いつかきっと saharayako.exblog.jp

人生は冒険旅行。一日一生、毎日は旅の1ページ。旅するように暮らしたい。アレやコレができたら楽しいな♪と夢想のち実現化していくコトガラを、撮ったり、書いたり、綴っているブログです。


by サハラ
プロフィールを見る
画像一覧
e0354593_21462847.jpg

某日。

時間つぶしに入った某所で
思いもよらぬ出会いがあり、
あぁ、なんか呼ばれちゃったな、と。


" あそこは※△%□…▲□だから
行かない方がいいよ。"

と、好きな人から
聞かされていたこともあり
今まで一度も
行ったことがなかった場でした。


だったのだけど。

やっぱり、モノゴトの判断は
自分の足で歩いていき
自分の目で見てジャッジしなきゃ。

そんな。
あたり前なことを
再確認した1日でした。



自分が好きな人の言葉には、
判断を相手に委ねてしまったり
棚上げにしてしまう魔力があるけれど、
自分を怠けちゃいかんイカン!


時間がかかったけれど、
出会うには、
きっと「いま」が
そのタイミングだったかと。
あの場に行けてよかった。
呼んでくれてありがとう。

すーはー
すーはー
(ガッツポーズ)



[PR]
# by ayakosahara | 2017-01-18 05:31 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_21534175.jpg

温暖と言われている
房総半島にも
雪が降る寒い日々が続いています。

我が家の東南の角にある
水甕にも氷が張り、
北風に飛ばされてきた霰が
氷の上で凍ってました。


寒いなぁ、と
見上げると
空に青がきれいで。


暑い、より
寒い、が好きなわたしは
胸いっぱいの深呼吸をして
体に青を充填しました。



e0354593_21562224.jpg

そうこうしているうちに
お日さまの光に霰が溶けて
張ってた氷も半分に。

水甕の中には
空から降ってきた青が
透明に溶けていました。


+++ +++


寒いことが、
人の気持ちを緩めるんだ。
離れていることが、
人と人とを近づけるんだ。

by 星野道夫 「旅をする木」



寒い日に起こる
温かいデキゴトを
わたしもたくさん経験しています。

水甕の中のデキゴトを
大好きな人と一緒に
見ることができたことも
そのひとつでした。


[PR]
# by ayakosahara | 2017-01-17 05:31 | 天然生活 | Comments(0)
e0354593_23003225.jpg
初めての10kmレースまで
ちょうど2週間となりました。

ということで。
先週、股関節痛により
残念ながら7kmで
リタイアしてしまった本コースを
あらためて走りました。


大会当日のスタート時間、
10時50分に合わせてゴー!
当日はたくさんの人で溢れるであろう
運動公園も、昨日は誰もいませんでした。


前日降った雪の影響はなかったものの、
海沿いの道は寒風が吹きすさび
首がすくむ思いでした。


1km地点/夕日海岸ホテル
(まだまだ寒い)

2km地点/学生のやってる海の家
(まだ寒いながらも汗をかきだす)

3km地点/TRAYCLE Market & Coffee
(今日こそおからマフィンを食べに行くぞー)

(体が温まり少し余裕が出てきた)

4km地点/ガソリンスタンド
(道路に「アト4キロ」と書いてある)

(復路にその文字を見るとヨシッと思う)

5km地点/折り返し地点、高の島
(直前が上り坂でゼイゼイする)

(折り返し直後下り坂になって、ほっ)


大会2週間前といえば、
もっとたくさんのランナーが
本コースを試走しているのかと思いきや、
すれ違ったランナーは
10人にも満たないものでした。


わたしも家を出る直前まで
前日に続きまた雪が降り出すなど、
あまりの寒さに怖気づき
「今日はやめておこうか、、、」と
思ったものの、
やらない理由を数えてるより
やった方がいいに決まってる!

「あの時にやっておけば、、、」と
思わなくて済むよ、と
自分ミーティングで即決ののち
スタート地点まで車を走らせたのでした。



写真のラン用サングラスは
友人が貸してくれたものです。

初めて
サングラスを着けて走りましたが、
風景が変わって見えました。
俊足ランナーになった気分~♪
(形から入るタイプです、はい 笑)


ここ20年くらい
ほとんどと言っていいほど
運動経験のないわたしの、
無謀ともいえる
今回のチャレンジを、
まわりのみなが温かく
応援してくれています。
ほんとにありがたいなぁ。


+++ +++


練習とは追究。
そして、本番を楽しむための準備。

by 渡辺貞夫


極寒だった昨日、
本コースを完走できたことで
不安が払拭できました。

当日まで体調管理に努めて
リラックスした状態で
スタートラインに立てたらいいな。
立てるかな?
立てるよ、きっと!

がんばれ自分。
おー!!!


[PR]
# by ayakosahara | 2017-01-16 05:31 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_21241730.jpg
今年の手帳に書いた
100のやりたいことの中のひとつ、
「壊れた垣根を取り払い
ラベンダーの垣根を作る」コト。

昨年のうちから
すでに始動しています。


まずは、
ハーブの専門家に
垣根にあうラベンダーの
種類を問い合わせ確認しました。

次にハーブ農園へ
苗購入依頼のお手紙書きを。

→ 現在の土質
→日当たり状況
→風が強い&潮風も飛んでくる現況
→垣根となるエリアの測量


自分の足で測量してみました。
はい、歩測です。
寒風吹きすさぶ中での歩測は
計画を1歩1歩進めている感があり、
我が家のラベンダー垣根大作戦が
グシグシッと進むイメージが浮かびました。


こんな感じで計画書や
絵図面を描いている時が
いちばん楽しいものです♡


+++ +++


恋というのは
ひとつの芝居なんだから、
筋を考えなくちゃタメだよ。
【谷崎潤一郎 「細雪」より】

ナニゴトもストーリーや
下拵えが肝心のようです。

ふふふ。
えへへ。

 


[PR]
# by ayakosahara | 2017-01-15 05:31 | いつかきっと | Comments(0)
e0354593_22481921.jpg

いつもと同じ。

それが
当たり前じゃ
ないことは、
長いこと
人間やってると
わかるのである。


晴れた日の朝
アトリエを開けると
犬が入口扉の前で
ひなたぼっこする。

いつもと変わらぬ
ありふれた光景。
いつもと同じ。



軽症だった左目はもちろん、
1日3回の点眼薬のおかげで
「いつもおなじ」に
戻りつつある。

それが、
どんなにありがたいことか
事件的ナニカが起こらなくても
わたしは知っている。

ある日突然
いつもと同じが
なくなることもある、
ってことを。



+++ +++



でね、実々。

いつもと同じ、
がいいんだけどさ。

そこはじゃまです。
まるで通せんぼを
しているみたいだよ。
お客さんがいらしたら
入りずらいよ(笑)。



e0354593_22594904.jpg
そうそう。そこがいいよ。
家出防止のロングリードを
付けなくちゃ、と思ったけど。

実々も家出してみて
あらためて我が家の良さを
学習したみたいだから
このまま「いつもと同じ」
フリーのまま庭で好き勝手して過ごし、
飽きたら家の中に入るスタイルを
継続することにしたよ。

ということで。
どうぞよろしくね。
山歩きは決して一匹で行かず
おかあさんを誘うんだよ。
わかった?

わぉーん。
(ほんとかい! 笑)


[PR]
# by ayakosahara | 2017-01-14 05:31 | 天然生活 | Comments(0)