NEW POST

【母】自分のベッドに帰還する。

e0354593_22120645.jpg
昨年の冬から
転倒骨折等が原因で
入退院を繰り返していた母が、
なんと!!!
自分のベッドに還ることができたと
長姉から連絡が入りました。
\(^o^)/\(^o^)/


お正月は病院のベッドで
身動きができぬまま
静かに寝ていました。

少し良くなったころには、
大リーグボール養成ギブスのような
上半身を大きなギブスで覆われて
それで体制を保っていました。

その骨折とはまた別に、
脊柱管狭窄症からくる
激痛緩和とQOLの向上のために
5月に手術をして元気になったものの、
転倒リスクが高いとの理由から
介護ベッドとポータブルトイレが
自宅に導入されての
退院だったのでした。

あれから4ヶ月、
介護ベッドとポータブルベッドを返却し
母は自分のベッドで眠るまで
心身ともに回復したのです。


この4ヶ月、
母がひとりになる時間がないように、
3人の姉と訪問ヘルパーさん
そして家政婦さんとでシフトを組み
母のサポートにあたっていました。

それでも母は何度か転び、
顔にあざを作ったり
腕やひじを擦りむいては
出血させたりしていたものの
骨折をせずに過ごしていました。


" 頭あげて
背中伸ばし
いっちに
いっちに "

廊下の手すりにつかまって
リハビリする母の掛け声を
何度も聞きました。


+++ +++


上の写真は昨年の10月、
母の米寿祝いの時のものです。
この頃から一気に足腰が弱くなり、
「みんなで出かける最後の旅行かも」
姉たちとそんなことを言いいつつ
ホテルの予約を入れたのでした。


余談ですが写真がブレてます、はい。
わたしのカメラはわたししか
ピントが合わないのです、、、。
ホテルの方が何度も撮ってくれたのですが、
この1枚が母がいちばんよく撮れているので
わたしはオバケのようですがこれを採用(笑)。



e0354593_22122324.jpg
この日、フルコースの料理を
すべてたいらげる健啖ぶりに
みなですごいねー!と称賛したものの、
部屋からレストランへの移動時などは
誰かが腕を組まなければヨロヨロと
してしまう母なのでした。
(そのため、この旅行中の移動は
(すべてタクシーでした)



e0354593_22124028.jpg
その夜、
母と叔母(母の妹)が寝たあとに
母のこれからについて4人で
いろいろ話し合いをしました。

もしも、・・・。
もしも、・・・。
もしも、・・・。
もしも、・・・。

足腰が弱くなって
気分が沈みがちな母のことを
4人の娘のそれぞれの立場で
いろんなことを話し合いました。


そして。
その一か月後に母は転倒し、
背骨を骨折してしまったのです。
心配していた「もしも、・・・」
のひとつでした。

わたし達にとっては
「転ばぬ先の杖」としての
ミーティングのようなものでしたが、
母にとって宜しくないシナリオを
わたしたちが書いてしまったのかも・・・。



e0354593_22130430.jpg
そんな風に思うのは、
この本を読んだからです。
この本の中にこんなくだりがあります。

私は以前から、
「思考は現実化する」というのは
本当だと考えてきました。
だから、自分の2回のがんは
自分の思考が引き寄せたのかもしれないと
考えるようになりました。
まさに「病は気から」です。

「治るという前提でがんになった
情報戦でがんに克つ」
高山 知朗 (著) より引用


あの夜の4人での話し合いが
母の骨折を呼んでしまったとしても、
そのシナリオは「母、元気に復活!」
とも書いてあったのです、きっと。


" 今までできなかったことが、
またできるようになるね。
優しさで母の自立を
じゃましないように
見守ることも大事なことだね。"

姉のメールには
こんなことも書いてありました。
ほんとだね、ほんとにそうだね。


わたしは遠方を理由に
なかなか母のサポートに
行けないでいるのですが、
来週某所に母が行くというので
その駐車場に自作の新米を持参して
待ち伏せしようと企んでいます。

そんなサプライズは
末っ子のお役かと(笑)。


+++ +++


一時、骨折の後遺症で
寝たきりになるかも、との
心配もあった母。

母ががんばった源には、
姉たちの熱心な介護をはじめ
病院のスタッフのみなさん
訪問介護のヘルパーさん
母の身の回りの世話を
サポートしてくれた家政婦さん
母の知人友人のみなさんがいました。
関わってくださったすべて方々に
心から感謝します。

お母さん、
自分のべッドに戻れてよかったね。
やっぱり自分のベッドがいいよね。
おめでとうおめでとう。
ほっ、まる。



[PR]
by ayakosahara | 2016-09-17 23:26 | いつかきっと | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31