いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

サンドバッグ砂利詰めボランティア @ 南三陸町 その1




9月21日(金)~23日(日)の2泊3日間(車中1泊)、
東京発の砂利詰めツアー
に参加して
宮城県の南三陸町に行ってきました。




車中泊ののち到着したのは
セブンイレブン志津川天王前仮設店舗
」でした。




私はどこでも寝られるたちで
この夜も23時にバスが出発し、
隣席になったNさんに自己紹介したり
ツアーリーダーから諸々の説明ののち



消灯になったとたんバタンキューでした。


トイレ休憩が3回あったようですが
1回のみ起きてあとの2回は
バスが止まったことすら記憶なし(笑)。


エコノミー症候群予防のためにも
バスを降りてストレッチした方がいいと
分かっていても、とにかく寝続ける私。




で。



「少し早目についたのでここで朝食にしまーす。セブンイレブンでも買えますし、まわりを歩いてもいいですよ」



とのアナウンスで目を覚まし、
寝ぼけ眼で見た窓からの景色は私にとって、
瞬時には理解できるものではありませんでした。



ここはセブンイレブンの駐車場。
それはわかりました。




が。



朝食代わりのりんごをかじりながら
店舗の裏を歩いていたら「仮設」の文字が。
なんで仮設なんだろう。
まさか。



隣接する空き地には


杉の木が山のように積まれていました。
いったいこれはなんなんだろう。
瓦礫じゃないよね。
まさか。



ここから海は見えないし。
それにもう、あの日から
1年半以上も経ったんだし。
まさか。



けれど、それらは瓦礫なのでした。
空き地だと思ったそこには
建物の基礎部分が残り夏草が茂っていました。



そして、こちらのセブンイレブンは、
日本一小さなセブンイレブン
として、
かつてニュースの中で見たことのある
セブンイレブンの仮設店舗なのでした。







> 続きを読む。









[PR]
by ayakosahara | 2012-10-03 17:01 | いつかきっと | Comments(0)