【完】梅干し2017 できました。

e0354593_20463309.jpg

これは三日三晩のうち、
一日とひと晩を過ぎた
二日目の朝の赤梅干し。


e0354593_20470083.jpg

もう数えきれないくらい
何十年と梅干しを
作ってきたけれど、今年は
人生初の赤梅干しを作りました。

赤梅干しは紫蘇の香りが
梅に付いちゃうのかな。
梅干しは梅自体の
香りを楽しみたいなぁ。
そんな思いもあって、
ずーっと白梅しだったのです。



e0354593_20472203.jpg

が。
今年は赤梅酢が必要なしば漬けと、
その赤梅酢を出すために使った
赤紫蘇から生まれる
紫(ゆかり)を作りたくて、
赤梅干しを作ることにしました。

なんというか、
主役の梅干しじゃなく
副産物としてできる
赤梅酢と紫(ゆかり)欲しさに
赤梅干しを作るだなんて、
本末転倒ではありますが
ま、それでいーんです(笑)。



e0354593_20474763.jpg

思えば、海辺の町に
越してきたばかりのころは、
梅の実はお取り寄せして
買っていました。

2~3年が過ぎると、
ご近所で親しくなった方から
梅の実が届くようになり、
今年はなんと!
梅の木の剪定からお手伝いをし、
山ほどの梅の実を収穫するも、
時期が遅かったこともあり
(周りのみなの梅仕事を済んでました)
もらい手を探すのに
大変な思いをしたりもして。
(言葉でいうほど大変ではなく)
(そのプロセスも楽しかったのですが)


それらの梅も
すべて納まるところに納まり、
我が家では梅ジュースと
梅干しになりました。



e0354593_20480404.jpg

初めての赤梅干し。
赤紫蘇が少なかったかな?
近所のおばあちゃんから
いただくような
まっ赤っかな梅干しには
なりませんでした。



e0354593_20482859.jpg

とはいえ。
ひとつひとつ違ってて
それはそれで愛らしく♡



e0354593_20484345.jpg

表面が乾き、
上下をコロコロと
向きを替える時はたいてい
ジリジリ太陽が
照っている時間帯です。



e0354593_20485946.jpg

暑さが大の苦手なわたしなのに、
この時ばかりは
背中に流れる汗もなんのその。

額からも首筋からも
流れ出す汗、噴き出す玉の汗。




e0354593_20491506.jpg

ひとつひとつ、
皮を破かぬように
天地返しするように
上と下を入れ替えていきます。

暑いけど、
こんな風にジリジリ暑くないと
梅干しは干し上がらず、
できあがらないんですよね、、、。

3日目は残念ながら曇天で
夕方からは雨が落ちてきて、
(それ以降はずっと雨天)
(もしくは曇天が続いています)
梅干しの笊は室内に取り込まれました。

三日三晩の最後の晩以降は
室内での乾燥となりましたが、
それでも十分おいしい梅干しが
できあがりました。

その年の梅干しができあがると
わたしの中では夏本番です。
我が家近辺では
涼しい日々が続いていて、
今年の夏はどこへやら?!
あのジリジリした暑い日の
再訪を心待ちにしています。

夏は暑いから夏。
暑くなくっちゃ夏じゃない。

+

夏のごちそう、
きゅうりとミョウガに
鶏のささみを足した梅和えも、
暑ーい夜にキンキンに冷えた
ビールと一緒に食べるのを
待っていまーす♪

ふぅ、
本日もお疲れさまでした。


[PR]
by ayakosahara | 2017-08-04 22:56 | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31