いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ご注意ください。

1月28日(土)より加工をはじめた我が家の生ハム
ですが、豚肉を生で食べていいのか…との疑問がありました。いろいろ調べてみたところ、下記の資料にたどりつきました。



+ + +



ためしてガッテン
】2006年1月11日放送分より



日本に流通する豚肉には、寄生虫がいないことを明らかにしていますが、食中毒対策のためにも必ず加熱は必要です!



一般に「豚肉には寄生虫がいるから中までしっかりと焼く必要がある」といわれています。しかし専門家は「日本に流通している豚肉に寄生虫はいない」といいます。



実は、アメリカで豚肉に「トリヒナ」という寄生中症が発生し、1930年代以降、公衆衛生局などにより、『豚肉は灰色になるまでしっかり火を通しましょう』という教育活動が徹底して行われました。しかし、国立感染症研究所によると、日本の場合は、出荷前に厳しい検査を行っており、寄生虫がいる豚肉は全て廃棄されているため心配する必要はないとのことでした。また、輸入品もそれと同等の検査を行ったものしか輸入していません。



※注意:寄生虫はいなくても、食中毒対策などのため、必ず加熱は必要です。特に表面はしっかり加熱してください。



+ + +



我が家の生ハム作りは、現在「塩漬け」が終わり「塩抜き」から「風乾」に進もうとしています。そして数日後には、「スモーク」をプラスする予定です。自家製だからこそ、自己管理が大事です♪



今回の生ハム作りは、豚肉を生で食べることをお勧めしている内容ではありませんので、くれぐれもご注意くださいますよう、お願いいたします。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-31 07:33 | おいしいごはん | Comments(4)

1枚のファクシミリ。




中学時代の友人からファクシミリが届いた。



+++



文ちゃんの本、やっと見つけた。


地元になくて、●△市の本屋さんでやっと見つけたよ。


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・ 近況報告あれこれ。


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


 ・


体に気をつけて。


じゃ、またね!!



+++



新しい週のはじまり。


今週も元気に走れそう。



ファクシミリをありがとう。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-30 07:12 | ひとりごと | Comments(6)

生ハム作りスタート!

それは、お気楽な妻のひと言がはじまりだったのです。



+++



「自家製生ハムを作ろうよ♪」



「半年以上もかかるよ」


「んっ、ベランダで1週間乾かせばいいんだよ」



「風乾だけじゃなくてスモークしなゃだめだと思うよ。豚肉はね、★○j-^"<*&$△■・・・」←語る夫


「今回は簡単に作ろうよ」←話を聞いてない妻



「・・・・・・・・。」←あきれる夫





なんだかんだ家庭内攻防がありつつも、生ハム作りの1st.ステップ「塩漬け」スタート。ロース肉とバラ肉の2種です。冷蔵庫でひと晩寝かせて肉汁が出ています。のぞき込んでる生える君
もワクワクドキドキ♪







生ハムモードの我が家の食卓に早速生ハムサラダが登場です。あっ、もちろんこれは市販の生ハムです♪ 生ハムの塩味に胡桃+ゴマ+レモンのドレッシングがなじんでおいし~。



「やっぱり生ハムを作るからにはスライサーが必要だな」


「はっ?」



「ほら、肉屋さんにあるような電動でシュッシュッと切れるアレ」←道具好き魂に火がついたらしい夫



「いらないらない!スペイン風に厚めに切って食べようよ」←sakaeさん
から聞いたばかりの知識で応戦する妻



「いや生ハムはね、★○j-^"<*&$△■・・・」←語り続ける夫


「・・・・・・・・。」←あきれる妻



+++



我が家の生ハム作り、思わぬ方向へ進んでいってしまいそうな予感…。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-29 06:37 | おいしいごはん | Comments(11)

やっと書けた。



サハラにとって初めての本「ワタシきれい天然生活
」が出てから2ヶ月近く。この中には、湯治中に出会った瀬戸内寂聴さんとのエピソードも収録されています。



原稿段階では寂聴さんのお名前は伏せてありましたが、編集長
の「寂聴さんの名前を出させてもらおう」とのひと言で、「ある高名な作家」は「瀬戸内寂聴さん」と修正されました。



「手紙を書いてこの本を寂聴さんにお贈りしよう」


そう思いつつ何度も手紙を書いたのですが、なかなか書き上げることができずにいました。なんでだろ。なんでかな。発売日当日に届くようにと思いつつ1日延ばしにしてしまい、こんなに遅くなっちゃったことに対する後ろめたさも日に日に大きくなってきていました。


今週参加したある交流会で、「本、読みました」と3人の方から声をかけていただきました。「○▲書店で平積みになっていました」、購入した時の状況も教えていただいたりも。うるうるするほど嬉しかったです。会場が薄暗くてよかった。



それから、アマゾンでレビューを書いてくれた「akaneさん」って誰だろ、もしや?と思っていた方にお声をかけたらやっぱりその方でした。その方はサハラが今の仕事をするにあたり、最初の1歩の勇気をくれた人。久しぶりにお会いして、あらためてあの時いただいた勇気のお礼を伝えることができました。


毎日の出会いは奇跡のようなもの。寂聴さんとのこともまさに奇跡の出会い。そう思ったら、便箋の上をペンが走っていました(笑)。こんなに遅くなっちゃったけれど、手紙を添えてようやく昨日発送しました。寂庵にたくさん届くであろう郵便物の中で埋もれないよう、手書きの赤いリボンを描きました。




出会えたことの奇跡に感謝しつつ、裏面にはメッセージも描きました。無事に届いて、寂聴さんの手にとってもらえますように。



思っていることは言葉や行動にしなければ、相手には通じませんものね。時々あたり前のことができない自分がいるけれど、まっそれもよし…と、自分に甘~いサハラなのでした。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-28 07:06 | 天然生活 | Comments(8)

生ハム来たる。



着物つながりで仲良くさせていただいているsakaeさん
。そのsakaeさんのブログで先日「手作り生ハム
」の記事があり、とっておいしそうでした。



その記事を読んで頭の中で「生ハム生ハム生ハム生ハム生ハム」がぐるぐる回っていたところ、お客さまから生ハムをいただきました。念ずれば通ず…かしらん。うす~い生ハムに旨みと塩がぎゅっと詰まっていました。





が、パルマ産の生ハムはとってもおいしくて、あっと言う間になくなってしまいました(笑)。思う存分食べるには、やっぱり手作りするしかないようです。おー。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-27 09:59 | おいしいごはん | Comments(3)

ゴミの日。



これがなにかというと、





















ゴミなんです。


ゴミを丸めたゴミ団子。



洗濯機を掃除したら、ゴミ取りネットからこんなにたくさんゴミが出てきました。汚れ物をきれいにしてくれる洗濯機ですが、ちゃんと掃除しないとゴミと一緒に洗濯物をまわしていることになるんですね…。



洗濯機の分解掃除を体験した友人が言ってたことを思い出しました。「洗濯槽ドラムの裏側がぞっとするほど汚れてた。あれで洗濯していたかと思うと…」



その言葉がサハラの頭をよぎり、洗濯槽クリーナーを入れて洗濯機を回したのです。少しでもきれいな洗濯機になって欲しくて…。






そしてこれは、洗濯槽クリーナーを入れて回した後のゴミ取りネットです…。


き、汚い、汚すぎる!



洗濯機を分解掃除してくれる業者さん探そうかなぁ… と思いつつ、家のあちこちを掃除して大量のゴミを捕獲したサハラなのでした(汗)。



見えないところにゴミは潜んでいる。


自分の中にゴミを溜めないようにせねば、ね。おー。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-26 08:08 | ひとりごと | Comments(8)



先日
いただいた「しいたけ」。まさに手の平サイズ。





量が多すぎて生では食べきれないと判断し、ベランダで干しはじめて丸々1週間。「干ししいたけ」になりました。こんなに縮んじゃった。旨みがぎゅっとつまっている感じ。



人間もきっと時間をかけて成熟するんだね、きっと。干ししいたけを見ていたら、最近気になるシワも白髪もどんと来い!と思ってきました(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-25 10:59 | 天然生活 | Comments(4)



昨夜の残り物で作った朝ごはん。



手前のスープには、生春巻きを作ったときに余ったエビが入ってる。奥のドリアは、グラタンの残りにパターライスを敷いて焼いたもの。



今日は昨日の明日。1日は単体ではなく、明日という未来に続いている。元気で過ごせる今日や明日が、あたり前のように来ると思っているけれど、ある日突然それができなくなることがある。それは誰の身にも起こること。そう、誰にも。サハラはアトピーを経験してそれが身に沁みている。



身に沁みているはずなのに、元気な毎日が続くとそれがあたり前になって、ちょっと無理したり、暴走したりもしてしまう。あたり前の毎日に対する感謝の気持ちが足りなくなると…、いろいろ軋みが出てくる。体にも心にも。自分だけではなく、自分の周りにも軋みが波及する。しかもマイナスの波及。



+ + +



「自分の好きなことをしたいんだ」


Nくんが言う。



サハラはいいんじゃないかと思う。彼を応援したいとも思う。好きなこととかやりたいことって、そんなに簡単に見つからないんだし。好きなことが見つかったなら、そこに向かってまっしぐらに進めばいいと思う。若いんだし。失敗しても、そこから学ぶことがあるよ、きっと。



ただ、その「好き」に覚悟があるの? 今あなたがあたり前に享受しているあらゆるものを、自分でまかなう覚悟があるのだろうか。



自分の口から吐いた言葉の重さを実感して欲しい。自分の人生は決してリセットできない
から。今日は昨日の続き、毎日はそれぞれに絡み合っている。昨日の残り物を簡単に捨てて欲しくないんだよね。残り物から新しい物を生み出して欲しい…、これってちょっと説教臭いんだろうか。



簡単にはいかない。どんなことも。昨夜からの、まるでお祭りのようにマスコミが騒ぎ立てているニュース
を見ても分かるよね。あなたが見つけた「好き」が、あなたを動かすパワーの源であることを願っています。



残り物で作ったスープとドリアはとってもおいしかった。元気な毎日が続いて欲しい、誰の身にも、ずっと。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-24 09:36 | あれこれ | Comments(4)




雪の残る日曜日、ツルツルと足を滑らせながら行った近所のリサイクルショップで見つけたadidasのスニーカー。そろそろ新しいスニーカーが欲しいと思っていた今日この頃、候補のひとつがこれでした。定価10,800円のこのスニーカー、ネットショップでは8,000円台から6,000円台で売っています。



サハラが購入した写真のスニーカーはなんと3,000円!リサイクルショップのシューズコーナーに1足だけありました。コンディションも新品同然、サイズもピッタリ。サハラを待っていてくれたと思いたい。なぜって…。



「人生で起こるすべては必然である」ですから。


ワタシきれい天然生活
P166より引用(笑)



+ + +




疑惑、偽装、粉飾、虐待、殺人…、日本はどうなっちゃったんだろ。新聞の中のデキゴトだけではない。電車に乗れば60歳代と思われるオバサンに突き飛ばされたり、お年寄りが目の前に立っても誰も席を譲らないし…。そして、地下街の入口でタバコをポイ捨てする若者に何も言えない自分。



イマドキの若者は、どころではない。イマドキの日本はどうなっちゃったんだろと、思い知らされることに日々出会ってしまう悲しみ。海の向こうの友人から、日本は大丈夫?とメールが届く。外国人の友人に日本が憂慮されたのは、多くの天災を除けば地下鉄サリン事件以来のこと。その日本の一員であることの自覚をしっかり持たなければと思う。



ライブドアショック以降、いろいろなことが起きている。IT業界をひと括りにしIT全体が実態のないものだと言う人もいる。もちろんそんなことはなく、モニターの前で腱鞘炎になるほど額に汗して仕事をしているIT関連の友人が何人もいる。自分がチョイスしたものが、その後なにが起きても自分の責任。サハラはそう思う。



ITは自分にとって大切なもの。でも自分の全てではない。新しいスニーカーと一緒に、今日もまた自分の道を歩いていく。最初は踵に靴擦れができたり、もしかしたら小指に血豆ができるかもしれない。時には筋肉痛になったりもするけれど、自分の夢に向かって熱い思いと共に、自分の足で歩いていくんだ。おー。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-23 11:15 | あれこれ | Comments(0)

大きな声で笑おう




日々いろんなことが起こって暗澹たる思い。



が、先人も言っています。


笑う門には福来たる。



大きな声で笑うと免疫力もアップするらしいし、ね♪


あはははははははははははははは、はっはっは。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-22 09:35 | ひとりごと | Comments(7)