熊本の友人からの電話。

e0354593_22364726.jpg
ひとつ前の記事が本人に届き、
「ブログ読んだよ、ありがとう」と
電話が来たのは昨夜のことでした。

彼女の声は少しガラガラしていました。
マンションの部屋と車中泊を
行ったり来たりしてたものの、
数日前に部屋に戻ったとのこと。

疲れてもいるだろうし、
余震が続く中
家に戻って束の間ほっとした体に
風邪が近寄ったのかもしれません。


余震はね、、、。
昼間は動いてるから
まぁなんとかなるけど、
夜に揺れると怖くて布団被ってるの。

水は戻ったけど、
マンションの給水タンクが空になったら
また止まるかもしれないらしい、、、。
ガスはいまだ止まってるけど
卓上コンロで煮炊きしているよ。
不便だけどね、なんとかなってるから。


そんなこんな。
風邪気味だったものの
彼女の元気な声を聞いて
思わず鼻の奥がつーんとしました。

現状を伝えてくれてありがとう。
彼女からのSNSへの発信で
無事なことはわかっていたけど、
でもやっぱり、それでもやっぱり
声が聞けてほんとに嬉しかった。
ありがとう。


+++ +++


地震当日、
このあと水が不足するだろうからと
ペットボトルの水はキープして
ノンアルコール飲料を飲んだこと。

お気に入りの食器やグラスは
すべて割れてしまったこと。
なのに、不思議にことに
百均の食器は割れなかったこと。
まわりの友人宅も同じだったこと。

市内の飲食店が
少しずつオープンしはじめてるから
週末は行ってみようと思ってること。

地震は怖かったけど、
自分たちはだいじょうぶだから。
だいじょうぶだと思うのは、
甚大な被害が出ている
エリアに行っていないから。
そっちに行くのはやっぱり怖い。

食器棚を鶴屋で買い替えるわ。
今度は倒れにくい腰高のものにする。
ワイングラスも買うから。
もう少し落ち着いたら、
そしたらおいしいシャンパン送ってね。

(うん、送るよ)
(ぱんぱかぱーんなシャンパン送るよ)


熊本城を案内するから、
落ち着いたら来てね。

(うん、必ず行くね)


あ、9月に東京に行くから
その時に羽田でデートしよう。

(おー、デートしよう!)


彼女は元気でした。
壊れたものは地元のデパートで買う。
再開した飲食店へは食事をしにいく。
ビールだってシャンパンだって飲む。
(グラス割れたから今は蕎麦猪口だけど)

水が出ないから近くの温泉へ行く。
(温泉行くなんてぜいたくだねー)
(そんな揶揄の声なんか気にするなー!)

自分たちは恵まれた被災者だから、
地元でお金を使って経済を回していく。
熊本城の再建には時間がかかると思うけど、
最後まで見守るつもりでがんばる!
(彼女は熊本城のボランティアガイドなのです)


+++ +++


たいへんな状況のなか、
電話をありがとう。
今すぐにでも
地震お見舞いのシャンパンを
送りたいけど、
それはもう少し経ってからにするね。

いろんなことがもう少し落ち着いて、
個人宛ての宅配便がもっとスムーズに
送れるようになるのを待つことにします。



冒頭の写真は
昨年6月のパリ展に出展した
彼女の作品のひとつ。

「いまの私のために
 ここに来てくれた言葉だわ。
 ありがとう。」

この作品をお買い上げになった方が
おっしゃった言葉が、
ブーメランのようにぶーんと回って
彼女の元に届きますように。

大丈夫
だいじょうぶ
ダイジョウブ

風邪早く良くなりますように。
くれぐれもお大事に、またね。





[PR]
by ayakosahara | 2016-04-26 22:53 | いつかきっと | Comments(0)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31