【剪】お掃除月間のスタートは多肉植物の剪定から。

e0354593_21310688.jpg
玄関前の風除室で
ジャングル化した
多肉植物を剪定するの巻。

「かわいい柄の空き缶ください」

近所のイタリアンレストランに
頼んでおいたところ、
ゴロゴロたくさんいただいたので
その一つを鉢代わりにしましたの図。




e0354593_21312352.jpg
春先、挿し木や
寄せ植えをしたきみたちは、
夏と秋を無事に過ごして
今では鉢からはみ出すほどに。




e0354593_21312710.jpg
これらの配置を変えたり
カットするなどして、
あちこち移動していると
鉢の陰から小さきモノを発見。




e0354593_21311255.jpg
以前の移動時に
ポロリと落ちた葉から
健気に芽やら根やらを
出しているモノたち。

サバイバルな環境を
こうして生き抜いた
小さきものたち。

ひとつの鉢に集め
土のベッドの上で
しばらく過ごしたあとは、
また寄せ植えの鉢に昇格です。

こうして
またまた増えていくワケですが、
ま、かわいいからいいのです♡




e0354593_21313088.jpg
一方、
屋外の多肉植物コーナーでは
外気温の低下と共に
紅葉が進んでいました。




e0354593_21313549.jpg
室内のそれが
緑一色なのに比べ
それぞれに色づいて
かわいいのです。

寒すぎて多肉植物にとっては
サバイバルな環境かもですが、
このコーナーの気温が
氷点下まで下がることはないので、
毎年ここで越冬させています。




e0354593_21315968.jpg
アトリエ前にも
たくさんの多肉植物があります。
こちらも、「ぽっ」な感じで
うっすら紅葉し始めてました。




e0354593_21315249.jpg
赤く縁取りをした「十字星」。




e0354593_21311663.jpg
同じ「十字星」でも、
室内では緑一色です。
赤い縁取りは出ないんですよね。

環境によって
色や大きさ、
育ち方が違うのは
あんがい人間に似ているなぁ、
なーんて思ったりもして。


+++ +++

e0354593_07594195.jpg
風除室 右サイド。


e0354593_08001356.jpg
風除室 左サイド。


e0354593_08005025.jpg
風除室 ぶら下がりもの。


e0354593_08013299.jpg
風除室 新入り。
ビカクシダ
(ともだちからの贈り物)



お掃除月間と化す12月。
自宅とアトリエの
ふたつの玄関前が
きれいになって、
いいスタートダッシュが
切れた模様です、ほっ。


本日もお疲れさまでした。


[PR]
by ayakosahara | 2016-12-03 22:08 | 天然生活 | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30