【家】2017夏の帰省旅まとめ。

e0354593_19524564.jpg

おはよう、実々。
さ、お出かけだよ。


実々はお出かけが嫌い。
なんだけど、お留守番は
それにも増して大嫌い。
(自分ちが一番好き)
(飼い主に似ている)

だから、
わたしが出かける朝は
「一緒に行くのかな?」
「お留守番かな?」と、
どちらも好みではない
動きなだけに、不安げで
微妙な表情になる。



今年の夏帰省(わたしの実家へ)は
わたしと犬の一人と一匹のみで、
夫は海辺の町にてお留守番でした。
(いつもなにかと忙しい夫に)
(2泊3日の自由時間をギフトしたつもり)


世の中のお盆休みより
ひと足早い8月10日出発とはいえ
3連休前日だったこともあり、
渋滞を避けるべく
朝5時半に出発するも、
首都高の空港中央~大井が
激しく渋滞していて、
抜けるまでノロノロ運転を1時間。

でもね、実はわたしは
こんな風に渋滞をしていた方が
ビュンビュンと車が飛ぶように走る
首都高より運転がしやすいワケで、
眠気防止に大声で歌を唄ってるうちに
2度目の休憩地である守谷SAに到着~♪

が、到着直前に土砂降りになり
残念ながら犬は車から降りられず、、。
わたしのみコーヒーブレイクをば。

で、守谷まで来てしまえば
実家のある北茨城までは1本道。
さして渋滞する区間もありません。





予定より1時間ほど遅れて
11時過ぎに無事到着。
今回のドライブ時間は、
休憩2回を含んでも5じかん半。
上出来でした。

前日に我が家の庭畑からもいできた
トマト、ゴーヤ、ナス、
万願寺唐辛子たち。
「わぁ、おいしそう」と
母がとても喜んでくれました。


かつて、
わたしのアレルギー疾患が悪化し
全身が炎症してしまい、空気さえも
痛いと感じる時期がありました。

そんなわたしが
今や真っ黒けになって
ランニングをしたり
畑や田んぼまで
やってるなんて、と
喜ばれているというか
驚かれているワケで。

そんなこんなで
母ことのほか喜ぶの図、
なのでした。




翌朝、犬の散歩で海岸まで。
あの日、大きな波をかぶった
町一番のホテルがあった場所は、
いまでは更地になっていました。

実家が営むホテルまで歩くつもりが
雨に降られてここにてUターン。
犬も、わたしも歩き足りず、、、
むーん。



何度も来ているとはいえ、
自分のホームではない場所で
なにかと神経質になってしまう犬。

常に窓の外をうかがい、
知らない車や人が来ようものなら
大きな声で吠えまくるのでした。
(ふだんはほぼ吠えません)

そんなこんなのストレスからか
カーテンの裂け目を今回も
大幅に拡大させてしまうのでした。
申し訳なし。
(いつかは新しいのを買い替えるね)



3年前の春に父が亡くなってから
「あぁ、ほんとにいないんだなぁ」を
実感してしまう実家で過ごす時間は、
言葉では言い表せない喪失感があり
正直、なんだかなぁな思いもあり、、。

が。
甥の長男きーちゃんの存在が、
(去年の7月生まれの1歳)
どんより気味だった家の空気を
明るいものに変えてくれてました。

小さき命が
こうして新しい歴史を
作っていくのだなぁ、と
大叔母ひとりしみじみ(笑)。


+


来年の1月に90歳になる母は
あちこちが痛み、
病院通いが欠かせぬものの
3人の姉たちが
交代で行なっている
ケアの甲斐もあり
痛みが軽減してきたと
嬉しそうに話してました。

痛みのない平穏な毎日が
1日でも長く続きますように。


+


「じゃあ、またね」

「運転気をつけてね」

「うん、着いたら電話するね」

帰り際に交わされる
いつもの会話。
そして、母はいつも必ず

「次はいつ?」

と、聞くのです。

「次は10月の旅行だね。
お母さんの卒寿のお祝いの旅行」

「そうだね、じゃ、その時にね」

「うん、またね。風邪ひかないでね」


今回も、いい帰省旅でした。
家族のみなが元気というのは
なによりありがたいものです。



【おまけ】
ほんの3日留守にしただけなのに、
庭畑の野菜たちは伸び伸び育ち
夫ものびのび時間を
満喫したとのこと(笑)。

よかったよかった。
まる。


+


お盆休みも、
そろそろ終盤ですね。
みなさんお疲れさまです。


[PR]
by ayakosahara | 2017-08-16 18:51 | Voyageの記録 | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30