いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

e0354593_11182602.jpg



着物de京都 秋の巻 −伊右衛門 秋のお茶会編−
からの続きです。



+++



お茶会を堪能したあと、八坂倶楽部からほど近い花見小路の「やげんぼり
」でおいしい点心ランチをいただきました。お腹もいっぱいになって、「さぁ~京都の町を散策しましょ♪」と思ったところで空から雨がこぼれ出しました。



着物姿のsakaeさんに「もうこうなったら、おはしょりして歩く?」と聞いたら、「内股で歩けば跳ね上げないから」とのこと。着物の師匠は少々の雨でもめげません。ふむ、そうなんですね。このあたりから、sakaeさんは頼もしいナビゲーターに変身したのです。



和モノ好きのsakaeさんが行きたい店は、サハラのそれともマッチしており、ふたりで雨にも負けず人混みにも負けず、京都お買い物散歩が始まりました。



e0354593_11182619.jpg


最初に行ったのは、ガーゼ手ぬぐいの「RAAK
」。



いや~、どれもこれも惹かれる柄ばかりで、店内を行ったり来たり。「ここからここまで、全部ください!なんて言ってみたいね~」「宝くじが当たったらね」などと言いつつ、sakaeさんはご両親へのプレゼントを、サハラは友人への誕生日プレゼントにスカーフサイズの柄手ぬぐいと、ミシン倶楽部の友人へミシン柄のハンカチをチョイスしました。




e0354593_11182630.jpg


自分用にも2枚買っちゃいました(≧▽≦)




次は、RAAKの数件先にある原了郭
で、黒七味と山椒を購入。


だんだん雨が激しくなってくるし、荷物は増えてくるし


sakaeさん大丈夫?



「このあたり(八坂界隈)は混んでいるから、三条まで移動しましょう」


ナビゲーターと化していたsakeさんは雨にもめげずぐんぐん歩きます。こんな雨の日は、アーケードの多い京都の町はありがたいのですが、やっぱりsakaeさんの着物が気になります。




e0354593_11182648.jpg


人混みをかき分け、激しく振り出した雨にも負けず、三条まで歩いて着いたところは「みすや針
」さん。



sakaeさんは和裁もしているので、ここの針を買うのをとても楽しみにしていたとのこと。針にも良し悪しがあって、ここの針を使うと他の針は使えなくなるほどの使いよさ…なんですって。




e0354593_11182667.jpg



小さなお店の中には、ご夫婦と思われるおふたりが迎えてくれました。sakaeさんがおかみさんに相談しながら、和裁仲間や刺し子をはじめられたお母様への針を選びはじめました。



なにを聞いても、柔らかい京言葉で立て板に水のように答えてくれるおかみさん。その幅ひろい知識にびっくりしましたが、「工業品との違いが無ければ、一生懸命作っている職人が浮かばれません」とのひと言に、針への愛情とプライドが垣間見えました。



てきぱきした対応のおかみさんと、「狭い店ですんまへんなぁ~」などと柔らかい接客する旦那さん。コントラストがはっきりしているご夫婦で、見ていてとても和んでしまいました。




e0354593_11182755.jpg


サハラが買ったのは、この2点。



職人さんがひとつひとつ手作りしたというジャックラッセルテリアの待ち針1本と、ドレスピン(ミシンもかけられる待ち針)をひと箱。ドレスピンは、いつもお世話になっているソーイング教室の先生にプレゼントするつもりです。




このあとに、村上重本店
で漬物5点を買って、けっこう荷物が重くなりました。そろそろお腹も空いたし夕飯を食べようと、sakaeさんお勧めの釜飯月村
に行ったのですが、けっこう雨が降っているというのに、店先には行列が!お店をのぞいて待ち時間を確認すると、30分は並ばなくてはならないとのこと。



荷物は重いし、帰りの新幹線の時間も気になるし…。


なにより、降りしきる雨の中、軒下もない店先で30分以上も待つなんて。sakaeさんの着物が気になって、「時間的にちょっと厳しいかも、他にしようか…」と言ってみると、「ここの釜飯は逃さないほうがいい」と名残惜しそうに言うsakaeさん。



そんなやりとりのあと、結局、帰りの新幹線の時間まで残りが微妙になってきたので、釜飯月村の前にあるレストランコロナ
に入いることにしました。



帰ってから気になって、釜飯月村のことを探してみたらこの記事と遭遇


sakaeさんが雨の中でも待って食べたかったのが分かりました。ごめんね~。次回のお楽しみということで許してくださ~い。




e0354593_11182752.jpg


とはいえ、レストランコロナ
も食いしん坊のsakaeさんが以前から気になっていた店とのこと。



名物の玉子サンドがこれっ!


ぶ厚い玉子焼きをはさんだサンドイッチが、こんなにあって500円♪マスタードがきいていて、ボリュームも味も満点です。




e0354593_11182703.jpg


玉子サンドに加えて、手前がサハラが頼んだポークカツレツ。


奥がsakaeさんオーダーのハンバーグです。



ハンバーグの上には目玉焼きがのっていましたが、sakaeさんは半熟が苦手なのでとお願いしたらスクランブルにしてくれました。どちらも800円なり。我が家では最近フライものする機会が減ったので、なんだか久しぶりにポークカツレツを食べて、満足まんぞくでした!



「じゃ、そろそろ京都駅まで戻りましょう」


「そうだね」



京都駅に戻ったのが19:30頃でした。


お菓子を買うというsakaeさんの荷物を預かり、サハラはお茶を飲んで待つことにしたのです。



「20:36発だから、遅くても15分くらいまでに戻ってね」


「30分くらいあれば終わるから」



コーヒーを飲みながら、「チケットを出してポケットに入れおこっと」と思い、何気なくチケットを見直したら…。



えっ?(・・;)


20:15発って印字されてる!




なぜだか東京着22:36の36を発車時間と勘違いしていたのです。


20:15に戻ればいいよって言っちゃった…。


sakaeさんを探さなきゃ…。


乗り遅れたら、東京まで立って帰ることになっちゃう…。



この時点でサハラのケータイはバッテリー切れとなっていました。慌ててコーヒーショップを出て、sakaeさんを探し出しました。 かなりドキドキしましたが、sakaeさんはすぐ見つかり、帰りの新幹線を逃すことなく無事に乗ることができました。



ホームの上は人であふれており、数分ごとに発車する上りの新幹線では「駆け込み乗車はご遠慮くださ~い」などのアナウンスが何度も流れています。山手線や地下鉄じゃないないのに…と、びっくり!



のぞみに乗って席に落ち着いた頃には、「混雑のため自由席への車内販売はありません」とのアナウンスが入り、あらためて指定席を取っておいて良かった~と安心しながら、夢の中に落ちていったサハラでした。




sakaeさんへ。


大変お世話になりました。京都での午後、ナビゲーターをすっかりお任せしてしまいましたが、おかげで京都でのお買い物とおいしいものを堪能することができました。約束していたアレ、お渡しするのを忘れてしまったので、また近いうちに会いましょね。銀座のおいしいランチを開拓しておきます。ほんとに楽しい1日でした。どうもありがとう、また♪



【追記】


9月末の退院以来、日々元気度がアップしているものの、丸々1日外出するのはこの日が初めてでした。長い時間外出していると体が乾燥してしまい、パリパリしてかゆみを伴ってくるのです。なので、ウルトラマンのごとく地球(外出)滞在時間が限られていたのでした。



けれど、この日の京都は午後から雨となり、乾燥を心配していたサハラにとっては恵みの雨となりました。心配していた肌の乾燥もそれほどではなく、朝の6時半に家を出て帰宅が23時半過ぎでしたが大丈夫でした。楽しい時間は、心も体も上向きにしてくれるのですね。いいリハビリとなりました♪


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-30 00:32 | 天然生活 | Comments(6)

e0354593_11182708.jpg



★ 着物de京都 秋の巻 −京都駅到着編−
からの続きです。



帰りの新幹線の指定席もどうにか取れ、ほっとしながら今回のメインイベントである「伊右衛門 秋のお茶会
」の会場である祇園甲部歌舞練場内の八坂倶楽部に向かいました。


祇園甲部歌舞練場は「都をどり」の開催場として大正二年に建設された劇場建築で、良質な檜で造られた建物です。八坂倶楽部の2階には132畳の広大な舞台座敷があり、奥には美しい廻遊式庭園を有し、平成13年、文化庁より登録有形文化財に指定されています。

一般人がめったに中に入れないというこの建物に入れるだけでも、期待が大きく膨らみます♪



e0354593_11182799.jpg


入り口では、舞妓さんがお出迎えです。


お人形さんみたい(*^o^*)

e0354593_11182815.jpg


伊右衛門ののれんをくぐると…。




e0354593_11182891.jpg


そこには、伊右衛門ができるまで ~福寿園の伝統と革新~ の展示がされており、係りの方に伊右衛門ができるまでの説明を受けました。


参考:茶匠の目と手



今年はもの作りの現場に伺い
、いつくもの興味深いお話を聞く機会に恵まれました。その度、もの作りの現場の人たちのこだわりや愛情に接し感動を受けてきました。



清冽ともいうべき妥協を許さない厳しい姿勢と、温かな愛情の共存。長い時間をかけて作られる「もの」と、次世代に繫いでいく伝統。そんな話を伺ったあとには、いつもスーパーやコンビニで見慣れたそれらの商品が違って見えたものです。




e0354593_11182812.jpg


さて、いよいよ「一期一会 秋のお茶会
」の始まりです。


まずは、福寿園 茶匠特製 氷淹し碾茶をいただきました。


香り高く、やわらか~い甘いお茶でした。



【碾茶とは:サントリー資料より引用】


抹茶の原料のことで碾茶を石臼で挽くと抹茶になります。非常に貴重な茶葉で、京都府が全国で生産量トップを誇ります。茶畑に覆いを被せ、太陽光を遮って育成した、旨み成分が非常に豊富な茶葉を蒸した後、煎茶のように揉むことなくそのまま乾燥させて作るため、独特の香気と甘みを持っています。普段、石臼で挽いて抹茶にするところを、今回は福寿園の茶匠が特別に「氷出し」で淹れ、普段では味わうことができないお茶の愉しみを体験していただきます。



e0354593_11182831.jpg


次は井上流の京舞です。



幸運にも最前列に案内され、文字通り目の当たりで京舞を観せていただくことになりました。隣にはアメリカ人と思われるご婦人がいらしたので、拙い英語で話しかけてみました。



「こんにちは、どちらからいらっしゃったのですか?」



「アメリカです。ニューヨークやフロリダほど有名じゃないけど、ミシシッピ州からなの。知ってますか?」



「行ったことはありませんが知っていますよ。私は以前アメリカに住んでいたことがあるんです。昔々ですが(笑)」



「あら、そう?どこに住んでいたの?」


「カリフォルニアのバークレーです」



と、そこまで話したところで


カァーンと拍子木が鳴って京舞が始まりました。



拍子木の意味、着物の帯はなぜ後ろで結ぶのか、など、日本文化を説明する英会話を学んでいたことがありました。その話題には今回も行き着けませんでした…。行き着いたとしても、サハラの英会話は錆付いていますのでうまく説明はできなかったと思いますけれど(笑)。





e0354593_11182890.jpg


祇園甲部 小富美さんによる京舞です。


妖艶なんです。


迫力なんです。


ピッと背筋が伸びました。




e0354593_11182800.jpg


京舞に続いて、祇園小唄で舞妓の皆さんが舞われました。



e0354593_11182871.jpg


月はおぼろに 東山~ ♪


チトシャン

e0354593_11182877.jpg


霞む夜毎の かがり火に
 

e0354593_11182966.jpg


夢もいざよう 紅ざくら ♪



e0354593_11182918.jpg


しのぶ思いを 振り袖に

e0354593_11182949.jpg


祇園恋しや だらりの帯よ ♪


チトシャンシャン



いや~、お座敷遊びってこんな感じなんでしょうか。左から○番目の舞妓さんが可愛かったねぇ~と、sakaeさんと盛り上がっていたのもつかの間、お茶席への移動となったのですが、サハラは足がしびれて動けません(汗)。



「最前列の方からこちらへどうぞ」と係りの方に促されるのですが、今立ったら間違いなく転がってしまいます。



やばい…。(・_・;)



どうにか膝立ちになり、座敷の端まで膝で移動して柱につかまりつつヨロヨロと立ち上がったのですが、恥ずかしかったです~。なにしろ、最前列に座っていたため、会場内にいた人たちがサハラの膝移動を見ていたのですから(><;)




e0354593_11182914.jpg


さて気分を取り戻して、本席です。


立礼(いす席)なので、足のしびれを気にすることなく楽しめました。

e0354593_11182968.jpg


茶事独特の髪型をした芸妓豆花さんがお点前を披露しました。自前の髪で「京風の島田」を結ったのは8年ぶりとのこと。



e0354593_11182913.jpg



e0354593_11182954.jpg


ひとつひとつの所作がきれいです。



e0354593_11183000.jpg


菓子も紅葉しています。



e0354593_11183071.jpg


あでやかな着物姿の舞妓さんがおもてなしをしてくれました。

e0354593_11183062.jpg


舞妓さんたちのお見送り。




e0354593_11183048.jpg


ふと、窓の外を見れば、見事な紅葉が!



京舞、お茶、紅葉。


日本文化と季節の風情のコラボレーション。



おもてなしや思いやりの心を受けて生まれる感謝の気持ち。


幾重にも絡まる温かなコミュニケーション。


日本人に生まれてよかった。


穏やかで礼儀正しいひと時でした。



もう一度、日本文化を英語で話せるようになりたいな。


昔々習っていた小唄のことを、久しぶりに思い出したりも♪



26日、お世話になったすべての皆さまに心からお礼申し上げます。毎日きめ細かく生活する大切さを、あらためて考えるきっかけをいただきました。ありがとうございました。



春にも行われた伊右衛門のお茶会ですが、毎年恒例になるといいですね♪ 関西方面にお住まいの方は、サントリーの公式ホームページをチェックするのをお勧めします。プレゼント企画など多く、イベント情報なども満載です。あっ、今ならサントリー「ダイエッツ」広告出演モニターを募集
していますよ(12/8まで)。


参考:サントリー公式ホームページ



着物de京都 秋の巻 −お土産&夕食編−
へ続く。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-29 13:31 | 天然生活 | Comments(4)

e0354593_11183043.jpg


着物姿が素敵なsakaeさん



着物de京都 秋の巻 −行きの車中編−
からの続きです。



+++



あれやこれやと楽しいおしゃべりが続き、あっと言う間に京都に到着しました。ホームから降りてびっくりしたのは、あまりに多い人の数でした。人、ひと、ヒト…。



サハラが初めて京都に行ったのは5歳の時だったと記憶しています。旅館組合の旅行に行く母と一緒に、寝台車に乗った記憶があります。



中学校と高校の修学旅行、そしてハタチの記念旅行。仕事での出張、京都に嫁いだ友人を訪ねたり、海外からの友人を案内したりと、今まで10数回は京都を訪ねたことがありますが、こんなに人が多かったのは初めてでした。旗を持つ人を先頭に、団体客もたっくさんおりました。



到着したばかりの京都の混雑ぶりを見て、「帰りの指定席を今から取っておいた方がいいね~」と、自動指定機にチケットを入れたのですが…。


17時台 ×(禁煙席) ○(喫煙席)


18時台 ×(禁煙席) ○(喫煙席)


19時台 ×(禁煙席) ×(喫煙席)



あらら、紅葉シーズン&日曜日の夜が重なって、禁煙席は満席です。そりゃそうですね。20時台でやっとバラバラながらも禁煙席の指定が取れました。



「帰りはきっと寝ちゃうから、バラバラでもいいよね♪ 20時36分発だから、どこにいても20時にタクシーに乗れば間に合うね。ゆっくり遊べそうだね。じゃ、チケットは分散しないように私がまとめて持っているね」



と、お姉さん風を吹かしながら、サハラが2人分のチケットを預かったのです。が…、ワタクシは自分で思っているより、しっかりしていないのですね。この20時36分発という思い込みが、帰り際にドキドキする自体を招くのですが、この時、これから始まるであろう楽しい京都の1日に思いを馳せているふたりは、そんなことを知る由もないのでした。(^_^;)



+++



着物de京都 秋の巻 −伊右衛門秋のお茶会編
−へ続く


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-28 22:33 | 天然生活 | Comments(2)

e0354593_11183112.jpg




着物de京都 秋の巻 −出発前のあれこれ編−
からの続きです。



+++


「ワタシ、晴れ女だからきっと大丈夫だよ」



着物姿のsakaeさんにそんなことを言っているうちに、出発の時間が迫ってきました。ホームに上がろうと改札を入ると、紅葉に染まる「そうだ 京都に行こう」のJR西日本のポスターに目が留まり、モブログしようと立ち止ったのですが…。そこは、エスカレーターに乗る寸前の位置であり、急に立ち止ったために後続の人がぶつかってしまいました。



「あ、ごめんなさい」



ケータイをおろしつつ後続の人に謝ると、どこかで見たことがある人なんです。えと、誰だっけ?



「あー、内藤剛志
さんだ」



サハラを残してエレベーターに乗ってしまった形になったsakaeさんは、後ろを振り返りつつもホームに上っていってしまいます…。サハラは「先に行ってて、これ(ポスター)写真撮ってくから」と手ぶりをしつつ、「内藤剛志さんだよ」と口パクしたのですが…。ホームで合流したsakaeさんにそのことを伝えると、



「えー、ぜんぜん分からなかったー。私、ファンだったの…。会いたかったなぁ」



あらら、sakaeさんのすぐ後ろにいたので、てっきり内藤剛志さんが目に入っていたかと思っていました。そこで、ひとしきり芸能人と会いやすい人、そうじゃない人、などという話題で盛り上がり…。



なんのこっちゃ。



とにもかくにも無事に乗り遅れることなく京都へ向け、のぞみは走り出したのでした。で、話題はサハラの壊れたパソコンのことに。ブログって不思議なもので、すごく久しぶりに会うのにいつも会っているように思うのは、お互い相手のブログを読んでいるからなんですよね。



sakae: やっぱり、わださん方式
にしたの?


サハラ:そうそう。わださん方式にしたのよ。楽天で初めてショッピングをして、ポイントの使い方も初めて知ったの。



sakae: えぇ~!楽天で買い物したことなかったの?


サハラ:うん、初めて。あんまりモノを買わないから。



sakae: 金曜日に買ったって言った?


サハラ:うん、金曜日。でも週末をはさんじゃうから、月曜配送で届くのは火曜日なの。いちばん間の悪い日に買っちゃった。



sakae: 楽天カード持ってる?


サハラ:うん、楽天で買い物をしたことなかったけどカードだけは持ってる。



sakae: えぇ~、じゃあカード決済すればポイント3倍ついたのにぃ。あれっ、2倍だったかな?とにかく金曜日の買い物ってポイントがお得のはずだよ。


サハラ:ありゃ~、知らなかった。



それから延々、こうすればヘソクリが貯まるとか、マイルを効率的に貯めるにはなどなど、お得話題が続き、窓の外を見れば晴れ間も見えてきて、「ほぉら、晴れ女でしょ~♪」なんて言いつつ、私たちを乗せたのぞみは一路京都へ進んだのでした。(京都到着後、乗ったタクシーのフロントガラスには、ポツリポツリと雨が落ちてきましたが…。詳しくはのちほど)



そうそう、あのねsakaeさん。


あの時話していた「世の中ににポイントに交換できないものはない」と言っていた人の本は、こちらです。





おがわ ゆう

陸マイラーで行こう! らくらく貯まる マイレージ超入門


+++



★ 着物de京都 秋の巻 −京都駅到着編−
へ続きます。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-27 16:41 | 天然生活 | Comments(2)


e0354593_11183126.jpg



昨日、日帰りで京都に行ってきました。


春、夏にひきつづき、今年3度目の京都となりました。



今回のメインイベントは、「一期一会 秋のお茶会
」と銘打たれた伊右衛門のお茶会に参加すること♪



春のお茶会で、着物de京都デビュー
を果たしたサハラですが、ならば今回は「着物de京都 今度はふたり編」をしたいと目論み、アメブロで仲良くさせていただいている着物の葛篭のsakaeさん
をお誘いし、ご一緒することになりました。



sakaeさんは自宅で建築関係のお仕事をしていますが、仕事中はもちろん毎日着物を着て過ごすなど、楽しみながら着物生活を実践している方です。着物まわりのことや【和】な暮らしのあれこれ、日々綴られるブログは着物好きには必見です。サハラは着物で困ったことが起こるとsakaeさんのところに駆け込み、どうにか悩みを解消しています。



最近では着付け教室を自宅ではじめるなど、ちっちゃな体のどこにそのパワーがあるのかと思うほど活動の幅を広げています。サハラは昔々着付けを習い、どうにか一人で着られるようになったものの、今では自己流の悪いクセをそのままに着付けてしまい、う~ん状態になることもしばしば。サハラの「そのうち、いつかリスト」には、sakaeさんに着付けのおさらいをお願いすることが、上位にリストアップされています。そんなsakaeさんとの「着物de京都 今度はふたり編」、とても楽しみにしていました。




今の時期の京都といえば、紅葉シーズン真っ盛り! 



着物で行きたいと思うものの人込みがなぁ~、とはいえsakaeさんと着物でご一緒する絶好のチャンスだしなぁ~。などと、着物で行こうかどうしようかと悩みつつ、sakaeさんに「どんな着物にします? 私は紫地の四君子かな。帯は悩み中」などと投げかけると、「私は締めたい帯に合わせて、海老茶か濃い赤紫の色無地にしようかなぁと思ってるのですが。やはり紬っていう感じでもありませんものね、京都は…」との返信があり、やっぱり着物で行こうと思っていたのです。 



とはいえ、女心と秋の空。


ま、最終的には お天気次第かな。


そう思っていたのです。えぇ、サハラとしては…。



2日前になり、当日の待ち合わせ場所と時間の確認メールを送ったところ、sakaeさんから「ちょうど、紅葉も良くなってきた感じですし、秋の京都、楽しみです~。お天気も良さそうで、良かったですね♪」との返事が…。



んっ?


お天気、良さそうだったっけ?



さっき見た天気予報では、週末は西から崩れる模様と言ってたような気がするんだけど。ま、いいや。当日の朝、確認すればいいんだし…。着物に慣れてるsakaeさんだもの、そのあたりは抜かりはないでしょ。気にはなったものの、それをsakaeさんに告げることなく出発の日を迎えてしまったのです。




そして、5時に起きた昨日の朝。


天気予報を確認したところ、


京都地方 降水確率 午後60%以上


時間がたつにつれ荒れ模様となる予報




ふむ、残念ながら着物はあきらめよう。


またの機会ということもあるしね。




がっ!


東京駅に現れたsakaeさんは


素敵な着物をお召しになっていたのです~。




サハラ:今日の京都、午後から崩れるって天気予報が…。


sakae :えっ、ぎゃっ、ほんと!



サハラ:最終確認メールの頃から予報は下り坂だったの…。


sakae :え~っ、そうだったのぉ~。



サハラ:う、うん。言えばよかったね。


sakae :傘もないしぃ~(涙)。



サハラ:私、折りたたみ傘を持ってきたから…。


sakae :あ゛~っ。



+++



と、こんな感じで、「着物de京都 今度はふたり編」改め「着物de京都 sakaeさんだけ編」はこうしてはじまったのでした。珍道中、しばらく続きます(笑)。




【本日の教訓】


・旅行に行く相手には(初めての場合はことさら)、待ち合わせ等の連絡は記録が残るメールは便利だが、文字だけでは細かいニュアンスが伝わらないことがある。せめて、一度は電話でコミュニケーションをとろう!



sakaeさん、ごめんね~。


お忙しいと知っていたので、お時間とお手間を取らせないメールでと思ったのが仇となりました~。



着物de京都 秋の巻 −行きの車中編−
へ続きます。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-27 14:04 | 天然生活 | Comments(2)

洋食屋さんにて



ぶ厚い玉子サンド。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-26 19:42 | モブログ | Comments(2)

みすや針にて



縫い針、物色中♪


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-26 16:34 | モブログ | Comments(0)

舞妓さん



お人形じゃありません。
ほんとの舞妓さん♪ きれいです。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-26 11:04 | モブログ | Comments(0)

みたび京都へ♪



お天気がちょっと心配ですが、紅葉は見頃かな。


[PR]
by ayakosahara | 2006-11-26 08:46 | モブログ | Comments(2)

おとといは師走並みの寒さでしたが、今日はぽかぽか陽気の東京地方です。気温の変化は体調の異変につながりがちなので、気をつけなくちゃと自分に言い聞かせています。みなさんも風邪などにご注意くださいね。



さて、スキンケアアイテムをとにかく数を試している最中のサハラですが、なにを基準にしているかといえば、試すプロセスでもっとも重きを置いているのは、「肌感覚」です。といっても、肌感覚は個人個人で違いますので、ここから先はあくまでもサハラ個人の使用感をまとめたもの、ということを最初に明記しておきます。



現在、顔の調子はいいんです。


問題は両腕と背中です。アトピーで炎症を起こした後遺症ともいうべき乾燥が残っています。極端なことを言えば、顔はなにを塗ってもつけても大丈夫ですが、両腕と背中は塗るものを選ばないといけない状態です。なので、今回は乾燥の激しい両腕に各社のサンプルを塗って保湿力を比べてみました。



サハラは、なるべく毎晩デトックス効果を期待して30分近く半身浴をしています。洗顔にはサヴォンアンベリール
を愛用していますが、今は体全身にも使っています。以前、右肘にあった1円玉大のアトピーが、サヴォンアンベリールで洗い続けるうちにターンオーバーが促進されたのか代謝が良くなり、自然治癒力がアップして良くなったこと
がありました。なので、今はたっぷりの泡で全身をパックしています。



今まで入浴後は、お風呂から上がりタオルで水滴をふき取ったとたん全身が乾燥してしまうので、1秒を争うように慌ててスキンケアしていたのですが、心なしか、乾燥度が少しだけ下がったようで、ちょっとだけ落ち着いてスキンケアができるようになりました。







ところで、石けんって小さくなると泡立ちが悪くなりませんか?


サハラは小さくなった石けんを新しい石けんにくっつけて使っています。


↑こんな感じ。



小さくなった石けんは、半身浴が済んでお風呂をあがる頃になると湿気で柔らかくなっています。その状態の時に新しい石けんに重ねると、うまく一体化するんです。こうすると石けんを最後まで使い切ることができますし、泡立ちも良くなります。




さてさて前置きが長くなりましたが、スキンケアアイテムの保湿力、特徴や感想を、下記にまとめましたので、なにかの参考になれば幸いです。




保湿力はイオナの化粧水+薬用クリームを100として比較


IONA(イオナ)
無料


内容:洗顔料10g


化粧水12mg


薬用クリーム5g


サプライズプレゼントとして洗い流すメイク落とし15g、UVカット乳液3.5mlがついてくる。


(約1週間分)


保湿力:100


感想保湿力は抜群。肌感触がとても良いクリーム。その一方で使用感が重く伸びが悪いので、たくさん量を使うため
減りが早いので経済性は悪いかも。


保湿系アイテム50mlあたり価格:イオン クリームブリリアント4,490円



ニナファーム
3,200円 送料無料
内容サヴォン アンベリール35g 35g専用石けんケース
ローション 30ml
サボンネツト(泡立てネット)
オリジナルポーチ

(約3週間分)


保湿力:80


感想:ローション1本で「美肌」「潤い」「保湿」ができるので、お手入れが簡単。旅行などには便利だが、毎日使うには保湿力の点で少々物足りなく感じる。普通肌の人にはこれ1本で十文かもしれないが。


保湿系アイテム50mlあたり価格:アクティアージュローションエフェクティブ3,937円




アテニア
1,200円 送料無料
内容:洗顔料 30g
化粧水 50ml
日中用保湿乳液 18ml
夜用保湿クリーム
オリジナルポーチ
サンプルパウチ4点
(約2週間分)
保湿力:80


感想:ポーチの可愛らしさ&使いよさはNo.1です。また「高品質・低価格」を謳っているメーカーだけあって経済性は群を抜いる。エコパックなど、環境に配慮した姿勢に1票。


保湿系アイテム50mlあたり価格:ディエナジーミルク1,350円




味の素KK Jino
1,260円 送料無料
内容:アミノ酸洗顔料 25g
アミノ酸化粧水 25ml
アミノ酸美容液 15ml
アミノ酸メイク落とし 30ml
アミノ酸美容液 1包
オリジナルポーチ
(約3週間分)
保湿力:90


感想:肌の水分量を保つために不可欠なアミノ酸。そのアミノ酸がたっぷり入った化粧水は潤い感たっぷり。角質層のアミノ酸が不足する肌荒れの原因になるのだとか。乾燥で悩むアトピーの人などには要チェックアイテムです。


保湿系アイテム50mlあたり価格:アミノモイストエッセンス4,375円




あれこれ使ってみた結果、現在のサハラは、サヴォンアンベリール
で洗顔をはじめ体全身を泡パックして、アテニア
のポーチにメイクアップ品を入れ、味の素KK Jino
のアミノ酸系のスキンケアをしています。








化粧品を体全身に使うのはもったいないので、今はこれらを症状にあわせて使っています。キュレルをはじめ、メンタームEX、メンソレータムAD、メンソレータムAD20など、近所のドラックストアをこまめにのぞいては、安売りになるのを待って購入しています。




キュレル以外の3点は、かゆみ止めと保湿成分が配合されています。塗り心地などちょっとずつ違うのですが、お風呂上りの手足のケアに重宝しています♪




【追記】


ここまで書いて、はたと気が付いたことがありました。


そ・れ・は、MONO-PORTALが実施している≪最終回≫第3弾!MONO-PORTAL正式オープン記念トラックバックキャンペーン
のことです! 応募方法は至極簡単。「MONO-PORTAL」もしくは、このトラックバックキャンペーンに関する記事を書いて(どんな内容でもいいらしい)指定されたURL宛に、トラックバックをするだけなんです。



e0354593_11183295.jpg


★詳しくは↑をクリック!




実は、当選商品の中にサハラの欲しいものがあるんです。


そ・れ・は、通販で有名なムトウ
さんが提供している「エポラーシェ リンプル
」です。この美容液は、無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・界面活性剤無添加、パラベン不使用で肌に優しいこともさることながら、次のように、こんなにすごい点がたくさんあるんです。


1.ヒアルロン酸よりも粒子が細かいこと


2.保湿力を持つ「ポリグルタミン酸」をベースに、アロエエキスをコラボレートていること 


3.目元の気になるシワや年齢からくる乾燥に有効なこと 


4.保湿力が高いと言われるポリグルタミン酸をベースにアロエエキスを配合していること



この美容液なら、サハラの最大の悩みである乾燥を改善してくれるような気がするのですが…。当たるといいな~、と念を込めてMONO-PORTAL
へトラックバ~ック!!



[PR]
by ayakosahara | 2006-11-25 13:56 | アトピーのこと & 美肌 | Comments(0)