いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧

着物de京都inバックパッカー宿


←UNO HOUSE



ここで「わださん
と京都に行く」と書いたら、


行く先々で「なんでわださんと京都に行くの?」と聞かれまくり。


わださんは男女問わずファンが多く、


気をつけないとわださんファンから石が飛んできそうなので、


ちゃんと理由を書いておこうと思う。



なぜ、わださんがワタシを誘ったのか?


それが…、分からないんです(笑)。



「京都には素敵なマダムなサハラさんがぴったりだから」


そういう理由かと勝手に思ってたけど


そうでもないらしいんですね~。



しいて理由を考えてみると


こんな素敵お茶会
山崎蒸留所
に行くので


サントリーといえば→天然水


天然水といえば→天然生活



かなり苦しいけど、拙書タイトル「ワタシきれい天然生活
」の


天然生活と、サントリーの天然水をかけたのではないかと。



ま、そんな感じかな~。



+ + +



で、宿が決まりました。


UNO HOUSE
というバックパッカー用の宿です。



京都で泊まることが決まった時、なぜだか


「外国人が泊まるようなパックパッカー宿に泊まりたい」


そんな思いが頭に浮かんだのですね。



そんな折も折、わださんから「宿、どうしましょ?」メールが来まして


たくさんの候補先の中になんとUNO HOUSE
があったのです(笑)。



「おっ、以心伝心!」と思いつつも


まずは、これぞ京都という風情のある旅館


「花屋旅館」
「旅館 紫」
「六波羅屋」
にダイヤルしたのですが


「すんまへんなぁ、その日は一杯やわ~。かんにんしてな」


と、はんなりと断られてしまいまして。


ま、3日前ですからね、客室も5~6室と少ないし、無謀でした。



で、4軒目にかけたのがUNO HOUSE
でした。


連泊ですか? あ、1泊のみ?


それなら空いてますよ。個室にしますか?


料金は4,300円です。あ、2人で4,300円ですから。


よかったですね、その前後は埋まってまして


26日だけ空いてました。


ほな、お気をつけて、お待ちしております。



ははははははは、取れちゃった。


わださんには事後報告となっちゃったけど



ハハハハハ!
絶対ここにしましょう。
これはもう運命です。



って笑ってくれました(笑)



着物de京都inパックパーカー宿。


う~ん、たのしみたのしみ♪


[PR]
Commented by わだ at 2006-03-24 14:34 x
サハラさんファンだからですよ(^_^)!

UNO HOUSE、偶然発見しました(そもそも国内でバックパッカー用ドミトリーがあるという発想すらなかった)。
たまたまGoogleで「八坂神社 旅館」と検索していたら2ページ目にでてきたんです。
初めて2人旅行する時の宿選びって、相手の好みやこだわりや予算がわからず、ちょっと悩むじゃないですか。
でもまあ、サハラさんは安宿から高級老舗旅館まで、カバーエリア広そうだなあと思っていたところだったので、試しに投げてみたら、ストライクゾーンだったようで嬉しいです。

着物de京都inパックパーカー宿、そして午前中のお茶会に午後のウィスキー。・・・かなり不思議なプチ旅行です。

Commented by みちる at 2006-03-24 17:57 x
亀屋良永の御池煎餅是非是非買ってみてください ほんのり甘いおせんべいです。
その安いお宿にはびっくり ワタシも今度行こうかなぁ

Commented by サハラ at 2006-03-25 10:08 x
> 着物de京都inパックパーカー宿、
あらら、わださんたらバックーパーカー宿じゃないですよバックパッカー宿…と、突っ込みを入れようとしたら、自分が誤字してたんですね(恥)。タイトルだけ、こっそり直しておきました(汗)。本文は、まいいや。

ところでお泊りが決まってからなぜだか「外人が泊まるようなパックパッカー宿」が浮かんじゃったんです。それって相手がわださんだからだったのかな~。明日、寝坊しないようにしなくちゃです!

Commented by サハラ at 2006-03-25 10:10 x
亀屋良永の御池煎餅ですね。メモメモメモメモ。
UNO HOUSEで今回のお楽しみが増えました(笑)。

by ayakosahara | 2006-03-24 13:08 | 天然生活 | Comments(4)