いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お世話になったすべてのみなさまに感謝して、大晦日の今日おいしいモノをお届けします。今年1年ありがとうございました。





<まぐろ>






<こはだ>





<かんぱち>





<煮あなご>



来年もどうぞよろしくお願いいたします。


サハラ文子



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-31 10:17 | 天然生活 | Comments(5)



お正月の準備をしつつ、今年のデキゴトのあれこれや来年したいことできたらいいなを、いろいろ思う晦日の夜。



数日前のこと。


ドラッグストアで両手いっぱいの買い物をして外に出たら、目の前を2才くらいの男の子が道路の真ん中をよちよち歩いている。あれっ? さっきドラッグストアで見かけた子じゃない?



前後左右を見渡しても親らしい大人はいない…。ちょうどその時タクシーが向こうから走ってきて、前を歩く夫に「その子お願い!危ない!」と大声をあげた。



「この子の親は?」


「さっきドラッグストアで見かけた子だと思うんだけど…」



その子を連れてドラッグストアに戻ると、母親らしき女性がケータイで話したまま、目で「ウチの子~」と言っている。



「あなた、そのケータイ切って。この子、通りに出ていて危なかったですよ」


「ごめ~ん、いまちょっとめんどいことになったみたいだから切るね~」と、全然悪びれることもなく言う。



「道路の真ん中を歩いて、タクシーにはねられそうだったんですよ。子供から目を離しちゃ危ないですよ」


「あぁ~、だめだよ勝手に外に出ちゃ~」と、2才の子に責任を押しつける。



その子は奇声を発してドラッグストアの中に走り出し、何かにつまずいてバタッとこけた。その母親は子供を叱ることなく、サハラに何を言うでもなく、またケータイで話し出した。



こういうことに、何度も遭遇した2005年。ニュースにならないデキゴトが自分の身の回りにいっぱいあった。




[PR]
by ayakosahara | 2005-12-30 22:52 | 天然生活 | Comments(2)




10月末、実家の庭先からポキリと折って持ち帰った「金のなる木」に花芽がついて1ヶ月。咲きそうでなかなか咲きません。



+++



今年は身辺でいろいろなことがありました。楽しかったこと、悲しみの時…、驚いたこともたくさんありました。そんな中、自分にとっていちばん大きなデキゴトといえば、たくさんの人との新しい出会いでしょうか。



40代も半ばを過ぎ、正直なところ現状の人間関係でいっぱいいっぱいで新しい友人を作る余地などないと思っていました。限られた時間の中で、自分の大切な人たちと温かい時間を紡いでいけたらそれでいいと思っていたのです。



けれど、このブログをはじめとして、新しい試みをしていたその先々で、たくさんの出会いがありました。おそるおそる外に出てみたら、新たに見つけてしまったたくさんのやりたいこと。まだまだ自分の知らない世界がいっぱい。



たくさんの種まきをして、たくさんの花をゆっくり咲かせていこう。ひとつの花が咲いたら、また次へ。ひとつひとつの出会いに感謝して大切に繋げていこう。そんなことを思う2005年12月29日。去年の今日は「ぎっくり背中」
で身動きができなかったっけ。今年は大丈夫、元気です。それだけで最高♪



このブログで出会ったみなさま、今年はほんとうにありがとうございました。そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。年末年始もぼちぼちと更新します(の予定…。) 



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-29 12:58 | 天然生活 | Comments(8)

庭からの贈りもの



届くはずの荷物が届かず配送会社に何度も電話で問い合わせをしたり、年賀状の宛名印刷がうまくいかずパソコン相手に悪態をついたり、まったくなってこった!な日々です。



そんな中、クリスマスイヴのブログで紹介した春菊と白菜
のお新香が思っていたよりおいしくて、まったくもって嬉しいな、と。



春菊のサラダはおいしすぎて、ついには「なんなら、もう一度収穫してこようか?」と、寒さもなんのその、朝摂りならぬ暗闇の中で摂った晩摂り春菊、そのままサラダでぱりぱり食べたら、これまたおいしかったです。朝でも夜でも、摂りたての野菜はおいしいですね。





こちらは自家製白菜のお新香。やめられない止まらない…んです。さて、年賀状、最後の仕上げといきますか。



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-27 15:21 | おいしいごはん | Comments(5)



アトピーが悪化していた頃に、当時勤めていた会社の先輩に言われたこと。


「いいなぁ、文ちゃんは」

(こんなにつらい毎日なのに、なにがいいっていうの?)



「今がそんなに大変な状態ってことは、これから先にいいことが待ってるってことじゃないか。悪いことばかり続かないし、いいことばかりも続かないんだ。僕なんて今とっても幸せだから、この法則で言うと次は悪いことが来る番だよ、まいったな~。だから文ちゃん、きっと良くなるから頑張れ!」



その頃、頑張れという言葉に辟易していた。なにをしても良くならない、これ以上どうやって頑張ればいいっていうの…と。でも、この先輩の頑張れはよく効いた。


+ + +



日曜日にグギッとなった左の腰…。2年連続の「ぎっくり背中」では洒落にならないので、昨日はDVDを観たりしておとなしく過ごしました。悲恋ものでポロポロ泣いたら少し元気になって、夜には都内の仕事場に戻ることができました。管理人さんから「外国から荷物が届いています」とひとつのパッケージを渡されたのですが。



んっ、誰から?


えっ~、わ~い!


きゃ~♪



サハラが「ぎっくり背中」になるのを見透かしていたかのような、ぽかぽかあったかグッズとあれとこれ。どれもこれもこの1年を通じて、海の向こうに住む大切な友人と交わした会話が詰まったモノタチがいっぱい。



「ぎっくり背中」になったのは、これを受け取る準備だったとしたら、なかなかやるじゃんワタシの背中。いつか会えるよね、きっと。心からありがとう。いいことと悪いことは順繰り順繰り。まさにそんな感じの2005年の年の瀬です。



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-26 12:25 | 天然生活 | Comments(0)

今年もまた…?



ケーキもチキンもない、我が家のクリスマスイヴの晩ごはん。気分だけでも…と、キャンドルを灯してみました。うん、なかなかいい感じ。みなさま、あたたかいクリスマスをお過ごしください。



ところで、先ほど買い物に行ったスーパーでのこと。レジでお財布を出したとき、左の腰にグキッと痛みが。うそでしょ…。去年も年末に「ぎっくり腰」ならぬ「ぎっくり背中」になった
けど、まさか2年連続?



ちょっと調べてみたら、去年は27日に痛めています。今年は2日早いのね、って、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ。自己管理能力なさすぎ。鍛えなさ過ぎ。筋肉なさ過ぎ。



そういえば、去年の「ぎっくり背中」を反省して今年はヨガをはじめる予定だったのに、してないし…。来年の目標の1番目、ヨガにします。インナーマッスル鍛えます。はい。



みなさま、くれぐれもお体に気をつけて楽しいクリスマスを! ワタシはおとなしく過ごします。はい。



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-25 12:10 | 天然生活 | Comments(8)

今日はクリスマスイヴではありますが、


我が家では朝からバタバタタタタタタタッ…。





庭先にお新香用の白菜を干してみたり、



春菊の向こうには、土の中にネギが埋まっています。


ふむ、今夜は鍋ですね。



みなさま、楽しいクリスマスイヴを!




[PR]
by ayakosahara | 2005-12-24 14:27 | 天然生活 | Comments(4)

どんな風に生えるかな?



12月のはじめにいただいたこれ。hair LABOという名前だそうな。最初の1週間ほどは器に水を入れるだけじゃなく、週に2~3回霧吹きで水を顔の部分に吹き付けなくてはならないらしい。ふむ、けっこう手間がかかる奴なのね。で、そんな手間をかけられるようになったこの週末に、いざ開封。





5-12日ほどで毛が生えてくるらしい。ちょうどお正月あたりでおめでたいかも♪





毛が生えるといっても毛髪ではなくて、お人形の頭部分にある種が発芽するらしい。あっ、知ってました?



角度をかえてみてみると、なにやらウチのシェフに似ているような気がしないでもないでもない。んっ、 友よ、そこが狙いだったんかい?




[PR]
by ayakosahara | 2005-12-23 23:31 | 天然生活 | Comments(0)

ほんわかな寒い朝。



寒い朝、夫とサハラのどちらがストーブに火を入れるかで小競り合いになる我が家。一家の主がすべきでしょ。主婦がやるに決まってる。そもそもお互いを思いやっていれば早く起きた方がすればいいことでしょ。だからベットから出る前に部屋が暖まっていて欲しいの…、なんてことは口に出さず、互いにそんな思いを胸に秘める寒い朝(笑)。



鉄瓶から出ている湯気を眺めるのが好きです。ここ数日慌しく過ごしていたので、湯気を眺めるのも久しぶりのような気がします。



昨夜届いた1通の手紙が、鉄瓶から立ちのぼる湯気のように優しくサハラを包んでくれました。ゆっくりでいいよ。ときどき凹んでもいいじゃない。自分らしくいこう。大丈夫だいじょうぶ。あらためて、そう思いました。



Sさんありがとう。何度も何度も読みました。宝もの箱に入れる前に、しばらく手元においておきます。半襟、お正月の着物に使わせていただきます。雪の多い故郷への帰省前に届くよう、サハラもお手紙します。風邪などひかずに温かくして待っててください。



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-22 10:06 | 天然生活 | Comments(0)

勇気出していこう。



昨夜、あるクリスマスパーティーの一部で拙書の出版お祝いをしていただきました。本が出てからブログやメールでたくさんの感想
をいただきとってもありがたく思っていましたが、昨夜は直接感想を聞かせていただく機会もあり感激でした。昨夜お会いした全てのみなさま、ありがとうございました。



【写真のお花】


たくさんのお花をいただきました。仕事部屋には花瓶がひとつしかないので、ミキサーに入れてみました(笑) シクラメンは郊外の家に持っていこうと思います。クリスマスやお正月に集う家族の目を楽しませてくれそうです。



九州の友人はらさん
が贈ってくれた写真左のワレモコウとアザミ(?)のドライフラワー。「お約束の物を送ります」とあったけど、いつ約束したんだっけ…。帰り道たくさんの人のコートにくっついちゃって、「これって狙い?」とみんなで大いに盛り上がったけど、狙ってたはらさん?



+ + +


「この本は種子なんだ。この種子が、どこに飛んでいってどんな花を咲かせるのか楽しみだね」


「なにを見ても、なにを食べても、なにをしても、それが文章になった時サハラさんのフィルターを通ったサハラ流になってるよね。もっといろいろ書くといいよ」と、山川編集長に言っていただきました。



本が出てからいろいろなことがあります。雑誌などから取材依頼をいただく機会があるのですが、顔写真が出ることに抵抗がありました。本を紹介していただくのは、ありがたいことなのですが、顔を出すのは…、ちょっとなぁ(汗)、と思っていました。



でも、いつまでも後ろに隠れてはいられないんだな…、もう。この種子を芽吹かせ花を咲かせるためにも、勇気出して顔も出さなきゃな、と。恥ずかしながら、雑誌の発売日などが近づきましたらまたこちらでお知らせいたします。これからもどうぞよろしくお願いいたします♪



+ + +



帰宅後、クリスマスまで開封しないでとっておくつもりだった「ハウルの動く城」を観てたら、空が明るくなってしまいました。夜更かし、お肌に悪いには違いないけれど、たくさんの人に会って、たくさんの言葉をいただいて、頭がグワ~ンとしてたので、トトロかハウルか迷ったけど…。たまには夜更かしもいいものです♪




ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

ハウルの動く城 特別収録版



[PR]
by ayakosahara | 2005-12-21 14:22 | 天然生活 | Comments(6)