら会計も閉まってました。警備室前の箱に「診察終了」の紙を入れてきたのですが、あの日の診察代ってどうやって払うんだろう。「後日、ご連絡がいきますよ」って言ってたけれど。



病気を治す魔法の杖はありません。


転ばぬ先の杖を、これから先も突いていこうと思った次第♪


みなさんも、定期健康診断をお忘れなく。




[PR]
by ayakosahara | 2008-02-29 10:38 | ひとりごと | Comments(6)

e0354593_11230999.jpg



サハラは時々着物を着ます
が、ここで何度も書いているように、着物をはじめ小物に至るほとんどが、義母から譲り受けたものです。そしてそれらは、サハラの元で何年か過ごした後、次の世代に継いでいくものです。



あらためて着物ってすごいなぁ。


すばらしいエコな民族衣装ですよね(*^o^*)



+ + +



来月、若い友人の結婚式があります。


テーマが「エコ」の、その結婚式。


着物を着てうかがう予定です。



今あるもので十分なのですが、こういう機会がないとなかなかね。正装用の小物って買わないのです。なので、新しい帯〆と帯揚げを買いました。写真のセットで、えー、こんな価格でいいんですか?と聞きたくなっちゃうお手頃価格♪



正装向き帯〆・帯揚げセット


↑こちら↑にありました。


売り切れも多いけれど、まだあるみたい。





サハラが買ったのは、この色違いかな?


こういう準備のあれこれも、着物を着る愉しみのひとつです♪


[PR]
by ayakosahara | 2008-02-28 09:48 | 着物の愉悦 | Comments(4)

あまりモノを買わないサハラですが(単に買物が面倒くさいともいいますが…(/ω\)、靴だけは別!と前の記事に書きました。
自分の靴ばかりを買っているわけではありませんよ。ここ数年、夫の誕生日のプレゼントは「靴」なのです♪(と、何気なく優しい妻をアピールしたりして~ 笑)



で、ですね。サハラが靴好きなのを知ってか知らずか、通販会社のセシールさんから「オーダーメイド紳士靴」説明会があるから来ませんか?とのお誘いがありまして、わーい♪と参加させていただいたのでした。ネット限定の新規事業なんだとか。



紳士靴のオーダーメイドと聞くと…。


足のサイズを測定し、木型を起こし、一足ごとにコツコツ作るイメージを連想してしまいますが、そうなると価格は10万円以上します、普通は。



それが、セシールのオーダーメイド紳士靴は29,800円(税込・送料別)なんです。はっきり言って安いです!!!



10万円のオーダーメイド靴をプレゼントするには、度胸もないし&お財布の中身も足りないワタクシですけれど、29,800円なら8月の夫の誕生日までどうにかなるかも?



オーダーメイド紳士靴が、そんなに安いの?


なんかワケがあるんじゃないのー?



実は、そう思いました、ワタクシ…。


そうなんです、 安いにはワケがありました。



それは、東京浅草の老舗「武田製靴」と提携しているからなのです。こちらは老舗ですので、すでに大量の木型のストックを持っているとのこと。お客様ごとに新しい木型を起こさなくても、ストックの中から合うものがほぼ見つかるのだそうです。すごいですね!!!





オーダーメイド紳士靴

詳しくは↑↑こちら↑↑から内容を見ていただくとして♪



肝心要の足の採寸はどうするのか?


それが一番気になるところです。


それを体験してきましたので、以下ご紹介いたします。


(あ、足はサハラの足じゃなく男性参加者
です、念のため(*^o^*)





e0354593_11231030.jpg


担当者からあれこれ説明のあと、百聞は一見に如かず、ということで。










採寸開始!

e0354593_11231024.jpg


採寸キットに入っているスポンジ状の上に足をのせていきます。




e0354593_11231003.jpg


踏み込むと、ウニョっという感じで足が沈み込んでいきます。




e0354593_11231001.jpg


しっかり型を採るために、親指部分をしっかり押して。




e0354593_11231015.jpg


できたー。


たとえて言うなら、パウダースノウの新雪に足跡をつけた感じかな?


e0354593_11231009.jpg


もう片方の足型も採ります。




e0354593_11231045.jpg


できました~。




e0354593_11231075.jpg


パタン。




e0354593_11231076.jpg


次は、甲まわりを採寸します。




e0354593_11231017.jpg


ひとりでもできなくはないけれど、他の人に測ってもらった正確に測れるとのことで、家族や友人に手伝ってもらうといいですね。




e0354593_11231092.jpg


甲まわりを測り…、




e0354593_11231089.jpg


甲高も測ります。(写真ボケちゃった…)




e0354593_11231167.jpg


採寸キットには詳しい説明も書かれていてとても分かりやすいです。メジャーは輪をくぐるような作りになっていて、自分のサイズが測れたらテープで留めるので、ジャストサイズが測定できます(できるはずです)。




e0354593_11231119.jpg


採寸後の甲まわり。


先ほどパタンとした箱と一緒にセシールに送ります。



一度型をとっておけば、型をずっと保管してくれるので、2足目をオーダーする時には採寸せずに使えるとのことです。でも、だからといって2足目以降の価格が安くなることはありませんので、あしからず♪




e0354593_11231127.jpg


見本の中から好みのカラーを選んで、


約200通りの中からデザインを選びます。




e0354593_11231159.jpg


こんな靴ができるのです。


素敵!!!




で、ついつい採寸キットを頼んじゃいました。












e0354593_11231140.jpg


e0354593_11231101.jpg


ふふふ。


今年の夫の誕生日にはオーダーメイド靴をプレゼントしようかな~、なんて妄想にふけったところで気がつきました。夫はこんな感じのビジネスシューズは履かない人なのでした…(^o^;) 我ながら、マヌケぶりにあきれました。はははは、は…(/ω\)



セシールさまへ


説明会ではありがとうございました、楽しかったです。


オーダーメイド紳士靴
にひき続き、「オーダーメイド・スニーカー」を作っていただけると嬉しいです♪






[PR]
by ayakosahara | 2008-02-27 11:44 | クチコミ | Comments(2)

通販で靴を買う?


そんなことできるの?


合わなかったらどうするの?


履き心地は?



サハラもそう思っていました。


はい、ベネビスと出会うまでは。



結論から言ってしまうと、


通販で靴は買えます。


しかも、履き心地のよい素敵な靴が♪



でも、そのためにはしなくてならないことがひとつだけあります。


それは、自分の足の正しいサイズを測り、本当のサイズを確認することです。サハラは、ベネビスイベント2007に行ったとき
足のサイズを測定するサービスがあったので、そこで測ってもらいました。



e0354593_11231169.jpg



プロの方に測ってもらうのがベストだと思いますが、大丈夫です。


自宅でも測ることができます。


詳しくはベネビスのカタログを参照してください。



>> カタログ請求はこちらから【ベルメゾンネット】




あらためて自分のサイズを確認したところ、右23.0cm、左22.5cm ワイズが2Eでした。外反母趾はないものの、両足の差が5mmもあるのは珍しいのですって。でもこれは、インナーで調整できるとのこと。




e0354593_11231185.jpg


そのインナーが、この衝撃吸収&ワイズ微調整パッド(ベネビス)
です。


これさえあれば、23cmのパンプスを購入して22.5cmの左の靴がパカッと抜けちゃう…、なんてことが防げます。衝撃を吸収してくれるので、長時間パンプスを履いていても疲れにくいというメリットも♪



こうして、自分の足の正確なサイズが分かりさえすれば、あとはカタログをめくりながら好きなタイプの好きなカラーを選べばいいのです。



サハラは歩きすぎて過労になってしまうほど歩きます。気がつかぬ間にけっこうな距離を歩いてしまうのです。なので、靴選びのポイントは、「歩きやすいこと=履き心地の良さ」に尽きるのですが、ベネビスはそれを適えてくれると同時にデザインも素敵なのです。歩きやすいけどデザインがちょっと…、という感じがありません。



あー、土曜日に買った脚が長く見える脚長ラインスニーカー
、早く届かないかな~。



せっかちなサハラにとって、買ったその日から使えないのが通販の難点といえば難点ですが、それもまぁ「待つのも楽しみ♪」ということで、よしとしましょ(^-^)/



>> カタログ請求はこちらから【ベルメゾンネット】







[PR]
by ayakosahara | 2008-02-25 13:08 | クチコミ | Comments(1)

「生まれて初めて出会ったお気に入りのブーツ」
以降、ベネビスの大ファンになったワタシ(*^o^*) 先日の京都旅行にもこのブーツを履いて行きました。



旅行先で、3日間も大丈夫かな?


いつもはスニーカーが多いのでチラリと疲れないかな?と思いましたが、けっこう歩き回ったあの3日間、サハラの足元を暖かくサポートしてくれました。いつもより歩いた旅行先でも、疲れず大丈夫でした&なにより暖かくて助かりました♪








昨日の記事にも書きましたが、これからの自分の生活はモノを少なくし、自分の好きなもの、自分にとって価値のある厳選したものに囲まれて過ごしたい…、そんな風に思っています。そしてサハラは、ショッピングはあまり好きではありません。モノを少なくしようと思っていることもあり、また、欲しい=必要なモノは作れるものはできる限り作ろうと思ってもいて…。

でもっ!


靴だけは別!!


靴のショッピングだけは大好きなんです!!! 



先週行なわれていた2008ベネビス春夏 新作発表会&受注会へ行く際、ある意味このイベントはあれも欲しいこれも欲しい状態になってしまう自分を自制できないかも、ちょっとコワイな~と思いつつ出かけたのでした(笑)。





ま、サハラの煩悩との戦いはおいといて。


2008ベネビス春夏の新作人気ベスト3をご紹介♪



e0354593_11231227.jpg

e0354593_11231205.jpg


第1位に輝いたのはこちら、バレエシューズE・3Eワイズ(ベネビス)


真っ赤な中敷が印象的&お洒落ですね。


5カラーの中でもブロンズが人気とか。14,900円と決して安くはない価格なのに在庫切れも必至らしいです。


OL時代の仲良しだった秘書課のTちゃんが履いてたな、バレエシューズ。美人がペタンコなバレエシューズ履いてるとカッコいいんですよね。




e0354593_11231246.jpg

e0354593_11231252.jpg


2位は携帯パンプス2Eワイズ(ベネビス)


ペタンコに折りたためて、旅行にもって行く人も多いのだとか。これなら荷物に入れても嵩ばらずいいですね♪


e0354593_11231200.jpg

e0354593_11231260.jpg


3位はヒール高6.5cmのウェッジヒールパンプスE・3Eワイズ(ベネビス)


クロコダイルちっくな柄がほんと素敵ですね。




e0354593_11231256.jpg

e0354593_11231201.jpg


担当者の方に「ぜひとも履いてみてください!」と薦められたのが、4位のベルトパンプスE・3Eワイズ(ベネビス)
です。ソックスのまま履いちゃってて、ちょっと変ですが…。



確かにクッションが効いていて履き心地がいいですね~。カツカツ言わせながらどこまでも歩いていけそうです。


履き心地はバツグンに良かったけれど、なんかピンとこなくって…、っていうかサハラには似合わないんですね。靴は素敵なんですけど。




















ということで、サハラが購入したのは、


1~4位にはランキングされていなかったこちらです!!!


e0354593_11231207.jpg


e0354593_11231280.jpg


脚長ラインスニーカー3Eワイズ(ベネビス)


スラリ脚長に見えるというスニーカーです。


分かりやすくいうとシークレットブーツみたいな感じ?(笑)。



いつもはMBTシューズ
を履いているのですが、春ですしね。明るいカラーのスニーカーが欲しかったのです。


今年は予防策が効いてか花粉症もあまり出ていないし、体力も回復してきたし、ということであちこちお出かけする際、この新しいスニーカーでお出かけしたいと思います。届くのは1週間後とのこと。来週のMac写真部の「大人の遠足」に間に合うといいな♪



それから、もう一足買いました。


ミドルプレーンパンプスE・3Eワイズ(ベネビス)
です。


フォーマル用にきちんと感のある一足があると安心ですものね。デキが悪いものの、一応ワタクシ「長男の嫁」なのです。いつナンドキなにがあってもね、足元はきちんと固めとかなきゃ、と思いまして。お値段も手頃で履き心地がよくて言うことなしです。ビバ、ベネビス♪♪♪






[PR]
by ayakosahara | 2008-02-25 10:34 | 東京探検 | Comments(0)

Le Berceau Blancのパジャマ

アトピー繫がりのmayuさんから


次のような案内をいただきました。




昨日私のブログに書いたパジャマのことなのですが
、この会社の社長さんが、「サンプルが少し残ってるのでお友達を紹介していただければお送りしますよ」と言ってくださっています。サハラさんも着てみませんか~。




お断りする理由がございません(^-^)/


そのパジャマとは、↓こちら↓のLe Berceau Blanc(ル・ベルソ・ブラン)のパジャマ
です。早くも届いてから1ヶ月近くが経ちました。

e0354593_11231328.jpg



サハラは夏はもちろん冬でもコットン派でして、何度も何度も洗ってクタクタになってからが着やすくなるとばかりに、Tシャツは10年以上着てるでしょうか(笑)。襟口が摺りきれるほどになった頃が肌心地がいいのです♪


【関連記事】:「お父さんのももひき」と呼んでいたヨレヨレのTシャツ



アトピーが良くなった今でも、素肌に直接着るものはコットンかシルクじゃないと、肌が困っているのが分かります。ニットのタートルネックなどを着ると未だに湿疹が出てしまいます。



そんなサハラは、パジャマはあまり着ない派です。


いつもはTシャツ+スエットパンツなのですが…。Le Berceau Blanc(ル・ベルソ・ブラン)のパジャマ
が来てからパジャマ派にすっかり寝返ってしまいました(笑)。これこそ、着てもらわないと分からない!と声を大にして言いたくなる肌心地の良さなのです(≧▽≦) この肌心地の良さには素材の秘密がありました。



徹底的にノンケミカルにこだわり、複合素材繊維加工技術により、肌にあたる面の約90%をシルクにすることを実現しました。表はノンケミカルなシルク、表はオーガニックコットンという新しい感覚の素材です。ふたつの天然素材が呼吸をしているため、汗をしっかり吸収・放散し、いつでもさらっとした肌触りです。ふんわりと空気を含むので温かさをキープ。「冬は暖かく、夏は涼しい」理想的な素材です。【Le Berceau BlancのHPより抜粋】



子供が口に含んでも害のない、優しいノンケミカルな素材を使って作られたパジャマなのでした。そりゃ着心地・肌心地がの極上のはずだわ~。それにプラスして、サハラを喜ばせたこだわりが数点ありました。




e0354593_11231362.jpg


まずはネック部分にタグが付いていないこと。


ここにタグがあると首の後ろが摺れてしまって痛くなってしまうのです。洋服を買って始めにすることはタグを外すことです。アパレル会社はmayuさんのところのようなスタンプ
タグを見習えばいいのになぁと常々思っておりました。




e0354593_11231382.jpg


で、ですね。


Le Berceau Blancのパジャマのタグは左の袖口に付いておりました。肌に優しくミルキーホワイトの生地にポイントになってて素敵です。




e0354593_11231385.jpg


実は、サハラは縫い目も苦手です。縫い目で肌が荒れちゃうことも多々経験しています。赤ちゃん用の肌着みたいな縫製にしてくれるといいのになぁと、この点も常々思っていました。



Le Berceau Blancのパジャマは、縫い目が折り伏せ縫いされていて、これなら柔らかくて刺激に弱い脇の下の皮膚も大丈夫です、嬉しっ♪


e0354593_11231404.jpg


そして、さらに、ボタンが貝ボタンなんです~♪


これは肌心地とは関係ないのですが、実はサハラは貝ボタンが大大大好きなのです。去年の今ごろ作った魔女のコートに付けたのも、イギリスの100年前の黒蝶貝のボタンでしたし。




e0354593_11231400.jpg


最後に。


ズボンのウエスト部分はゴムです。個人的にはゴムじゃなくて紐でしばるタイプの方がいいな、そう思うのですが、本製品は紐タイプのようです。(サハラの元に届いたのはサンプルで本製品ではありません)



洗濯表示には手洗いマークが付いていますが、サハラはネットに入れて洗濯機で洗っています。特に問題はありません。(が、あくまでも個人の判断ですので…)



お値段が高いので気軽に買えるものではありませんが。これからの自分の生活は、モノを少なくし、自分の好きなもの、自分にとって価値のある厳選したものに囲まれて過ごしたい…、そんな風に思っているので、もう1枚
Le Berceau Blancパジャマを購入して、長く大切に着続けていきたい、そう思っています。




アトピーや高齢者など肌弱者のことを真剣に考えていらっしゃるという、Le Berceau Blancパジャマを作っている会社の社長さま、お声をかけてくれたmayuさん、このたびは極上のパジャマをありがとうございました。このパジャマのおかげなのか、毎晩いい夢見ていま~す(*^o^*)



【関連リンク】


Le Berceau Blancパジャマ


mayuさんのブログ「ゆるっと、しゃきっと」


ピンクのパジャマが届いたmakikoさんの記事




[PR]
by ayakosahara | 2008-02-24 18:51 | アトピーのこと & 美肌 | Comments(6)

e0354593_11231454.jpg


いつでも行ける、そう思いつつ…。


積み立てしていたことも忘れるくらいの時間が経過して、「いつでも」が「いつか」になって、その「いつか」を具体化できずにいたサハラたち。



いつもは捨ててしまうクレジットの利用明細書と共に入っているパンフレット(ここにセゾン・UCカード会員限定「フリープラン得得2泊京都」
が紹介されていた)を捨てなかったこと。これが12月のこと。そして、友人Kの年賀状に「今年こそはASK会したいね。京都なんてどう?」のメッセージがシンクロして実現した今回の京都旅行。



あらためて考えてみると、2人と会うのは2年ぶり? 


もしかして3年ぶりかも。そのくらい久しぶりだったワケですが、東京駅で合流した時、全然久しぶり感がなかったね。知り合ってから30年以上の時間が経過しているという事実にはびっくりだけどね。 高校時代に濃密な時間を過ごしたとはいえ、卒業以降は進路も別々になって、会う機会も少なくなって…。



とはいえ。


サハラが帰省した時には3人で必ず会っていたんだよね。2人とも結婚が早かったけれど、「あやが帰ってきてるから」と、いつもサハラの実家に泊りがけで遊びに来てくれて朝までおしゃべりしたよね。「あやが帰ってきてるから」は免罪符みたいなもので、Sのご主人もKのご主人も「あやが帰ってきてるならしょうがないな~」と奥さんの外泊を許してくれてたね。あらためて、ありがとうございます。<SとKのご主人さま



サハラのアトピーが悪化して盛岡の病院に入院した時には、2人でお見舞いにも来てくれたね。あの時、心身ともにまいってて、人に会いたくない状況だったから誰のお見舞いも断っていたんだけどさ。「こういうことでもないと1泊で盛岡に行くことなんてないからさ~♪」なんて明るく言われちゃって断れなくて…。で、2人で盛岡まで来てくれたね。



真っ赤な顔したサハラを見て、「思ったより元気そうじゃない」だなんて言ってたけど、2人ともウソつくの下手だなぁと思ったよ。2人ともビックリしてた、笑顔が固まってたもん(笑)。翌朝、病院を抜け出して2人の泊まっているホテルに行ったら2人ともまだ寝てて、テーブルの上に缶ビールの空き缶がたくさんあって、笑えた。



久しぶりに2泊3日を一緒に過ごして、正直「?」と「!」と思うことがままあった。多分、SとKもサハラに対してそう思うことがあったんじゃないかな。みんな別の道を歩んで大人になったから、それはそれでいいんだよね、きっと。



昨日「先週の今ごろは、お箸屋さん
にいたのにね、1週間経っちゃったね」ってメールしたら、Sからは「ダイエットはじめました。成功するように祈ってて」(←旅行中、長生きするためにもダイエットしろとサハラたちが指令を出した 笑)、Kからは「お箸を見るたびニマニマしています」との返信が♪



楽しかったね~、また一緒に旅行しようね。


[PR]
by ayakosahara | 2008-02-24 15:59 | Voyageの記録 | Comments(0)

e0354593_11231476.jpg


【今日の写真】


夫特製お好み焼き。サハラは中濃ソースとウスターソースを半々にかけて、かつお節と青海苔をたっぷりかけるのが好きなのですが、青海苔を切らしてた~、残念~!!!




京都から戻り、家に着いてまず思ったのは


家がいちばんいいなぁ~、ということ。



というのも。


京都でおいしいものをたくさん食べてきたというのに、お好み焼を食べ損ねてしまいまして。で、帰宅翌日に家で食べたのですが、「のんびり」+「あったか」だったこともあり(京都は寒かったのでした)、格別おいしく感じたことも家がいいなぁ~の大きな要因です(≧▽≦)



+ + +



ということで、京都旅行の続きです。


2日目の朝、Sの電話で話す声で目が覚めました。


おはよう。


あら~、そうなの。


うん、こっちは雪が降ってるの。


云々かんぬん。



傍らのKは、ポチポチとメールをしています。


メールの相手はご主人とのこと。


送った直後に返信が来て、Kの留守中にご主人が行っているスキー場でのことを云々かんぬんSと話してました。




サ:ふたりともマメね。


S:私がいないと調子が出ないよーだって。


K:あら~、ごちそうさま、仲がいいのね。


S:ひとりじゃお茶も淹れない人だからつまんないんじゃない。



サ:Kだってメールしちゃって仲いいじゃない。


K:ウチはいつもは会話がないけど、出たときくらいはね~。


サ:ふ~ん、そういうもんなんだ。私は出たら鉄砲玉だからなぁ。




SもKも、そして私も、結婚生活が順風満帆だったわけじゃなく…。


まぁ、なにもない夫婦とか家族ってないと思うけれど。


Sのご主人もKのご主人も、今回の旅行に2人を心よく送り出してくれたと聞いて、いい夫婦だなぁ、いい夫婦になったんだなぁと思ったりもして。いろいろあったもんね、2人とも。いや、サハラもあったけどさ。



そんな2人に触発されてサハラも夫にメールをしました。


こちらは、ちらほら雪が降っています。


ちょっと寒いけど楽しくやっています。


昨夜はひとりで飲みすぎてないですか?


では、明日には帰ります。







数分後





楽しんで。


短い返信が来ました♪


(酒量の問いに関することは書かれてなかったけど 笑) 





今回の京都旅行が実現したのも、みんな元気になったから。


みんなの家族がいい感じでまわっているから。


そして、みんなのご主人の理解ある優しさのおかげ。



そんな、あれやこれや。


いつもはあたり前に思ってるコトのありがたみが身に沁みた京都旅行でありました。

> 続く。








[PR]
by ayakosahara | 2008-02-22 11:35 | Voyageの記録 | Comments(2)

e0354593_11231411.jpg


【今日の写真】


あまりの寒さに絶えかねて飛び込んだ


お多福珈琲のウィンナーコーヒー。おいしかったです♪



+ + +



タイトルのASK会は


3人それぞれのイニシャルをとった通帳の名義です。



あやこのA


しのぶのS


けいこのK



ASK会と書いて「あすか会」。


その名前で郵便貯金に積み立てを始めたのいつからなんだろ?


通帳保管担当のSが古い通帳を紛失してしまい、3人の記憶も今ではもう記憶の彼方。確か「33歳の厄年に旅行に行こう」と始めたはずなんだけど。



最初は毎月1,000円ずつ。


地元にいるSとKが、月1ランチの時に通帳で1,000円ずつ。


東京にいるサハラが月末にカードで1,000円を入金。



そのうち、2,000円、3,000円と積み立て金額をアップして、気がつけば33歳はあっと言う間に過ぎ去って、今年こそ今年こそと思いつつも、3人のうち誰かの体調がダウンしたり、誰かの親が入院したり、誰かの子供がグレたり(笑)、ふくれたり(笑)。そんなこんなで、気がつけば積み立て金が50万円を超えていました…。



いつ行けるか分からないから、


しばらく積み立てはお休みしよう。



気がつけば、お休みしてからかれこれ10年近くの時間が経っていて、いつしかその貯金の存在も忘れてしまうほど、3人3様みんなそれぞれ忙しかったんだなぁ、この10年…、とちょっとしみじみ。



途中1度だけサハラが海外に移住するかも?騒動の時、SとKがこの積み立て金を使って壮行会を開いてくれて5万円ほど使用したけど、それでも今回の旅行のために残高をチェックしたところ、利子もついて残高が47万円ちょっとになっていてびっくり!!!



ひとり15.6万円!!!



どうする?


どこ行く?


香港とかベトナムとか海外にも行けるよ?



あ、そういえば20歳の時に3人で京都に行ったね。


じゃ、28年ぶりにまた京都に行こうか?


そうだね、そうしよ!


なんかセンチメンタルジャーニーだね~。


なワケないじゃない、おばちゃん3人でうるさいだけだよ(笑)。



ということで、行き先は京都に決定!!!


今回の京都旅行は、以前書いたようにセゾン・UCカード会員限定「フリープラン得得2泊京都」
を利用したため、交通費と宿泊費は24,300円と超格安に済みました。しかも往復の新幹線はグリーン車利用!!!



残り、ひとり13万円ちょっと。


大名旅行でいこー♪となった次第。




思えばこの積み立て貯金、なにがきっかけだったかというと。


サハラの姉が友人としていたのを真似て始めたんだったと、今回の旅行中に思い出しました。サハラの一番上の姉と2番目の姉と、その共通の友人の3人で。残念ながら姉の友人は不治の病に罹り旅行は実現したものの…。「でも間に合ってよかった、あの時一緒に旅行に行けてよかった」と、彼女が亡くなってから2人の姉は口を揃えてそう言っていたことを覚えています。



いつまで元気に長行きしよう。


そして、また旅行を一緒に来よう。



次は屋久島がいいな。


縄文杉を見に行きたいな。



いいね~。


いでしょ~。


今の体力じゃ3人とも無理だから、運動しよう。


よしっワタシ、朝晩のストレッチ運動がんばるよ。


ストレッチだけじゃ間に合わないよ~(笑)。



> 続く。







[PR]
by ayakosahara | 2008-02-20 11:44 | Voyageの記録 | Comments(2)