いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:いつかきっと( 625 )

わたしには夢がある。

e0354593_12405067.jpg
すごいものを見ました。



e0354593_12410864.jpg
リオのオリンピックで
男子400mリレーで
日本チームが
銀メダル獲得したのです。

<五輪陸上>
男子100m×4リレー 

磨いたバトン技術で銀獲得



e0354593_12412145.jpg
第三走者の桐生選手から
アンカーのケンブリッジ選手に
バトンが渡った時、
わたしにはトップに見えました。

【その時、ボルトはケンブリッジを見ていた】
男子400リレー決勝 写真特集


隣りのレーンはジャマイカ。
そして最終走者はボルト。
ボルトに離されたものの
追いついてくるアメリカとカナダを
振り切っての2位!
(のちにアメリカは失格)

歴史に残る瞬間を
目の当たりにしました。



e0354593_12413658.jpg
個人100mのファイナリストが
ひとりもいない日本チームが銀メダル。

すごい!のひと言で
言ってはいけないような
快挙だと思いつつ、
それでもやっぱり
すごい!以外の言葉が見つからない。



個人的に桐生選手が好きで。
テレビに映る姿にエールを送ってました。
ここに来るまでどれだけの練習したんだろ。
日本選手権で敗けて
クシャクシャ泣きしたり。
リオでも個人100mへ参加した
日本選手3人中ひとりだけ
予選落ちしてしまい、、、。

個人100mの決勝戦をスタンドから
「今日はいち観客として楽しんで見てます」
と言っていた桐生選手が、
男子400mリレーを終えて
銀メダリストとして
ボルトと健闘を称えあってる。
雲の上の存在としてのボルトとじゃなく
同じフィールドに立つ
アスリート同士として。


最終走者のケンブリッジ選手に
バトン渡したあと叫びまくり
腕を振りまわしてた桐生選手。

わたしも一緒に叫んで
一緒に見ていた夫と犬を
びっくりさせました。
いいと思います(笑)。

おめでとうおめでとう。
みなさんほんとにほんとに
おめでとうございます。


+++ +++


わたしには夢があります。
その夢は、時にヘタるし
時に凹んじゃったりも、、、。

" 夢を現実にすることを証明できた。"
山縣選手の言葉が胸に刺さります。

ほんとにそうだなぁ。
そうだそうだ、がんばろう。

がんばれば
がんばれるんだ
がんばれ自分。
おー。



[PR]
by ayakosahara | 2016-08-20 14:54 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_20585761.jpg
思うところあって
お酒を止めるのを始めたのは
3月9日のことでした。

と、いうことは
あさってでもう丸2ヶ月です。
早いですね。



e0354593_20592233.jpg

酒売り場の前を通ると
手が震えはじめたり、、、
なーんて禁断症状もなく(笑)、
あっという間の2ヶ月でした。



e0354593_20594358.jpg

特に変わりはないものの
少しだけ痩せて、
(きつかったGパンがするり)
寝つきが悪くなって、
(おやすみ3秒ではなくなった)
柑橘系をたくさん
食べるようになりました。
(夕飯が早く終わって暇なので)


断酒解禁は来年の8月9日。
まだまだ15ヶ月もあるけれど、
今はまだ遠い日のように思うけれど、
その日は思いの外あっという間に
やってくるような気がします。
年々時計の針のピッチが
上がってますから(笑)。

さ、腹筋50回やって寝まーす。
(by ワンダーコアで、だけどw)


[PR]
by ayakosahara | 2016-05-07 21:15 | いつかきっと | Comments(0)

熊本の友人からの電話。

e0354593_22364726.jpg
ひとつ前の記事が本人に届き、
「ブログ読んだよ、ありがとう」と
電話が来たのは昨夜のことでした。

彼女の声は少しガラガラしていました。
マンションの部屋と車中泊を
行ったり来たりしてたものの、
数日前に部屋に戻ったとのこと。

疲れてもいるだろうし、
余震が続く中
家に戻って束の間ほっとした体に
風邪が近寄ったのかもしれません。


余震はね、、、。
昼間は動いてるから
まぁなんとかなるけど、
夜に揺れると怖くて布団被ってるの。

水は戻ったけど、
マンションの給水タンクが空になったら
また止まるかもしれないらしい、、、。
ガスはいまだ止まってるけど
卓上コンロで煮炊きしているよ。
不便だけどね、なんとかなってるから。


そんなこんな。
風邪気味だったものの
彼女の元気な声を聞いて
思わず鼻の奥がつーんとしました。

現状を伝えてくれてありがとう。
彼女からのSNSへの発信で
無事なことはわかっていたけど、
でもやっぱり、それでもやっぱり
声が聞けてほんとに嬉しかった。
ありがとう。


+++ +++


地震当日、
このあと水が不足するだろうからと
ペットボトルの水はキープして
ノンアルコール飲料を飲んだこと。

お気に入りの食器やグラスは
すべて割れてしまったこと。
なのに、不思議にことに
百均の食器は割れなかったこと。
まわりの友人宅も同じだったこと。

市内の飲食店が
少しずつオープンしはじめてるから
週末は行ってみようと思ってること。

地震は怖かったけど、
自分たちはだいじょうぶだから。
だいじょうぶだと思うのは、
甚大な被害が出ている
エリアに行っていないから。
そっちに行くのはやっぱり怖い。

食器棚を鶴屋で買い替えるわ。
今度は倒れにくい腰高のものにする。
ワイングラスも買うから。
もう少し落ち着いたら、
そしたらおいしいシャンパン送ってね。

(うん、送るよ)
(ぱんぱかぱーんなシャンパン送るよ)


熊本城を案内するから、
落ち着いたら来てね。

(うん、必ず行くね)


あ、9月に東京に行くから
その時に羽田でデートしよう。

(おー、デートしよう!)


彼女は元気でした。
壊れたものは地元のデパートで買う。
再開した飲食店へは食事をしにいく。
ビールだってシャンパンだって飲む。
(グラス割れたから今は蕎麦猪口だけど)

水が出ないから近くの温泉へ行く。
(温泉行くなんてぜいたくだねー)
(そんな揶揄の声なんか気にするなー!)

自分たちは恵まれた被災者だから、
地元でお金を使って経済を回していく。
熊本城の再建には時間がかかると思うけど、
最後まで見守るつもりでがんばる!
(彼女は熊本城のボランティアガイドなのです)


+++ +++


たいへんな状況のなか、
電話をありがとう。
今すぐにでも
地震お見舞いのシャンパンを
送りたいけど、
それはもう少し経ってからにするね。

いろんなことがもう少し落ち着いて、
個人宛ての宅配便がもっとスムーズに
送れるようになるのを待つことにします。



冒頭の写真は
昨年6月のパリ展に出展した
彼女の作品のひとつ。

「いまの私のために
 ここに来てくれた言葉だわ。
 ありがとう。」

この作品をお買い上げになった方が
おっしゃった言葉が、
ブーメランのようにぶーんと回って
彼女の元に届きますように。

大丈夫
だいじょうぶ
ダイジョウブ

風邪早く良くなりますように。
くれぐれもお大事に、またね。





[PR]
by ayakosahara | 2016-04-26 22:53 | いつかきっと | Comments(0)

熊本の友人。

e0354593_23025000.jpg
わたしには
熊本に住む友人がいます。

彼女は、
わたしが8年前にオープンした
ネットショップの最初のお客さんです。
オープン初日、開店の数分後に
「売れた」ことを知らせるメール音と共に
彼女の名前が携帯電話に浮かんだことを
いまでも鮮明に覚えています。
それから毎年、新年へ向けてのバッグを
オーダーし続けてくれてます。


彼女は、
わたしが東北支援のための
チャリティお祭りを催した時、
「フリマに出して~」と
高級緑茶を送ってくれました。
「もらいものなのよー」って。
その高級緑茶はすぐに売れて
義援金として送った一部になりました。


彼女は、
3.11で津波を被った実家ホテルに
熊本から泊まりに行ってくれました。
わたしが書いたブログ記事を読んで
いつか来たかったんです、と
女将である姉にそう言ったそうです。


彼女は、
わたしが初めて行なった
マザーズタッチの物々交換市に
自作のカードを出品してくれました。
参加したみなが自分に合う文字を選び
第1回目の物々交換会が盛り上がる
大きな要因になってくれました。


彼女は、
わたしが1年間ネットショップを
休んだあとの再開時に
大きな大きなエールを送ってくれました。
1年間休業したあとの再スタートには、
それまで以上のエンジンが必要でした。
彼女からのエールは
まるでターボのパワーのようでした。
錆びたエンジンに温かい炎が付いたのも
あのエールのおかげでした。


彼女は、
わたしが昨年開催したパリの展覧会に
自分の作品を出展してくれました。
「自分の作品がパリに行くなんて感激」と
とても喜んでくれましたが、
その一方で、あの出展はわたしへの
応援であったと思っています。
遠くパリで行なう展覧会には
多額の費用がかかります。
主催者であるわたしは
出展者から出展費用を預かるワケですが
それらは会場費の一部になるのです。
そういうことを言葉にせぬとも
彼女は知っていたと思います。


そんなこんな。
数え上げればきりがないほど、
彼女からいつもいつもいつもいつも
応援や励ましを受けています。


その彼女が
4月14日から続いている地震で
被災したと聞いて
ワタシニデキルコトハナンダロウ、と。
毎日いろいろ考えていました。

あの地震発生以来、
電話やメールを控えていました。
こちらはいろいろ聞きたくとも
彼女のところには同じような
問い合わせがたくさん来てるはず、、、。
たいへんな状況の中、
同じ話を何度もさせてはいけない、、、。

そう思っていながらも、
宅急便再開のニュースを聞いた翌日、
「なにかいるものはないか」と
メッセンジャーを送ってしまいました。

ほどなくして返事が戻ってきて、
そこには次のようなことが記されてました。





近くのスーパーで商品が購入できる、
ボンベも余裕があるからごはんも作れる、
(中略)
キモチは嬉しいけど今は遠慮する、
大変なのは家が全壊、半壊した人たち、
自分たちは恵まれた被災者である、
だから自分たちのために宅急便は使えない。





(彼女らし過ぎで泣きそうになりました)
(わたしが泣いてる場合ではないけれど)
(メッセージを送らずにはいられなかった)
(きっと同じような返信を何通も書いただろうね)
(書かせてしまってゴメンね)
(スマホの電源も使わせてしまったし)
(疲れてるだろうけれど)
(休める時に休んでね)





そんな彼女に
今わたしができること。
宅急便を送らずともたくさんありました。
地震などの自然災害は予測が難しく
長期化する可能性も無きにしも非ず、です。
(もちろん早く収束してほしいけれど)
細く、長く、自分ができる支援を
できる限り続けていこうと
あらためて思う次第です。


熊本・大分旅行を
自分の未来予約に入れておきます。
いつかきっと、必ずや、きっと。

★熊本の友人からの電話。



[PR]
by ayakosahara | 2016-04-24 23:07 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_22152386.jpg
アトリエで資料を広げたら、
ひらりと1枚の紙が落ちた。

見ると、それは昨年6月に
展覧会をした会場近くの地図で。

どうしてこの資料に
この地図が入っていたのか、、、。
そもそも、そこからして
変な話しではあるのだけれど。

あぁ、このカフェに通ったなぁ。
ここのビストロのランチで
" サバ キャラフ " って
初めて言ったりしたなあ(赤面)。

なーんて、
しばしパリの思い出に
浸っていたら、、、。

ら。
ららららら。
なんとFMから
映画アメリの主人公が働いていた
カフェの話題が流れてきて。

そのカフェは
展覧会の会場ギャラリーから
それほど遠くない場所にあり、
渡仏前には必ず行く場所として
メモしていたものの、、、。

展覧会前は
事前準備で慌ただしく、
そして展覧会後は
無事に終わった安心感で
観光する気がなくなってしまい
(商談で忙しかったもあり)
結局行かずじまいのまま
帰ってきちゃったなぁ。

とかとかとか。

昨年のパリ滞在中には
棚板1枚ほどもぜーんぜん
生まれてなかったアトリエで
パリに思いを馳せるとはねぇ。
(しみじみ)


さて、と。
忘れ物を取りに行く用事もあるし、
そろそろ次のパリ行きを決めなさいと
偶然のカミサマから
そう言われてるのね、きっと。
ペチペチお尻を叩かれましたの巻。
(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-03-31 23:21 | いつかきっと | Comments(0)

おぉーーーい!!!

e0354593_20425775.jpg
痛いときは
痛ーいと声を出す。

行きたい所へは
飛んででも行く。

会いたい人には
言うに及ばず
もちろん
会いに行く。

新しい朝が来ることが
当たり前じゃないってこと
身にもココロにも沁みてるし。

残り時間は
思っているより
限られているから。

飛ばしていこうぜ。
これからもずっと。



[PR]
by ayakosahara | 2016-03-23 20:47 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_23264335.jpg
食べたものが
体をつくる。

この当たり前のことが
わかっているようで
わかっていない自分。

幾つになっても
今さらってことはない。
そう思って
アレコレ試行錯誤中。

お酒を止めてるのも
その試行錯誤の一つ。
自分の体は自分のもの、
だけじゃないワケで。
(わたしがダウンしたら)
(困る存在がいる)
(犬とか、犬とか、犬とか)
(犬だけ? 笑)

ということで。
ひき続き自分の体の
アレコレ検証は続く。
まる。


[PR]
by ayakosahara | 2016-03-22 23:31 | いつかきっと | Comments(0)

ツギアテしてみた。

e0354593_18442065.jpg
ひざの部分が破けた
お気に入りの1本。

破れたまま
はき続けていたら
破れたところが
大きくなっちゃって。

で。
ツギアテしてみたの図。



e0354593_16004142.jpg
こんな感じ。



e0354593_16022767.jpg
アップで見ると
こんな感じ。
なかなかいい感じ。


お気に入りの1本なので
出番が多い。
多いだけに磨耗する。
次は縫い目から裂けるかも。

そうしたら、
またツナグ。



汚れたら洗って。
ほつれたら繕って。
破れたらまた繋いで。


今日は昨日の続き。
明日は今日の未来。

いつもどおり、
破れたら
繋いでいけばいい。


[PR]
by ayakosahara | 2016-03-18 22:31 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_21304504.jpg
夕方から急遽打ち合わせ
(という名の食事会)が入り、
近所のイタリアンレストランへ。

ここは
ノンアルコールの
カクテルがあるのです。

1杯目は
辛口のスッキリとした
喉ごし爽やかなものを。


e0354593_21310437.jpg
2杯目は
目にも鮮やかで美しい
真っ赤なカクテルを。


e0354593_21312635.jpg
食後には、
いままで
見向きもしなかった
デザートなどまでも
頼むようになったりして。


e0354593_21324310.jpg
マスカルポーネのなんとか。
エスプレッソの
シャーベット添え。

わわわ、
うまーい!!!


お酒を飲まなくなって
1週間が経過して。

まわりの皆が、
えー、なんで?
うそでしょ!?
すぐ飲みはじめるに決まってる!

などなど言われる中、
当の本人の感想としては、
いままで見たことのない
景色を見ることができて
あらん、思ったよりも
楽しくて面白い毎日
でごじゃります、、、
状態であります。

えへへ、まる。


[PR]
by ayakosahara | 2016-03-16 21:47 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_21355108.jpg
ね。

うん。

またね。

そう思うよ。

きっと、ね。


長い時間、
会えなくてもトモダチ。

うん。

ね。



[PR]
by ayakosahara | 2016-03-14 21:39 | いつかきっと | Comments(0)