【心】傾聴は聞くというよりココロで受ける。

e0354593_12353974.jpg

某日。

スーパーのレジに
並んでいた時のこと。

わたしの前にいた
おじさんの買い物が
ゴミ袋のみだったこともあり、
すぐにわたしの番になったものの
なぜだかおじさんは
レジ係へのおしゃべりが止まらない。

" このくらいの
長四角の紙なんだけど
使用期限ってあるのかね? "

" サービス券のことですか?
それはもう終了しました "

" 昔はそこに機械があったよな。
ポイント溜めてカードを入れると
500円券が出てくるやつ "

" ですから、
それはもう終了しました "

" いやそれじゃなくて
長四角の1,000円って
書いてある券が3枚あるんだけど "

" その券でご精算なさいますか? "

" いや、いまは持ってねぇんだ。
使用期限があるか聞きたいんだよ。
3枚もあるんだから、、、。"


平日だったし
2時過ぎで空いてたし
わたしは急いでなかったし
待つのはぜんぜん平気だったから
目で「ゆっくりでいいですよ」と
レジの人に合図を送ったのに、、、。


" そういうことは
あちらのサービスカウンターで
聞いてください "

と、言うが早いか
わたしのかごの中身を
ピッとし始めちゃった。



多分そのおじさんは、
そのスーパーが以前発行していた
500円分のサービス券には
(ポイントが溜まると発行される)
有効期限があったことを覚えていて、
いま自分が持っている商品券にも
使用有効期限があるかどうかを
確認したかったようなのだけど、、、。

なんでか、おじさんとレジの人は
うまく話がかみ合わず
サービスカウンターに
回されてしまうことに、、、。


目の前で繰り広げられてる
その光景を見ながら
なんとも寂しい気持ちに
なってしまった。
そのおじさんに
亡くなった父がダブったのかな。

レジの人は次の客である
わたしに気を使ったのだろうけれど、
「ゆっくりでいいですよ」って
目で合図を送っていたし、
それよりなにより
話を聞いてあげてほしかった。

みんな、話しを聞いてほしいんだよね。
うん。


+


" 〇さんて、大嫌い。
ばっかじゃない "

そう言っていた彼女が
〇さんのところで
満面の笑みで
ごはんを食べていたり。


" ここにいる理由を
他の人には知られたくない "

深刻な顔をしてそう言ってた彼は
そこにいると知られる写真を
たくさんSNSにアップしてたり。


言ってることとやってることが
違うんじゃないかと思うけど、
それもこれも、
なんというかやっぱり
話しを聞いてほしいんだろな、
ってそんな風に思ったりする。


SNSって不思議なもので、
楽しそうな写真をアップしていても
空っぽ感は透過してしまう。
自分はここにいるよを
伝えたいのかなぁ、
とかとかとかって思ってしまう。


+


こないだ、帰省したとのこと。
甥夫婦、長姉、母と
それぞれにいろんな話をした。
相談でもなく
愚痴でもなく
ただの長ーい話し。

翌日のロングドライブに
支障が出るくらい
深夜にまで及んだ長ーい話し(笑)。
ほんとに、ただ話しをしたいんだよね。
たまに会うから話しをしたい。
ただそれだけなんだよなぁ、って。



わたしの好きな人たちが
次々とSNSから離れていく傾向にある。
「いいね!」はもういらないというか
リアルな場に戻っていく感がしている。
そしてクローズドな場に潜んで遊んでる(笑)。

わたしはどうだろか?
わたしは毎日のように
ブログやSNSに
見てみて聞いてー!!!と
言ってることとやってることに
齟齬がないよに気をつけながら、
たくさんの写真や文章をアップしてるから
聞いて聞いて欲は解消できてるかな。

犬ともたくさん話しているし(笑)。


+


いま思うと。
スーパーで会ったあのおじさんと
互いにお茶でも買って
駐車場のベンチで
一緒に飲めばよかったなー。
暇だったんだから、あの時。
そんな時間の使い方ができる人に
ワタシハナリタイナ。はい。


★写真は本文に関係ありません。
今年もたくさん採れた新玉ねぎ。
みんなみんなにありがとう♡



[PR]
by ayakosahara | 2017-05-24 17:22 | 天然生活 | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31