使えないお椀。



一見、なんの変哲もない黒いお椀ですが、実はこのお椀すごいんです。なにがって、その意匠がとっても素敵なんです。


蓋を開けると




底には「月」の一文字がありまして




ふたにウサギが描かれています。


(写真をクリックすると拡大します♪)


やっぱりウサギはお月さまに住んでいるのかしら。それとも、月を懐かしく眺めているのかな。



でも、このお椀、使ったことがありません。というか、使えないんです。



3~4年前のこと。年に一度東京のお客さんをまわっている輪島の漆器屋さんと、仕事場のあるマンションの駐車場で偶然お会いしたことがあります。そういえば…と、以前から気になっていたこのウサギのお椀を見てもらったところ、幕末から明治時代のもので、とても珍しい品とのこと。



そして、なんとこうもおっしゃるのです。


美術館にあるような逸品です。使わないで大切に保存しておいた方がいいですよ。



出自が分からないこのお椀は、夫が昔から持っていたものです。我が家には2客しかありませんが、漆器屋さんがおっしゃるには、もとは6客あったのではないかなとのこと。残りの4匹のウサギたちは、どこでどうしているのかな。



使ってこそ道具と思っているサハラですが、このウサギのお椀は漆器屋さんとの会話以降、使うに使えずにいます。時々棚から取り出して、眺めるだけもまた楽し…と自分に言い聞かせています(笑)。


[PR]
Commented by Bistrot DELICIOUS みほ at 2006-01-18 20:07 x
素敵な漆器です。
月の字がかなり好み・・・

そういや私が大学時代から使っているミシンはエルナ・ロータスのミシンなんだけど、数年前にベルトが伸びて修理に出したら『これは美術館にある唯一のミシン、捨てる前に自分に声をかけて』って言われました。
そう言われたら捨てるわけないじゃないね(笑)
今も使ってますが、フリーアームも何もない全く今風じゃないミシンです。

そそ、今朝、目が覚めたら、サハラさんが夢に出てきたんですよ。
夢の中でサハラさんの知り合いの新宿にある小料理屋さんに連れて行って貰いました。
女将さんがちょっと怖い雰囲気だけどいい人って感じでした。

Commented by サハラ at 2006-01-19 07:36 x
美術館にあるようなエルナ・ロータスのミシンが現役で働いていることがすごいです♪ ウサギのお椀も使ってこそ…と思いつつ、やっぱり眺めるだけですぅ(笑)

みほさんの夢に出るなんて光栄です。行き先は新宿の小料理屋さんですね。ふむ、どこだろ? 開拓しておきます。正夢になることを願って♪

Commented by 大阪よーこ at 2006-01-19 17:01 x
サハラさん、こんにちは。
すごくいい、素敵なお椀ですね。
なんでも鑑定団出したら
「いい仕事ですねー」って
コメントがつきそうです。

昔のものだけれど、デザインも素晴らしく、現代でも十分
通用しますね。
そしてやっぱり”粋”が感じられます。
遊び心も。


普段使いは無理かもしれませんが
何か特別な時、お祝いの時だけ
使ってみてはいかがでしょう。
そうっとそうっと。

Commented by galatea at 2006-01-19 17:14 x
うっとり・・・・




Commented by サハラ at 2006-01-20 14:09 x
そうですね、特別な日に使ってみます。
そうっとそうっと、ね♪
ウサギも喜ぶと思います。

Commented by サハラ at 2006-01-20 14:12 x
キモチがささくれだった時、大好きな漆器や
なにを作るでもなく、布を広げていると
ほっとします。
今週末はそんな時間を過ごせるといいのですが。
東京は明日未明から雪になりそうです。

by ayakosahara | 2006-01-18 17:13 | 天然生活 | Comments(6)

人生は冒険旅行。毎日は旅の1ページ。☆アップサイクル研究家サハラ文子のブログです。房総半島の先っぽにある海辺の町から、日々の暮らしの中で思うこと・やったこと・感じた事・考えたことetc. 2016年10月からはじめたランニング記録も備忘録として。 仕事関係はカテゴリ「マザーズタッチ」にて。


by サハラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30