父の日のプレゼントに「楽の益子焼」を贈ります♪

はっきり言って、今日の内容はノロケです。ご注意ください。



ワタシは父が大好きです(^-^)/



サハラは、4人姉妹の末っ子です。


旅館業を営む父としては、跡取りとして「今度こそ男の子!」と期待が大きかったらしいのですが、生まれてみたら、またまた女の子…。



生まれたーーーの知らせを受けて、病院に駆けつけたところ、入口で知り合いの看護師さんに「おめでとうございます!元気な女の子ですよ♪」と声をかけられ、母に労いの声をかけることもなく、生まれたてのワタシの顔を見ることもなく、Uターンして家に帰り、おじいちゃんと一緒に自棄酒を飲んだという父ですが…。



まぁ、出会いはそんな感じでしたが、できの悪い末っ子ほど可愛いというか、自分と同じ顔をしている(父とワタシは瓜二つと言われるほど似ている)からか、4人の中でいちばん可愛がられて育ちました。



実家の目の前は広~い太平洋が広がっているのですが
、当然夏ともなればそこが毎日の遊び場です。サハラはその海で3回溺れかけたというか、浮き輪をつけて泳いでいて沖に流されかけたことがあります。海水浴場になっているものの、けっこう流れがある浜なんです。



1度目の時、怒られたのはサハラではなく一緒にいた姉でした。


お前が一緒にいて、なんだっ!


文子にもしものことがあったらどうするんだっ!



姉は、「なんであんたが溺れて私が怒られなくちゃならないの…涙」と。


その節はごめんよ、お姉ちゃん(2番目の)。



2度目。


「きゃ~、助けてーーー!!!」


沖から叫ぶサハラの声を聞きつけて、慌てて飛び出した父は海岸までの階段で転んでしまい、踵の骨を3本も砕きました。そうして、一年でいちばん煩忙期の夏を松葉杖で過ごすはめに。


その節は、御迷惑をおかけしました、お父さん。



3度目。


「うぎゃ~、うぷっぷぷぷっ・・・」


この時、沈みかかっているサハラを助けてくれたのは、父ではなく監視員のお兄さんでした。このことは父に内緒です(笑)。




あれっ、なんの話しだっけ?


あ、そうそう、父の話しでした(≧▽≦)。



親友とけんかして泣いた時。


入学したての高校に行きたくないと言い出した時。


進学で悩んでいた時。


初めての就職を決めた時。


会社を辞めてアメリカに行きたいと言った時。


結婚を決めたのに止めたいと言った時。


長く続いたアトピー治療の時。


会社を辞めて独立すると言った時。


結婚するよと言った時。



いつも父はサハラの御方でした。


その時その時にもらった言葉は違うものですが、いつも「おとうさんがついているから大丈夫。文子が思うように進みなさい」と、背中を押し続けてもらったように思います。



ただ、暴れん坊のサハラが長男の嫁として結婚することには心配が大きかったらしく、母にこんなことを言ったそうです。


「俺が生きている間はなにがあっても文子を守ってあげられる。だけど嫁ぎ先でうまくいかないことがあった時、もし俺が死んでたら、どうすればいいんだろな。あんな我がままな子が嫁ぎ先でうまくやっていけるんだろうか…」



「お父さん、自分が死んだ先の心配までしてるわよ」


母からそう聞いて、笑いながら泣けたのは、もうずいぶん昔のことです。



父は今年で80歳。


今でも現役で、自宅と旅館の間を自分で運転して行ったり来たりしています。そろそろ運転免許証を返上して欲しいんだけど、そんなことしたら返って精神衛生上悪いのかな。



とにかくいつまで元気で長生きしてください。


母も来年1月で80歳。


2人揃って80歳を迎えられるなんて、すごいっ!!!



いつまでおいしいご飯を食べ続けられるように、大好きなムーさん
のお店からお父さんとお母さんのおそろいの◎★(プレゼントだから、ここではまだ内緒♪)を贈ります。ふたりで仲良く使ってください。






楽しむうつわ、益子焼−楽raku−




「父の日のプレゼント」として、サハラも先ほど申し込みましたが、まだ17日のお届けに間に合うとのこと♪



北海道・沖縄・中国・四国・離島へのお届けは、今日頼んでも17日は間に合わないそうですが、「遅れてごめんね」も受け付けてますよ~、ですって♪ 関東とか東北とか翌日到着可能エリアであれば、明日の昼まで注文すれば父の日までに届けてくれるそうです。詳しくは↑のバナーからチェックしてみてくださいね。




ところで、サハラがどうしてムーさんのお店の器を選んだのか…。


「友人のお店だから」以外に、大きな理由がありました。


長くなったので、続きは次の記事にまた書きます('-^*)/


[PR]
サハラさん、父と娘の関係って浅いようで深いんですねー。
それと、人生で3回も溺れるって、結構すごいですw

楽rakuをご紹介くださってありがとうございます!
でも、それ以外の大きな理由って何だろう???

釉が良いからかな?
まぁそれは当然なんですけどw

Commented by サハラ at 2007-06-16 15:18 x
へへへ。
「大きな理由」は、今日の記事に書きました。
LOVEです、LOVE♪

Commented by mayu at 2007-06-17 08:40 x
暴れん坊のサハラ
あまりにも的確な表現に爆笑してしまった私。

自分の父親をこんな風に語れるってステキだなぁ。
私と父の関係は、例えれば「出来の悪い息子と父親」
父親が私なんですぅ~。子供の頃から私が叱り役(笑)
あーやだやだ、いくつになっても出来が悪いうちの息子。

Commented by makiko at 2007-06-17 21:31 x
そうかぁ、世にはこういう父娘関係もあるんだな~と、私もすてきだなぁと思いました^^。読んでいて気持ちいい!
暴れん坊って(笑)私もうけました。前にも笑ってしまった表現があったのですが…何だったかな、“じゃじゃ馬”だったかしら(笑)。
上の記事の写真、サハラ家のトイレと玄関も素敵ですね~。行き届いているなぁー。

Commented by サハラ at 2007-06-17 23:43 x
まぁ、こうして書くと美しい父娘物語に見えますが、外面がいいということも含めて私は「暴れん坊」なんですね(笑)。

3人の姉達が読んだら、「まぁ~、△★■ホニャララ~」とか笑っているのではないでしょうか~(笑)。

それにしてもmayuさん、「出来の悪い息子と父親」ってのも、なんかノロケに聞こえるのは私だけ?



Commented by サハラ at 2007-06-17 23:46 x
上にmayuさんへのコメントに書いた通りなんですよ(笑)。

おふたり揃って「暴れん坊」に反応しているのが、私にはおかしかったりしています♪

玄関とトイレは、写真を撮る前にお片づけしましたの(笑)。

by ayakosahara | 2007-06-15 13:53 | 天然生活 | Comments(6)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31