いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

【紫】苦手だったラベンダー。

e0354593_22275362.jpg
ミツバチも。


e0354593_22280647.jpg
ミツバチその2も。


e0354593_22282090.jpg
犬はどうかな?


e0354593_22283481.jpg
みんなが大好きラベンダー。

ラベンダーを差し上げると
みなさん喜んでくださいます。
(当社比、笑)。
ラベンダーを嫌いという人に
会ったことがないような気がします。






なのですが、
実はわたしにとって
ラベンダーは苦手な存在でした。
(すでに過去形、いまは好き)



e0354593_22284700.jpg
かつて体調を崩し、
母や叔母の手を借りねば
日々過ごすこともままならず
介護を受ける側だった
そんな時期がありました。

眠れぬ夜を心配し、
叔母が持ってきてくれた
お香の香りがラベンダーでした。

「よく眠れると聞いたから」

夜な夜なお香を焚くものの
眠れぬ夜は何をしても眠れず、で。



数年後にはすっきり元気になって
いまに至るワケですが、
しばらくラベンダーの香りがダメでした。
強烈な記憶はなにかをきっかけに
ふと思い出されてしまうもの、、、。
わたしにとってラベンダーの香りは
伏したまま何もできない自分を思い出す
つらくて苦手な香りでした。





たくさんの月日が流れ
あの頃の記憶はすでに上書きされ、
「体験」としては残っているものの
「つらい」や「悲しい」や「怖い」等の
ヒリヒリする感情は消え去りました。

去年の夏、火傷をした時に
ラベンダーオイルで
軽快したことがきっかけで、
以来ラベンダーは我が家の
常備薬的存在になりました。


+


事実は事実として残るものの、
記憶は自分の中で変化していく。
つらかった記憶も、
いつしか経験のひとつに
変換するんだなぁと
ラベンダー畑の草取りをしつつ
その香りに包まれながら
青い空を見上げた朝でした。


人は変わる。

いいこともそうじゃないことも
すべては自分の血肉になるから。
自分の好きを詰め込んだ細胞を
体とキモチに蓄積すべく
コツコツコツコツ、トントトン。

自分の未来は自分で作るよ。
おー。


[PR]
by ayakosahara | 2017-06-16 09:19 | 天然生活 | Comments(0)