いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:天然生活( 733 )

LOHASな一日。



昨日、知人が出演する坂東流の踊りの会を観に、国立劇場に行ってきました。踊りの会を観に来られる方たちは着物姿の方が多く、ロビーには素敵な着物姿の方がたくさんいらっしゃいました。そんなところへ着物歴の浅いサハラが着物で行くのはかなり勇気がいることでしたが、思い切って着物を着ていきました。




現物は写真よりもう少し明る目ですが、黄色地に蝶柄の加賀友禅の着物です。蝶のふちには刺繍が入っています。帯は玉虫色で光線のぐあいで緑色や銀色に見える袋帯のコーディネートです。



最初は違う帯を予定していたのですが、母がこちらの帯の方が合うだろうと見立ててくれました。さすが!すっきりきれいにまとまりました。着物も帯も母のものですが、久しぶりに箪笥の外に出ることができて喜んでいたように思います。

さて、昨日着物を着たのにはワケがありました。踊りの会に行くこともそうでしたが、夕方からマツダミヒロさん
の出版記念パーティーに行くことも大きな理由でした。なぜって、そのパーティーは【セミフォーマル】というドレスコードがあったからです。


セミフォーマル、男性はジャケットを着ればいいけれど女性のセミフォーマルって何を着ればいいの?以前のサハラなら考えてしまうところですが、最近は頭を悩ませることなく「着物で行こう♪」にスイッチが入ります。

パーティーでは初めての方とお会いすることが多いのですが、着物姿は相手の記憶に残りやすいようで、昨夜も「サハラさんですよね?」と2年前に1度だけお会いしたことのある(その時も着物を着ていました)懐かしい方から声をかけていただくなど、嬉しい再会もありました。



昨夜のパーティーは出版関係の方が多く、「あなたの本にあうLOHAS関係の人を紹介しましょう」と、とあるおふたりを紹介していただきました。いろいろお話をさせていただく中で、着物話題になり「着物こそLOHASですね」とおっしゃっていただきました。



LOHASとは、Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを指しています。発祥はアメリカですが、特別な商品やブランドを意味するものではありません。サハラが着ている着物はすべて母から譲り受けたもの、そしてまた次の代に継いでいくもの…、これってまさにLOHASなのねと嬉しくなりました。




パーティーはちょっと苦手なサハラですが、昨夜はマツダさんの温かいお人柄がにじみ出たほんとにいいパーティーでした。



僕は人と会うのが好きです。そして、知り合った人たちが繋がっていくのを見ているのが大好きです。人と繋がるきっかけが「魔法の質問」です。今日のパーティーが、みなさんにとって新しい出会いに繋がったならとても嬉しいです。



マツダさんの言葉(正確じゃないけど、こういうニュアンスだった思います)です。人の繋がりの温かさをじ~んと感じた夜でした。




会場はオーガニック・フードで有名なキヨズキッチン
、お土産もLOHASなSHOP自然創房
の紅花そばでした。たくさんのLOHASつながりな一日でした。




マツダミヒロさん、あらためまして


ご出版おめでとうございます&ありがとうございました♪



+ + +





マツダ ミヒロ

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-12 10:51 | 天然生活 | Comments(19)

ジュンク堂

先日、アメーバくんと共に
池袋にある「ジュンク堂」という書店さんに行ってきました。「ジュンク堂」ははてなダイアリー
によれば、こんな書店さんです。



神戸生まれの書店
チェーン。大阪本店・池袋本店をはじめ、北は宮城、南は鹿児島まで全国24店舗
構える。店内にベンチや椅子がおいてあり、立ち読みならぬ、座り読みが公認されていることで有名。いくつかの店鋪には喫茶
コーナーが併設されており、そこへ未清算の書籍を持ち込むことが可能。社名は現社長工藤恭孝氏の父「工藤
」に由来すると伝えられている。ただし、どの店舗喫茶コーナーへも持ち込みが可能、というわけではないらしい。



そして昨日、アメーバブックスの編集者からこんなことを聞きました。「ジュンク堂さんは作家の方たちからも人気の高い書店さんです。ジュンク堂さんに置いてあれば他には置かれなくてもいい、とおっしゃる方さえいると聞いたことがあります」



「…… (知りませんでした)。」


でも、サハラたくさんの書店さんに置いてほしいと切望していますけれど…。



そゆことなど露ほども知らず、池袋の駅前交番で「大きな書店はどこですか」と尋ね、数軒教えてもらった内の1軒がジュンク堂さんだったのです。



通常、話題作以外は納本してから1冊のみを残して、残りは返本されるのだそうです。1冊のみ棚に残るのも大変なことだとも聞きました。考えてみれば毎日たくさんの本が出版されるのです。次から次へとたくさん納本され、ストックするスペースを考えれば、書店さんもそんなに置いておけないですよね。そうですよねぇ。



現在サハラの本はジュンク堂さんに14冊置かれています。ありがとうございます。これって奇跡のようなものらしいです。「ジュンク堂さんから戻されることなく、いつまでも棚の中にいてね」としみじみ思うサハラなのでした。



あ、違~う!


「いつまでも棚の中にいてね」じゃなくて、「棚の中からひとりでも多くの方たちの元に旅立って行ってね♪」でした(笑)



+ + +




渡辺 満



なぜ人はジュンク堂書店に集まるのか—変わった本屋の元大番頭かく語りき








[PR]
by ayakosahara | 2006-02-11 08:25 | 天然生活 | Comments(8)

アメーバくん、立つ!

ワタシきれい天然生活
ありますか?」


「ワタきれ??? すみません、もう一度書籍名をお願いします。」


「ワタシきれい天然生活です…」



「出版社お分かりですか?」


「アメーバブックスです」



この書店さんは自分の本がはじめて店頭に並んでいるのを発見したところです。入荷日から店頭に並べていただきました。この写真は昨年11月28日のものです。(発売は11月30日)





発売から2ヶ月も経っちゃったし、もう店頭にはないのかも…。カウンターで尋ねる前に自分でも探したのですが、見つからなかったのです。お店の方2人がかりで探していただきました。すみません…、お忙しいのにお手を煩わせてしまいました。



「こちらにありました」


棚の中に1冊ありました。


ほっ。



「あの、この本の著者のサハラ文子と申します」


と言いつつ、名刺を渡しました。どきどき。


「あっ、そうでしたか~」



「すみません、お忙しい時間に…」


「いえいえ、そんなことはありませんよ」



「……。(えっと、このあとは何を言えばいいんだったっけ?)」


「こちらの本、売場の希望はございますか?」


「え?」



「実用書コーナーかなとも思ったのですが、女性客の多いこちら(美容・健康)のコーナーに置いてあるのですが」


「はい、こちらでお願いします」



「こちらの方がお客様の目に止まりやすいエリアですしね」


「はい、こちらがいいです」



「そうですね、こちらに置いておきましょう」


「ありがとうございます。あ、それからこれ、自分で作ったPOPです。アメーバブックスのキャラクターなんです。お邪魔でなかったら使ってください。お忙しいところ、ありがとうございました」




うわぁ~、どきどきの初書店まわりでしたが、なんとかうまくいきました。これが14:00頃のことでした。打合せや買い物を済ませ19:00過ぎにまた同じ書店に行ったところ…、



なんと、アメーバくんが立っていて本が平積みになっていました!



きゃ~、嬉しい。ありがとうございます!


先ほどお会いした店員さんを探したのですが、残念ながらいらっしゃいませんでした。売場に一礼して帰途につきました。ありがとうございました。



あっ、アメーバくんの勇姿、嬉しすぎて写真撮り忘れちゃった(笑)


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-03 06:53 | 天然生活 | Comments(10)

なに書こうか、な?




先日、昨年のクリスマスの週にアマゾンで一番売れた本
の著者にお会いした時、「書店まわり」の話になりました。



「んっ、書店まわりってなんですか?」


「自分の本を持って、この本の著者ですって挨拶に行くんです」



書店に行って挨拶し、自分の本の売れ行きなどをうかがってくる。ベストセラー作家じゃないんですから、そうゆうこと自分でしなくちゃならなかったんですね。



ふむ、つまり営業ですね。


サハラはまるっきりしてませんでした。



大事なことですね。今までなにもしなくてごめんなさいと自分の本に詫びを入れると共に、自作のPOPを作ってみました。



ということで、アメーバブックス
のキャラクターであるアメーバくんの登場です。型紙を作り、たくさんのアメーバくんを作りました。はさみでチョキチョキ型を切り、ピンセットで目を糊付けし、本を持たせる手も付けました。工作の時間のようで面白かったです、これ♪



さて、自筆のメッセージを書いて書店まわりに行ってきます。


どきどきどきどきどきどきどきどきどきどき。


[PR]
by ayakosahara | 2006-02-02 07:39 | 天然生活 | Comments(10)

今日からShes.net
でエッセーの連載をはじめました。


エッセーのお仕事は初めてです。どきどき。



Shes.Season
というコーナーで


我が家にある道具をひとつずつ紹介しながら


季節の歳時をテーマにエッセーを書いています。


隔週水曜日、午前11:00更新の予定です。



おとなり(位置的には上ですが)には、


キッパリ!—たった5分間で自分を変える方法
」の


上大岡 トメさんの大人気連載
もあるんですよ。



せひぜひ、Shes. netでのエッセーも読んでください。


どうぞよろしくお願いします。わくわく。



+ + +



Shes.net
ってなに?●


女性限定のインターネット接続サービスを提供する「ためしてお得!」をテーマとした読者参加型コミュニティサイトです。株式会社USENが運営しています。




[PR]
by ayakosahara | 2006-02-01 11:28 | 天然生活 | Comments(8)

やっと書けた。



サハラにとって初めての本「ワタシきれい天然生活
」が出てから2ヶ月近く。この中には、湯治中に出会った瀬戸内寂聴さんとのエピソードも収録されています。



原稿段階では寂聴さんのお名前は伏せてありましたが、編集長
の「寂聴さんの名前を出させてもらおう」とのひと言で、「ある高名な作家」は「瀬戸内寂聴さん」と修正されました。



「手紙を書いてこの本を寂聴さんにお贈りしよう」


そう思いつつ何度も手紙を書いたのですが、なかなか書き上げることができずにいました。なんでだろ。なんでかな。発売日当日に届くようにと思いつつ1日延ばしにしてしまい、こんなに遅くなっちゃったことに対する後ろめたさも日に日に大きくなってきていました。


今週参加したある交流会で、「本、読みました」と3人の方から声をかけていただきました。「○▲書店で平積みになっていました」、購入した時の状況も教えていただいたりも。うるうるするほど嬉しかったです。会場が薄暗くてよかった。



それから、アマゾンでレビューを書いてくれた「akaneさん」って誰だろ、もしや?と思っていた方にお声をかけたらやっぱりその方でした。その方はサハラが今の仕事をするにあたり、最初の1歩の勇気をくれた人。久しぶりにお会いして、あらためてあの時いただいた勇気のお礼を伝えることができました。


毎日の出会いは奇跡のようなもの。寂聴さんとのこともまさに奇跡の出会い。そう思ったら、便箋の上をペンが走っていました(笑)。こんなに遅くなっちゃったけれど、手紙を添えてようやく昨日発送しました。寂庵にたくさん届くであろう郵便物の中で埋もれないよう、手書きの赤いリボンを描きました。




出会えたことの奇跡に感謝しつつ、裏面にはメッセージも描きました。無事に届いて、寂聴さんの手にとってもらえますように。



思っていることは言葉や行動にしなければ、相手には通じませんものね。時々あたり前のことができない自分がいるけれど、まっそれもよし…と、自分に甘~いサハラなのでした。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-28 07:06 | 天然生活 | Comments(8)



先日
いただいた「しいたけ」。まさに手の平サイズ。





量が多すぎて生では食べきれないと判断し、ベランダで干しはじめて丸々1週間。「干ししいたけ」になりました。こんなに縮んじゃった。旨みがぎゅっとつまっている感じ。



人間もきっと時間をかけて成熟するんだね、きっと。干ししいたけを見ていたら、最近気になるシワも白髪もどんと来い!と思ってきました(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-25 10:59 | 天然生活 | Comments(4)




寒い朝です。


週末は東京でも雪になるらしいと、


天気予報が伝えています。



冬は寒いに決まってますが、


今年の冬は格別に寒いですね。



慣れない雪で滑って転んだりしないよう、


週末は部屋を暖かくして、胡桃塗装
にチャレンジしてみよう。


しばらくぶりに布を広げてミシン倶楽部
もいいな。


あっ、パンを焼くのもいいなぁ~。



さっ、週末めざして仕事しますっ


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-19 06:07 | 天然生活 | Comments(4)

使えないお椀。



一見、なんの変哲もない黒いお椀ですが、実はこのお椀すごいんです。なにがって、その意匠がとっても素敵なんです。


蓋を開けると




底には「月」の一文字がありまして




ふたにウサギが描かれています。


(写真をクリックすると拡大します♪)


やっぱりウサギはお月さまに住んでいるのかしら。それとも、月を懐かしく眺めているのかな。



でも、このお椀、使ったことがありません。というか、使えないんです。



3~4年前のこと。年に一度東京のお客さんをまわっている輪島の漆器屋さんと、仕事場のあるマンションの駐車場で偶然お会いしたことがあります。そういえば…と、以前から気になっていたこのウサギのお椀を見てもらったところ、幕末から明治時代のもので、とても珍しい品とのこと。



そして、なんとこうもおっしゃるのです。


美術館にあるような逸品です。使わないで大切に保存しておいた方がいいですよ。



出自が分からないこのお椀は、夫が昔から持っていたものです。我が家には2客しかありませんが、漆器屋さんがおっしゃるには、もとは6客あったのではないかなとのこと。残りの4匹のウサギたちは、どこでどうしているのかな。



使ってこそ道具と思っているサハラですが、このウサギのお椀は漆器屋さんとの会話以降、使うに使えずにいます。時々棚から取り出して、眺めるだけもまた楽し…と自分に言い聞かせています(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2006-01-18 17:13 | 天然生活 | Comments(6)

どうしたものか、エンジンがかからない。昨年末にひいた風邪のせいにしていたけれど、それはもう7日の新年会でとっくに全快しているんだし。ふ~ん、どうしたものか。まっ、そういうこともあるよねと、氷面下のメダカのようにじっとしている日々。



いやぁ~、いいことが起こらないはずがない!


わくわく感が体中に充満しているような、そういう時期がたまにある。そんな時は不思議なくらいほんとにいいことばかりやって来る。今はそんな感じがあんまりしない。う~ん。



ぼんやりばかりしてるのもなんだから、昨年末に白菜のお新香について質問をいただいていたので白菜の漬け方を別ブログにアップ
したり、ワタシきれいドットコム
をちょっといじったりしてみた。ふむ、ちょっとすっきりしつつも、ここをこんな風にしたい気持ちに技術が追いつかず、なんだかなぁ。



そんな中、中村隊長
より嬉しいお知らせが届いた。


隊長が書いた12月22日の記事
に下記のようなコメントがあったのだそう。



↓↓以下、引用 ↓↓



■お久しぶりです


隊長、相変わらずパワフルですね。
今日紹介して頂いたサハラさんの
BLOGに載っていた製品を使い始めてから
私のひどかったアトピーが大幅に改善
されました。

隊長がサハラさんの事を紹介して頂いた
御蔭ですよ。

有難うございました!
本当に感謝してます。

またオフィス遊びに行きますね♪







■サハラさんのブログに載っていた製品・・・


よーこ、ありがとう!

オレのブログがきっかけで、こういうことが展開していくのを知るのは、本当に嬉しいです。報告ありがとう!隊員がどんどん綺麗になっていくなんて、サイコーだよ。

早速サハラさんに伝えるね。13日にまた会うことになっているから、そのときに・・・じゃなくて、今、このコメント転載して知らせます。サハラさんも喜ぶと思うよ。

善は急げ!








■大阪ようこさんへ


隊長、嬉しいご伝言をありがとうございました♪
で、ここを掲示板のように使わせていただくことをお許しくださいm(_ _)m

大阪ようこさん、はじめまして。
「ワタシきれいドットコムblog」のサハラです。
アトピーが改善されてきたとのこと。
ほんと、よかった!
自分のことのように嬉しいです。

アトピーは精神論だけでは治りきるものではないけれど、
ココロの持ちようが大きいのだと身を持って実感しています。

どの製品がようこさんのアトピーを軽快させたのか分かりませんが、
少しずつ、そして確実に良くなることをお祈りしています。

私もようこさんからのメッセージで
「今年もサイト運営がんばるぞぉ~」の
パワーをいただきました。

ようこさん、そして隊長 ありがとうございました♪







■掲示板のように使う・・・


サハラさん、掲示板のように使う・・・大歓迎です。「読者と一緒に温度のあるブログを創ること」それが、このブログですから。

やっぱり隊員からビタミンもらってます。ビタミンTのTは「隊員」の「T」かな。







■いいですね~


大阪ようこさん、サハラさん

隊長のブログを通じて長年の悩みが改善って、
とってもいいですね。

そんで、またそれが周りにいい影響を出していく。
ブログのおもしろさだな~







■ありがとうございました!


隊長ありがとうございました!
すぐにサハラさんからのメッセージを
頂けるなんてびっくりしました。
とってもとっても
うれしいサプライズです。
ブログって改めてすごいなーと
感心してしまいました。

イカリングさんのおっしゃって
いるように、じわじわと周りに
いい影響を与えていく
ブログって本当におもしろいですね。

13日にお会いされるんですね。
宜しくお伝え下さい。





↑↑引用 ここまで↑↑



ブログの神さまが遠い彼方から時々石を投げてくれる。そろそろエンジンをかけはじめてもいいんじゃないのと、優しくオイルが注がれた、そんなデキゴトでした。ブルンブルルン、ブルルルルルッ…。みなさん、ほんとにありがとう。



[PR]
by ayakosahara | 2006-01-13 08:39 | 天然生活 | Comments(0)