いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:未分類( 9 )

e0354593_21085271.jpg
某日。
待ち合わせ場所の駐車場にて。

少し早い時間に着いて海を眺めていたら
「こんにちは」な感じで近づいてきた猫。


こんにちは。
なでなでしたり
ゴロゴロしたりしたいけど、
ゴメンね、わたし猫アレルギーなの。
あなたをさわると首のまわりが
赤いマフラーを巻いたみたいに
輪っかに赤くなっちゃうの、、、。



e0354593_21090634.jpg
そんにゃのかー!!!
(みたいなタイミングで)
(大きなあくびをした)



e0354593_21092589.jpg
アレルギーなら仕方ないにゃ。
遊んでやろうとしたのににゃ。



e0354593_21094133.jpg
キラキラ光る海と猫。
晴れた日は海の色がきれいだにゃ。





ステキな人は、みな背筋が伸びている。
(パリで会う多くの人の背筋が伸びていた)
(キラキラな海を見ながら思い出していた)
この日、お会いしたすべての人に
心からのありがとうを♡



【リハビリ8日目】
・病院で教えてもらったメニュー×2セット
・腹筋200回(ワンダーコアで)
・ベターッと開脚プログラム 6日目


[PR]
by ayakosahara | 2017-03-22 21:45 | Comments(0)

潮溜まり。

e0354593_21185834.jpg
夕方犬散歩に行ったところ、
ちょうど干潮だったので
誰もいないことをいいことに
犬をフリーにし、
わたしと犬とがそれぞれ
好きなことしてるところを
イヌトモに撮られるの図。



e0354593_21425030.jpg
岩礁の先っちょまで行き
潮溜まりを観察する人、
カニを追いかける犬。

潮溜まりは、
潮が引いたあとに残る
岩礁などのいわば「水たまり」。
大きな魚が入って来られないから
小さな魚たちが身を守る
絶好の場所なんですよね。
今日もたくさんの
小さな魚たちが泳ぎ、
トトトトトって感じで
ヤドカリが水中を歩いてました。

わたしの気配を気にしつつ、
度を越した自由行動(脱走)を
しなくなった犬は来月でもう8歳に。

あの日からもう8年近くかぁ。
いろいろあったね。
これからもまだまだ一緒に
元気に走ろう、ね♡

マッキー、写真ありがとう♪


[PR]
by ayakosahara | 2016-05-02 22:11 | Comments(0)
e0354593_18113276.jpg
こんなに嬉しそうに
アンコウの吊るし切りをする人を
今までみたことがありません(笑)。




e0354593_18120047.jpg
ギャオー!!!
(わたしは見るのも怖い)



e0354593_18131748.jpg
アンコウ鍋の写真はありません。
(苦手なので一番遠いところに座ってた)

これはアンコウの昆布〆です。
わたしは食べませんでしたが
おいしかったそうです。


でも、やはり。
寒い海域のアンコウの方が
脂がのっていて
肝も大きいのだとか。
北茨城や新潟、青森の
アンコウがおいしいのには
そんなワケがあったのですね。


ふむふむ。
温かい房総エリアに住むわたし。
寒い海域のアンコウじゃあるまいし、
体に脂を溜め込んでる
場合じゃないなぁ、と
脂少なめのアンコウを横目で見つつ
そんなことを思った夜でした。
まる(笑)。


[PR]
by ayakosahara | 2016-02-09 18:27 | Comments(0)

ご自由に、どうぞ。

e0354593_18111368.jpg
今年は
たくさん実が付いたわよ~。

って、お隣りのK子さんから
たくさんのレモンの差し入れが。

ちょうど今日は
スペース・マザーズタッチで
物々交換市の日だったので
即席でPOPを作って
テーブルに置いたところ、
ご参加のみなさん大喜び〜♪

それぞれ持ち帰って
レモン塩を作るとか
ソテーに使うとか
しばしレモン談義に
花が咲きました。


+++ +++


実は、ワタクシ、
「タダ」は良くないものだと、
そう思っていたりもして。
自分のしたいことのためには
お金も時間も手間も
惜しみなく使ってこそ
身につくものだと、
そう思っていたりするので。

それが自分にとっての
いちばんの財産だとも
思っているので。

ラッキーで終わってしまうのは
結局のところ長続きしないから。
モノもヒトもコトも、そう。
自腹大事。ナニゴトも。



あ。
でも。
こんな風に自然の贈り物を
(K子さんの手間暇愛がたんとかかった)
たくさんいただいた場合は
もちろん「タダ」で配るに限る、
そう思っているけれど。

こんなにたくさんの実がなるまで、
どれだけの時間を費やしたんだろな。
スペース・マザーズタッチの
シンボルツリーとして植樹した
うちのレモンも、いつかこんな風に
みんなに配れるといいな。


そんなこんな。
今日はたくさんの「ありがとう」が
交叉したハッピーエナジーみなぎる
楽しい1日でした。
みんなみんなにありがとう♡

[PR]
by ayakosahara | 2015-12-16 19:09 | Comments(0)
e0354593_16434363.jpg
昨日、ご近所さんたちに
手伝ってもらって行なった
大量の薪割り。




e0354593_16441599.jpg
樹種はヤマザクラやケヤキ、
その他いろいろ。



e0354593_16444463.jpg
成長点が入り組んでいるのは
なかなかスパーンとは割れず。

薪割りというよりは
薪割り機で粉砕したような、
そんなものも多くあって。




e0354593_16465707.jpg
どの薪からも
生木ならではのいい香り。
いい気に満ち溢れている感じ。

でも、これらはみな、来年用。
(鬼に笑われちゃうけど)
(乾燥させないと薪としては使えない)



e0354593_16472663.jpg
おかあさん、
薪がたくさんできてよかったね。

うん、お大臣になった気分よ。

ヨカッタよかった。
おかあさんが機嫌がいいと
嬉しいワン。

うん、みんなのおかげね。
ありがたいね、嬉しいね。
次は、ど・の・う・ち・の
手・伝・い・に
行・こ・う・か・な。

神・さ・ま・の・言・う・通・り。

ね。


[PR]
by ayakosahara | 2015-12-07 17:07 | Comments(0)
e0354593_17324264.jpg
庭や裏山から採ってきた
小枝とか松ぼっくりとか
ヒイラギの葉っぱと
ぷりぷりの赤い実とか
山帰来のくるくる蔓とか
匂いヒバとか。

とかとかとか、を。

富士山麓から拾ってきた
カラマツの枝に
テグスで括りつけただけの
簡単クリスマスモビール。

宙に浮いてるみたいに
ユラユラしてかわいい。


なんでもないけど
どこにも売ってはいない
こういうものに心惹かれる
2015年の冬。

[PR]
by ayakosahara | 2015-12-02 17:40 | Comments(0)
e0354593_12012100.jpg
お店の入り口に陣取る実々。
(甲斐犬、♀、7歳)

ここ日当たりがいいので
いま時期のお昼寝には
サイコーなんだろな。


齢とともに性格が丸くなり
知らない人にもあまり
ガウガウしなくなってきた。

特に
始まって以降はみんなから
看板犬と言われるほどに。

ガウガウしちゃうと
お店にいられない、
そう思ったのか
学習したのか
とにかくおとなしい。

ま、今日は店休なので
看板犬やってても
アレなんだけどね。
さすがの実々も
曜日は覚えられないわん(笑)。

[PR]
by ayakosahara | 2015-11-17 12:11 | Comments(0)
e0354593_17295705.jpg
パリ在住の友人すべての
安否が確認できた。
みんな無事だった。
よかった、ほっ。


9.11が起きた時、
その前日に
イスラマバードから
夫が帰国していた。
たった1日の違いで
無事に帰ってこれた。
ほんとによかった、ほっ。


3.11が起きた時、
茨城の海の前にある
実家の人々と
連絡が取れたのは
発生から3日後だった。
血尿が出るほど、
心細かった。


なにかコトが起こると、
まずは自分の好きな人
大切な人たちのことで
頭がいっぱいになる。

まずは自分の好きな人、
大切な人を思うこと。
わたしはそうしてるし、
これからもきっとそう。


家族だけじゃなく、
自分のとなりにいる人を
心から大切にすることで
みんなが仲良くなれると思うのは、
子どもっぽい考えだと笑われても
みんなそうして仲良くなれたら
いいのにな。

となりのとなりの
またそのとなりを
大切にしていけば、
一周ぐるりと回って
自分のところに
戻ってくるから。

自分を大切に。
自分のとなりを大切に。
そうすればいいのにな。
子どもか!と笑われても
ソウイウヒトニワタシハナリタヒ。
心から。


[PR]
by ayakosahara | 2015-11-15 17:53 | Comments(0)

母の米寿祝いの旅。

e0354593_07184918.jpg
お母さん
米寿おめでとう♡



e0354593_07230936.jpg
お母さんの妹と
(わたしたちの叔母)
わたしたち娘4人で
一緒にお祝いができて
よかった♡


誰にとってもそうだけど、
少し先にある「お楽しみ」が
生きる気力を活性化させる。


みんなが元気で
一緒にナニカをできることって、
そんなになかなかないことだから。
できる時にできる限りやろう。
お母さん、米寿おめでとう。
お母さん、生きててくれて
ありがとう。



[PR]
by ayakosahara | 2015-10-28 07:38 | Comments(0)