ニューヨークのリサイクルポスト

e0354593_11224679.jpg



一昨日、不用品を整理してその一部を、「ご自由にお持ちください」の貼紙をした紙袋に入れマンション外の道路に出した
…、ワケですが。



私道に囲まれた一戸建てでそれやると、ご近所さんからクレームが来る。
最近変な人がいるから火つけられたら怖い。



とのコメントをいただきました。


あらためて考えてみたら、そうですね。


いろいろ物騒ですしトラブルの元になるかもしれません。



一昨日のサハラは、明るい内に出して暗くなってもそのままだったら取り込むつもりでしたが、それでもやっぱりなにかあったら…、今さらですがあまりいい方法じゃなかったかも。以前にも同様のことをした前科がありるワタクシ^_^;)



みなさま、真似をなさらぬようにお願いいたします。


(あ、あちらの記事にも追記しておこう)



そんなことを思いつつ、大好きなブログの「ニューヨーク・スローライフ」で、以前書かれていた記事を思い出しました。



【その記事】


ニューヨークのリサイクルポスト


詳しくは↑この記事↑を読んでいただくとして。


東京にもこんなリサイクルポストがあるといいなぁ。


[PR]
Commented by みちる at 2007-12-07 11:49 x
ちょっと出過ぎましたm(__)m
(でも段ボール外に出してクレームが来たのは本当)
家のあたりは本当に狭い私道ばかりで直ぐそこに小さな小さな公園があっていろんな人がたむろっているんですよ…
ちょくちょく見に行けるならお持ち帰り下さいもアリだと思います
それとかマンション敷地内とか

その方式で誰かに持っていって欲しいモノはたくさんあるのに…

Commented by よっちゃん at 2007-12-08 03:37 x
こんにちは。紹介していただきましてありがとうございます。

ニューヨークだと、不用品で使えそうなものはサハラさんのように歩道に置いてて、みんな喜んで勝手に持って帰ったりしていますけどね。半ば慣習のようなもので、あえて貼り紙とかしてない時も多いです。私はこれを、flea marketじゃなくて、free market (無料)って呼んでます(笑)

Commented by サハラ at 2007-12-10 11:47 x
あ、いや、そんなことないです。
イマドキの東京はほんと物騒ですから、火とか点けられかねないですよね。私もそれが心配で、袋を出すときは何度も見に行くほどです。でも、ありがたいことにすぐ持っていってもらっています。どこかで誰かのお役にたっているといいな♪


Commented by サハラ at 2007-12-10 11:58 x
こんにちは、コメントありがとうございます。
私もこの方式を覚えたのは、20年以上も前になりますがバークレーに住んでいた時なんです。当時いいなぁと思うと同時に、自分ちでは要らない物もよそのお宅では使ってもらえる物になる、合理的でいいなぁ、と。

フリーマーケットがfree(無料)じゃなくて、flea(蚤の市)だと知ったのも、その時代です(笑)。いまの東京はけっこう物騒なのですが、これからも注意しながらfree market (無料)を続けたいと思います♪

by ayakosahara | 2007-12-07 11:13 | 天然生活 | Comments(4)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31