大工さんからいただいたキノコを見て、ふと思ったこと。

e0354593_11224881.jpg


昨日、「川の家
」の改修をお願いしている大工さんと数ヶ月ぶりの打ち合わせがありました。



夏までに、遅くても秋までには改修が終っている予定だったのですが、ちょっとしたトラブルが発生し、しばらく工事が中断していました。今の状況ではお正月にも間に合いそうもありません。



ま、それはいいとして(トラブルが解決したので)。


大工さんとの打ち合わせが終ったあと、それとは別にサハラたちが求めている「山の家」について、あれこれと夫と話し合いをしました。



あ、「川の家」は義母の希望により作っている、「住む」場ではなく「遊び」の場、いわば別荘のような存在です。家族や親類、はたまた友人達との集いの場になるはずです。



そして、「山の家」はサハラたちの終の棲家、そう考えて物件をいろいろ探しているわけですが…。新しい家を所有するより賃貸の方がいいかも?ふとそんなチョイスが加わりました。



自分たちの思い通りの家を作る方向は変わらないものの、自分たちの死後、その家や土地はどうなるのだろう? 遺された者が処分に困るのでは? なにかとのトラブルの元になるのでは? そんなことを思ったからです。



テレビの田舎暮らしの特集番組では「家賃1万円」というケースも多く見かけます。まぁ、家賃が1万円の物件は、地元の人との交流があってこその目玉物件なのでしょうが、「おばあさんが年をとって息子さん宅に同居したので空き家になった」なんてことを聞くと、賃貸でお借りしたほうが資源の有効利用だし、経済的にもずっと楽なんじゃないかとか、あれこれ考えてしまいました。



都内の仕事場としての使用しているマンションの一室を賃貸で貸し出す。自分達は「山の家」を賃貸で借り受ける。こっちの方か、いろんな意味でいい循環なんじゃないだろか。う~ん、すぐには結論が出ないものの、これもアリかも…。



住みたいエリアの自治体にメールしてみようかな?


サハラと申します。


夫婦でそちらの町への移住を希望しています。


○○な空き家を探しています。


私たちは○○な暮らしをしたいと計画しています。


私たちがそちらの町でお手伝いできることは○○です。



よしっ、まずはこの文面作りをしてみようっと(*^o^*)




【本日の写真】


大工さんが「ウチの庭で作ったものですが」とお土産で持ってきてくれた、しいたけとなめこ。おいしかったです、ごちそうさまでした。


[PR]
Commented by ふーみん at 2007-12-05 12:03 x
なるほどぉ・・・
ジューンベリーの家が山の家かと思ってました。
たしかに 借りた方がいい場合ってありますね!

物件探しなら サハラさんの“ランナー”にお願いすると話が早いですよ~

わたしがなにかを買いたい時 いろんな条件を考えて
自分の望んでいるものをはっきりさせます。
そして、それを見つけてくれるようランナーにお願いしておきます。
それでもお店で迷った時は
ランナーに再度お願いすると
今まで目に入らなかったものにとつぜん気がついたりするんです。
これはとっても面白い体験です♪

もし、まだ読んだことがなくて興味があったら
ソニア・ショケットさんの『あなたのガイドに願いましょう』(ダイヤモンド社)がお勧めです。

Commented by サハラ at 2007-12-07 10:11 x
そうなんです、ジューンベリーがあるのは「郊外の家」なのです。平日は都内で仕事して週末は郊外で過ごす…を実践していますが、2箇所の管理って大変です。いつも洗濯と掃除をしている気が…(笑)。

賃貸もいいなぁと頭の上で電球がビカッと光ったのです。ランナーにお願いしてみることにします。また報告しますね。いろいろありがとあうございます♪

by ayakosahara | 2007-12-03 16:18 | 天然生活 | Comments(2)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31