いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

あぁ~、すっきり!




先日、久しぶりに会ったかつて一緒に入院していた友人との会話。






友:「最近、体調はどう?」



サ:「体調はOKだけど、家の中がジャングル状態の時もあって…」



友:「いいんじゃない、散らかっていても」



サ:「洗濯物をたたむのが間に合わなくて…。


夫は山のように積まれた洗濯物の中から自分の下着を探し当てて、


発掘~っとか言ってるし。


家のことが後回しになっちゃうことに、ちょっと反省してるの最近…」



友:「いいの、いいの。そのくらいでちょうどいいの。


あんまり几帳面にしてるとまたアトピー出ちゃうよ」



サ:「そっか、いいかな…」




+ + +


明日洗おう…。


そう思っていた喪服を洗わないまままた着ることになって


激しく反省。



サハラは衣類をクリーニングに出すことがほとんどなく


喪服をはじめ


ダッフルコートも


夫のYシャツも


着物の長襦袢も、自分で洗っています。





「後でいいや」


いろんなことでキリキリ舞いするよりは


ちょっとルーズな方がいいと自分に言い訳していたけれど


やっぱりきれいじゃなくちゃ嫌だー!




朝から部屋中の雑巾がけをして


喪服をエマールして


下着や小物が入っている引き出しを整理して


タオルは耳を揃えて棚に入れ直し


ハンカチにアイロンをかけました。




あぁ~、すっきり!




部屋が散らかっていてもいいと思う。


キリキリ舞いするよりは、ずっといい。


無理は禁物なんだから、さ。




でもね、


着たものを椅子にかけないでクローゼットに戻す。


読んだ新聞はラックに戻す。


洗った食器は棚に戻す。


洗濯物は毎日たたんで指定の場所に戻す。




使い終わったものを元の場所に戻すだけで


部屋は散らからない。




簡単なこと。


それができない日々だった。


毎日やればなんでもない。


そう、毎日すれば溜まらない。


溜めなきゃ部屋は片付く。




今さらですが、きれいになると


気持ちがいいし、頭もスッキリ。




よし、いいぞっ!


いくぞっ!おー。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-28 07:13 | アトピーのこと & 美肌 | Comments(9)

ほっとひと息。




この週末、あちこちへ行ったり来たり


2週間前に着たばかりの黒服
をまた着ることになったり…。





そんな中、家に帰ると


こんなケーキが待っていて、ほっ。





ちょっと気持ちがちぐはぐなままだけど


新しい週がはじまりました。


元気出していこう。おー。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-27 11:54 | あれこれ | Comments(6)

和三盆のような女性。





最近どの会合に出ても


自分が最高齢だということに気が付いた。


ま、それはそれでよしとして。





先週のこと。


「先輩から後輩へのビシネスマナー講座」というテーマの宴席に


ご一緒させていただく機会がありました。




サハラはオブザーバーという気軽な立場での参加でしたが、


役をひとついただいておりました。





それは…。




「大切な得意先の女部長、ちよっとうるさ型で酒癖が悪い」


(笑)でした。




年をとるとこういう役が回ってくるのねぇ、


と妙に実年齢を実感したりして。





ま、その役回りはいいとして。


ビジネスマナー講座がひと通り終わったところで、


若くてハンサムなA君にある質問が飛びました。





「A君の好みの女性はどんなタイプ?」


ちなみに質問したのはサハラではありません、念のため。





A君は躊躇することなく発したひと言。


「親孝行な女性です」





A君いわく、


イマドキの女性は自我が強過ぎて


一緒にいても落ち着かないのだそう。





「親孝行な女性」とは、


自分が存在している全てのことに


感謝の気持ちを持って接することができる心優しい人…。


とのこと。





サハラはその話を聞いて、


先日の踊りの会
でいただいた和三盆で作られた和菓子を思い出した。




季節ごとの細やかな気配り、


目立たないけど芯のある存在感、


口の中で儚く溶ける品のある甘さ。




A君のいう「親孝行な女性」が梅を模った和三盆の和菓子に重なった。





で、


A君、いいこと言うじゃない。


私もね、【ワタシきれい】というワードに


そういう感謝の気持ちがいっぱい詰まっているの。


それでね、▲☆*:・$#^;^~■▽☆/・・・




その晩いただいていた


「大切な得意先の女部長、ちょっとうるさ型で酒癖が悪い」を、


しっかり果たしたサハラなのでした(笑)

+ + +


【和三盆】


日本産の粒子の細かい淡黄色の上等な砂糖。


江戸時代からもっぱら高級和菓子に用いられ、香川・徳島の特産。


中国から輸入したものを唐三盆とよんだのに対していう。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-25 12:24 | 天然生活 | Comments(4)




荒川静香選手のイナ・バウアー。





いまだに信じられません。
まさかメダルが取れるとは思っていませんでした。

今回のオリンピックは
精いっぱい楽しめればいいと思っていたので、ただビックリです。

パーソナルベストを2年ぶりに更新しましたし。
一つミスがあったんですけど、
今回楽しく滑ることができたので、それがすごく良かった。

オリンピックの雰囲気を味わえればいいと思って入ってきて、
結構冷静にショートプログラムから臨むことができました。
自分の演技ができればいいと、それだけ思っていました。

まだ信じられなくて、日が経つにつれて実感が出てくると思います。


<荒川選手談>


荒川静香選手、金メダルおめでとう!



栄光、挫折、苦悩、決意…。


想像を絶する世界があったんだろうな。



どんなに実力があっても、
それだけじゃ獲ることができないであろう金メダル。



最終滑走のスルツカヤ選手の採点が出たとき


「トリノオリンピックの女神は荒川選手にキスしました!」


アナウンサーがそう言ってたけれど、


オリンピックの神さまって、きっといるんだろうな。






神さまがどんな基準で金メダリストを選ぶのか


それこそ神のみぞ知る…、なのだけど


サハラにはオリンピックに出場している全ての選手が


輝く綺羅星に見えるのでした。





心からおめでとう。


そして、ありがとう。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-24 09:26 | あれこれ | Comments(0)

余波

今朝、嬉しいメールが届いた。




昨日、美容院へ行ったら、


そこにあった雑誌にあやちゃんの写真を見つけて、


おもわず、店員さんに「私の友達です!」と言ってしまいました。



「ワタシきれい天然生活」も、会社や山友達で、


アトピーの家族をもつ方たちに差し上げています。


私にとっては、ばたばたする自分の生活を見直すいいきっかけになっています。




小笠原で出あってから17年。


たくさんの海を一緒に潜った大切な友人。




今はお互い海から遠ざかり、


彼女は南米のアコンカグアに登頂するほど山に夢中だし、


サハラはサハラでネットの大海をうろちょろと泳いでいる。




年に一度の忘年会で会うたびに


来年こそ○○で潜ろう」と言いつつ



また翌年の忘年会で同じことを言って


「これってデジャブ?」とか言って笑い転げてる。




でも、きっと、また一緒に潜れるよね。




ショートステイじゃなくてロングステイできるくらい年を重ねたら


また一緒に小笠原に行こう。




その時は、またみんなを誘って小笠原に行こう!






[PR]
by ayakosahara | 2006-02-23 09:26 | 天然生活 | Comments(0)

視界が広がりました。




レーシック
以降、視界が広がりました。



彼は、そう言うのです。




以前は視力が悪かったこともあって、


歩く時に足元を見ていたんです。


でも今は、道の先を見て歩くようになりました。


今まで見えなかった道端の小さなものまで見えるようになって、


文字通り視界が広くなりました。



彼は、そうも言うのです。





彼が撮った風景


サハラには楽園に見えました。




視界が広がると


今まで見えなかった楽園まで見えるようになるのでしょうか。




それともリアルの世界がよく見えるようになったから


彼の心の中にある楽園がより鮮明に表現されるのでしょうか。




いずれにしても


彼の心には静謐な空間があるのだと、じ~んと感動。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-22 00:24 | 天然生活 | Comments(8)

NHKの「きょうの健康」午後8:30~45で、アトピー性皮膚炎が特集されています。放送予定は下記のとおりです。



正しく理解! アトピー性皮膚炎
2/20 なぜ起きる?アトピーのメカニズム
2/21 薬の効果と副作用
2/22 スキンケアのポイント



第1話は昨夜終わってしまいましたが、翌週の同じ曜日の午後1:05から再放送されます。



★きょうの健康Q&A
2/24  アトピー性皮膚炎に関する質問と回答



こちらは再放送はありませんので、ご注意ください。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-21 08:24 | アトピーのこと & 美肌 | Comments(0)

カモメと飛んだ日。



週末、ずっと乗りたかった湾内クルーズに乗ってきました。




出航からず~っとカモメがついてきて、しかも船と同じスピードで飛んでいるので、なんだか自分もカモメになって一緒に飛んでいるような、そんな錯覚を覚えるほどでした。




かわいいイメージのカモメの目が実はコワモテだということ。



乗客の手から餌をとるためにホバリングするのですが、その時に広がる尾っぽが太陽の光に透けてきれいだったこと。




そしてやはりホバリングする時、足に力を入れるのか、格納されていた足が広がって水かきがくっきり見えたこと。




生きてるってすごいな、と思ったり。


ダイビングに行きたいなぁなどと思ったりも。




カモメと一緒に空を飛びながら、潮風と青空があれば元気になれることを思い出した、楽しい休日でありました。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-20 14:09 | ひとりごと | Comments(0)

お会いしたかったです。

もう4年くらい前になるでしょうか。
姉夫婦が経営するレストランのホームページを作ったことがありました。



とても稚拙な内容で「ご注文はメールでお願いします」としておき、サハラのパソコンに注文メールが入ったら(パソコンのない)姉宅へファクシミリで連絡し、姉の方からお客様に商品を送る。そんな牧歌的なホームページでした。



どういうきっかけでそのメルマガを知ったか今では記憶にないのですが、郡山の渡辺さん
が「無料ホームページ診断」をしてくれることを知り、お願いしたことがありました。



渡辺さんからたくさんのアドバイスを受け、ホームページの手直しをしている内に「笑顔屋本舗の徳ちゃん
」の存在を教えていただいたのでした。そのご縁で徳ちゃんとメールをやりとりがはじまりました。



そうこうしている内に、ある日、徳ちゃんから郵便が届きました。中には温かい徳ちゃんの言葉で綴られた冊子が入っていました。



会ったこともない見ず知らずのサハラが作った、稚拙なホームページへのアドバイスをたくさんいただきました。その後、サハラが海外で数ヶ月過ごすことになったり、姉たちの店の変化などにより、そのホームページを閉じることになった報告をしたときも、「またやればいいよ」と優しく声をかけていただきました。



サハラにはいつか会いたいと思っている人がいます。
そのひとりが徳ちゃんでした。



その徳ちゃんが、昨日2月18日の夕方に急逝されました。



徳ちゃんとのご縁をつないでくれた渡辺さんのメルマガでそのことを知りました。そのメルマガの内容を引用させていただきます。



↓↓↓ここより引用↓↓↓


こんにちは! フォーサイトの渡辺です。

このメールマガジンでお知らせすべきことなのかどうか迷ったのですが・・。きっと徳ちゃんとご縁のあった方も多いと思いますので、お知らせいたします。



このメルマガでも度々紹介してきた、あの笑顔屋本舗の徳ちゃんが亡くなりました。私にとっては、親友でもあり、師でもあり、かけがえのない人でした。18日の昼頃、疲れたからと休み、そのまま心筋梗塞で夕方急逝されました。当日の午前中にブログを書いているぐらいですから、直前までとても元気でした。



徳ちゃんのブログ「徳ちゃんと一緒に  - いくぞ 今日も …」
http://plaza.rakuten.co.jp/egaoya/
"



今でもあの「ガハハハ」という笑い声が聞こえてきそうですが、本当に亡くなってしまいました。



通夜・告別式は下記の日程で行われます。
こころより御冥福をお祈りし、謹んでご案内いたします。


----------------------------------------------------------


◆お通夜  2月20日(月) 午後5:00
 場所 郡山斎場  024−956−1144
    郡山市方八町2−5−8


郡山駅東口から 徒歩5分
http://www.lifeansage.co.jp/accessmap/koriyama_s.html



◆告別式 2月21日(火)午後1:00
(※告別式は火葬後です)
 場所 円寿寺  024−944−3056
    郡山市小原田1−9−14
 
郡山駅からはタクシーで10分ぐらいと思います。
http://www.enjuji.or.jp/index.html


喪主 高橋 ひとみ(奥様)


------------------------------------------------------------


尚、徳ちゃんといろいろな形でのお付き合いがあって、遠方で徳ちゃんに会いにいけない方のために、「徳ちゃんをしのぶ会」としてのサイトを準備しました。


献花などについての取りまとめの方法などを、記載しておりますので、こちらからご厚意を賜りますようお願いもうしあげます。
http://www.egaoya.com/tokuchan/




↑↑↑引用ここまで↑↑↑



奇しくも徳ちゃんが亡くなった18日は、サハラの父の誕生日でした。
サハラは久しぶりに父に会い、元気で誕生日が迎えられたことを喜び、お祝いのプレゼントを渡すことができました。父から見れば、徳ちゃんは息子のような年齢でした。




会いたい人に会いに行く。
こんなシンプルな行動ができずにいる自分を反省しつつ、同じ後悔をしないようにと徳ちゃんが教えてくれています。



徳ちゃん、ゆっくりお休みください。
ご冥福をお祈りいたします。
心からのありがとうを込めて。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-19 23:12 | あれこれ | Comments(2)

きらきら


きらきら光る海。
[PR]
by ayakosahara | 2006-02-18 09:09 | モブログ | Comments(2)